卵巣がん

OncoLog2015年6月号◆In Brief「より早期に卵巣がんを検出する新検査法」の画像

OncoLog2015年6月号◆In Brief「より早期に卵巣がんを検出する新検査法」

MDアンダーソン OncoLog 2015年6月号(Volume 60 / Number 6)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
前治療を受けたBRCA陽性卵巣がんに対してPARP阻害剤rucaparibが有望の画像

前治療を受けたBRCA陽性卵巣がんに対してPARP阻害剤rucaparibが有望

キャンサーコンサルタンツPARP阻害剤rucaparibは、再発BRCA陽性卵巣がんが前治療後に進行した女性患者において有効であると思われる。これらの結果は、2015年米国臨床腫瘍学会年次総会(5月29日~6月2日、イリノイ州シカゴ)と、J
OncoLog 2015年5月号◆進行性卵巣がん治療アルゴリズムによる完全摘出率の向上の画像

OncoLog 2015年5月号◆進行性卵巣がん治療アルゴリズムによる完全摘出率の向上

MDアンダーソン OncoLog 2015年5月号(Volume 60 / Number 5)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
個別化免疫療法が卵巣がんの再発を遅らせるの画像

個別化免疫療法が卵巣がんの再発を遅らせる

キャンサーコンサルタンツVigil(商標名)として知られる新たな免疫療法が進行性卵巣がんの再発を遅らせるのに役立つ可能性がある。これらの研究結果は、2015年3月28日から31日、イリノイ州シカゴで開催された米国婦人科腫瘍学会(Women’
ベバシズマブ+パクリタキセル+カルボプラチンの併用でプラチナ感受性再発卵巣がんの生存期間が延長の画像

ベバシズマブ+パクリタキセル+カルボプラチンの併用でプラチナ感受性再発卵巣がんの生存期間が延長

キャンサーコンサルタンツプラチナ感受性再発卵巣がんの治療において、パクリタキセル(タキソール)+カルボプラチンにベバシズマブ(アバスチン)を追加することで、生存期間が延長する。この研究結果は2015年3月28日から31日にかけてイリノイ州シ
ニュース解説―アンジェリーナ・ジョリーのリスク低下のための卵巣がん切除術の画像

ニュース解説―アンジェリーナ・ジョリーのリスク低下のための卵巣がん切除術

英国医療サービス(NHS) 2015年3月24日火曜日 ニューヨークタイムズ誌の記事によると、アンジェリーナ・ジョリーは、50%の確率で卵巣がんに罹るとの検査結果を受けて、最近になり卵巣と卵管を摘出したと発表しました。この手術は、以前受けた
FDAが進行卵巣癌の治療にオラパリブを承認の画像

FDAが進行卵巣癌の治療にオラパリブを承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース治療に適切な患者の特定に、初のlaboratory-developed test(LDT)のコンパニオン診断検査も承認速報米国食品医薬品局(FDA)は本日、FDAの承認を受けた検査(BRACAnalysis
FDAが再発卵巣癌の治療にベバシズマブを承認の画像

FDAが再発卵巣癌の治療にベバシズマブを承認

キャンサーコンサルタンツ米国食品医薬品局(FDA)はAURELIA臨床試験の結果に基づき、再発卵巣癌の治療に対してベバシズマブを承認した。この試験は、直近のプラチナ系抗癌剤を用いた化学療法後6カ月以内に卵巣癌を再発した361人の女性患者を対
ベバシズマブのFDA承認の画像

ベバシズマブのFDA承認

プラチナ抵抗性で再発性の上皮性卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がんに対する化学療法との併用療法(2014/11/14)難治性、再発性または転移性の子宮頸がんに対する化学療法との併用療法(2014/08/14)転移性大腸がんにフロロピリミジンベ
セディラニブ+オラパリブ併用療法は、プラチナ感受性再発卵巣癌の無増悪生存期間を顕著に改善するも毒性は高まるの画像

セディラニブ+オラパリブ併用療法は、プラチナ感受性再発卵巣癌の無増悪生存期間を顕著に改善するも毒性は高まる

キャンサーコンサルタンツプラチナ感受性再発卵巣癌の女性患者に対して、血管新生阻害剤セディラニブ[cediranib]とPARP阻害剤オラパリブ[olaparib]を併用すると、無増悪生存期間が改善する。この研究結果がこのほど Lancet
OncoLog 2014年9月号◆In Brief「大規模な分子生物学的データ解析により得られる多様な成果」の画像

OncoLog 2014年9月号◆In Brief「大規模な分子生物学的データ解析により得られる多様な成果」

MDアンダーソン OncoLog 2014年9月号(Volume 59 / Number 9)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
卵巣癌予防手術の転帰を検討するの画像

卵巣癌予防手術の転帰を検討する

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート原文掲載日:2014年9月8日 卵巣癌の症状を有しておらず、リスク低減両側付属器(卵巣卵管)切除術(risk-reducing salpingo-oophorectomy:RRSO)を受け
女性の癌に関する研究発表の概要—米国臨床腫瘍学会(ASCO2014)/NCIパースペクティブの画像

女性の癌に関する研究発表の概要—米国臨床腫瘍学会(ASCO2014)/NCIパースペクティブ

米国国立がん研究所(NCI)パースペクティブ原文掲載日:2014年6月2日 6月にシカゴで行われた米国臨床腫瘍学会(ASCO)の2014年度年次総会で米国国立癌研究所(NCI)が協力し支援した女性癌について数々の臨床試験結果が発表
再発性卵巣癌に対する有効性の高い薬剤併用療法が臨床試験解析で示唆されるの画像

再発性卵巣癌に対する有効性の高い薬剤併用療法が臨床試験解析で示唆される

米国国立がん研究所(NCI)プレスリリース原文掲載日:2014年5月31日 本日、シカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会において、再発性卵巣癌に対する薬剤併用療法が著しく改善したことが報告された(late brea
◆治療が困難な一般的な4癌種に対する有望な分子標的薬の画像

◆治療が困難な一般的な4癌種に対する有望な分子標的薬

米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会では、卵巣癌、肺癌、甲状腺癌および白血病における主要な進歩に注目   第50回米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会で、進行性の卵巣癌、肺癌、甲状腺癌、および慢性リンパ球性白血病に対する4つの試験
新規分子標的薬セディラニブ+オラパリブの併用療法は再発性卵巣癌患者の無増悪生存期間を有意に延長させるの画像

新規分子標的薬セディラニブ+オラパリブの併用療法は再発性卵巣癌患者の無増悪生存期間を有意に延長させる

 <治療が困難な一般的な4癌種に対する有望な分子標的薬(ASCO2014)> 折畳記事   *この要約には演題抄録に含まれない更新情報が含まれています。   2種類の研究中の経口薬であるPARP阻害剤オラパリブと血管新生
ビタミンCによる化学療法の効果促進は証明されずの画像

ビタミンCによる化学療法の効果促進は証明されず

英国医療サービス(NHS)      2014年2月10日月曜日                                                                                       
ベバシズマブと標準化学療法の併用によりプラチナ耐性、再発卵巣癌の無増悪生存期間が改善の画像

ベバシズマブと標準化学療法の併用によりプラチナ耐性、再発卵巣癌の無増悪生存期間が改善

キャンサーコンサルタンツ標準化学療法にベバシズマブ(アバスチン)を加えると、プラチナ耐性の再発卵巣癌の女性の無増悪生存期間と全奏効率が有意に改善されるという試験結果が、Journal of Clinical Oncology誌の電子版にいち
BRCA1遺伝子変異を持つ女性では、早期の予防的卵巣摘出術により最大の有益性が得られることが大規模試験で示されるの画像

BRCA1遺伝子変異を持つ女性では、早期の予防的卵巣摘出術により最大の有益性が得られることが大規模試験で示される

BRCA遺伝子変異を持つすべての女性において死亡リスクが大幅に低下    BRCA1遺伝子変異を持つ女性では、予防的卵巣摘出術の実施時期を35歳過ぎまで延期した場合、予防的手術前または手術時点での卵巣癌発症リスクが上昇することが示されたため
アスピリンの常用が卵巣癌リスクを低下させる可能性—米国国立衛生研究所(NIH)の画像

アスピリンの常用が卵巣癌リスクを低下させる可能性—米国国立衛生研究所(NIH)

米国国立がん研究所(NCI)/米国国立衛生研究所(NIH)プレスリリース原文掲載日:2014年2月6日 毎日アスピリンを服用している女性では卵巣癌リスクが20%低下するかもしれないことが、米国国立衛生研究所(NIH)の一部である米
セディラニブが再発卵巣癌患者の生存期間を延長の画像

セディラニブが再発卵巣癌患者の生存期間を延長

キャンサーコンサルタンツ 再発卵巣癌の女性患者が試験薬セディラニブと化学療法の併用治療を受け、また化学療法後に維持療法としてセディラニブの投与を受けた場合に生存期間が有意に延長することがアムステルダムで開催された2013年欧州臨床
OncoLog2013年5月号◆In Brief「β遮断薬の使用により放射線治療中の肺癌患者の生存率が上昇」、「Selumetinib(セルメチニブ)が再発した低悪性度卵巣癌患者の治療に有望」、「バレニクリンの使用で喫煙者の禁煙成功率が改善」の画像

OncoLog2013年5月号◆In Brief「β遮断薬の使用により放射線治療中の肺癌患者の生存率が上昇」、「Selumetinib(セルメチニブ)が再発した低悪性度卵巣癌患者の治療に有望」、「バレニクリンの使用で喫煙者の禁煙成功率が改善」

MDアンダーソン OncoLog 2013年5月号(Volume 58 / Number 5)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
進行性卵巣癌にヴォトリエントの維持療法が有効の画像

進行性卵巣癌にヴォトリエントの維持療法が有効

キャンサーコンサルタンツ第3相臨床試験において初回化学療法完了後のヴォトリエント錠®(パゾパニブ)が、進行性卵巣癌患者における予後を改善した。この結果は2013年米国臨床腫瘍学会(ASCO)の年次総会で発表された。 卵巣癌は、すで
多発性進行癌治療における重要な進展とHPV関連癌リスクへの新たな知見の画像

多発性進行癌治療における重要な進展とHPV関連癌リスクへの新たな知見

問合わせ先: Kelly Baldwin 312-949-3232 kelly.baldwin@asco.org   黒色腫、卵巣癌、結腸直腸癌治療に関する新たな進展が米国臨床腫瘍学会(ASCO)の第49回年次総会にて発表された。