悪性腫瘍の有無を確認するためおよび手術適応の判断の規準とするための卵巣癌検査をFDAが承認

FOR IMMEDIATE RELEASE:2009年9月11日
Media Inquiries: Peper Long, 301-796-4671, mary.long@fda.hhs.gov
Consumer Inquiries: 888-INFO-FDA

悪性腫瘍の有無を確認するためおよび手術適応の判断の規準とするための卵巣癌検査をFDAが承認

米国食品医薬品局(FDA)は本日(9月11日)、手術適応の骨盤内腫瘤において卵巣癌を検出するための検査を承認した。OVA1という名称の本検査は、患者や医療従事者らが適切な手術の種類とその担当者を決定するうえで役立つ。OVA1により、卵巣癌の他の臨床検査や放射線検査の結果が陰性であっても婦人科腫瘍専門医への紹介が有益とみられる患者を特定できる。OVA1で陰性であっても他の検査結果で癌が示唆された場合は、腫瘍専門医に紹介することが適切である。

OVA1は、他の臨床診断方法の代替ではなくそれらを補完する補助的検査として、プライマリーケア担当の内科医や婦人科医らにより実施されるべきものである。

OVA1では、卵巣癌が原因で変化する5つのタンパク質の濃度について、血液検体を用いて調べる。この5つの個別結果を統合し、骨盤腫瘤の良性・悪性度を0~10の数値で示す。

OVA1は、骨盤腫瘤手術適応の18歳以上の女性患者のみを対象とし、卵巣癌のスクリーニングや確定診断を意図したものではない。OVA1の結果を判断するうえで、閉経前・後のいずれであるかという患者情報が必要となる。

米国産科婦人科学会および婦人科腫瘍学会は2002年、卵巣癌早期発見における一般産婦人科医の役割に関する提言を発表した。同提言では、悪性を示す特定の指標が認められる場合は婦人科腫瘍専門医への紹介が推奨されている。

こうした提言やその後の報告では、卵巣癌患者では婦人科腫瘍専門医が手術担当の場合に生存率が改善し、一般の婦人科医や外科医が担当の場合とは対照的であることが示されている。

「OVA1などの検査により、生存率を改善して術後合併症を軽減させる医学的判断の根拠となる情報を患者や医療従事者がより多く得ることで、個別化をして公衆衛生の向上がはかられる」とFDA医療機器・放射線保健センター(Center for Devices and Radiological Health)の代行所長(acting director)であるJeffery Shuren医師/法務博士は述べている。

FDAは、患者516人(うち269人は婦人科腫瘍専門医以外の医師が評価)を対象とする試験を検証し、OVA1と生検検査の結果を比較した。OVA1検査の結果に放射線その他の臨床検査などの術前情報を併用すると、術前情報のみでは確認されなかった、腫瘍専門医への紹介が有益とみられる患者が追加的に特定された。

OVA1の開発は、Vermillion Inc.社(本部カリフォルニア州フレモント)がジョンズホプキンス大学(バルチモア)の研究者らと共同して行っている。

******

******
Chachan 訳
林正樹(敬愛会中頭病院) 監修 
******


原文


【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

卵巣がんに関連する記事

一部の進行卵巣がんにミルベツキシマブ ソラブタンシン承認、治療選択肢が拡大の画像

一部の進行卵巣がんにミルベツキシマブ ソラブタンシン承認、治療選択肢が拡大

進行卵巣がんの場合、当初はプラチナ製剤ベースの化学療法薬でうまく治療できるが、がんが再発することが多い。プラチナ製剤抵抗性の卵巣がんは治療が困難であることが証明されているが、最近、米国...
HER2標的トラスツズマブ デルクステカンは複数がん種で強い抗腫瘍効果と持続的奏効ーASCO2023の画像

HER2標的トラスツズマブ デルクステカンは複数がん種で強い抗腫瘍効果と持続的奏効ーASCO2023

MDアンダーソンがんセンター(MDA)トラスツズマブ デルクステカンが治療困難ながんに新たな治療選択肢を提供する可能性

HER2を標的とした抗体薬物複合体であるトラスツズマブ デルクステ...
進行卵巣がんにオラパリブ、デュルバルマブの追加投与は無増悪生存期間を延長の画像

進行卵巣がんにオラパリブ、デュルバルマブの追加投与は無増悪生存期間を延長

米国臨床腫瘍学会(ASCO2023)ASCOの見解「卵巣がんの早期発見法はなく、3分の2以上の患者が、再発のおそれが高い進行した状態で診断されます。さらなる研究が必要ですが、治...
ARID1A変異陽性卵巣がんにスタチンと免疫チェックポイント阻害薬の併用を検討の画像

ARID1A変異陽性卵巣がんにスタチンと免疫チェックポイント阻害薬の併用を検討

【MDアンダーソンがんセンター研究ハイライト 2023/03/29】より前臨床卵巣がんモデルにおいて、スタチン併用療法が抗腫瘍効果を向上させるがん抑制因子ARID 1 Aの不活...