植物性フラボノイドが卵巣癌のリスクを軽減

キャンサーコンサルタンツ
2008年9月

フラボノイドを含有する植物由来の食品を多く摂取すると、卵巣癌のリスクがほぼ半減する可能性があるとイタリアの研究者らは報告した。この研究結果はInternational Journal of Cancer誌2008年8月15日号で先頃発表された。

主に患者の大半が、卵巣癌と診断されたときには病気が進行しているために、卵巣癌は依然最も致命的な婦人科癌である。死亡率が高いので、研究者らはリスク軽減法の評価も引き続き行っている。関心領域には食事、運動、または他のライフスタイルなどの患者が管理可能な要素が含まれる。

果物や野菜が多く、加工食品や肉の少ない食事がある種の癌の発症リスクを軽減することを示すエビデンスが増えている。食事はライフスタイルを変え、健康を改善できる最も簡単な方法の一つであるため、研究者らは食事と癌のリスクの関連性を評価している。ハーバード大学公衆衛生学部による過去の研究では、お茶、赤ワイン、果物や野菜に含まれる植物性フラボノイドを多く摂取することで卵巣癌の発症は軽減できると報告されている(関連記事省略)。フラボノイドはポリフェノール群の分子で、すべての植物性の食品に広く分布している。

今回の研究では、イタリア人女性において6種類のフラボノイドとの卵巣癌のリスクを含むデータが評価された。本研究は1,031人の卵巣癌女性と2,411人の入院を要した非癌性状態の女性を対象として行われ、卵巣癌リスクの一因と分かっている他の要因も考慮した。

最小量のフラボノイド摂取群に比べ、最大量のフラボノールまたはイソフラボン、あるいはその両方を摂取した群では卵巣癌リスクは約50%軽減されることがデータから明らかになった。

研究者らは本研究結果と関連文献に基づけば、イソフラボンとおそらくホラボノールも卵巣癌リスクに関して好ましい効果があるだろうと結論付けている。

参考文献:
Rossi M, Negri E, Lagiou P, et al. Flavonoids and ovarian cancer risk: a case-control study in Italy. International Journal of Cancer. 2008;123:895-898


 c1998- 2008CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 吉田加奈子

監修 中村 光宏(医学放射線)

原文を見る

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

卵巣がんに関連する記事

低異形度漿液性卵巣がんの分子特性を包括的に解析の画像

低異形度漿液性卵巣がんの分子特性を包括的に解析

【MDアンダーソンがんセンター研究ハイライト 2023/01/11】より低異形度漿液性卵巣がんの包括的な分子プロファイルを解析した研究低異形度漿液性卵巣がん(LGSO...
薬剤抵抗性卵巣がん患者の3/1にミルベツキシマブが奏効の画像

薬剤抵抗性卵巣がん患者の3/1にミルベツキシマブが奏効

プラチナ製剤に抵抗性を示す再発卵巣がん患者を対象とした、ダナファーバーがん研究所が主導する国際共同臨床試験で、ミルベツキシマブ ソラブタンシン(販売名:Elahere、ImmunoGen, I...
FDAが卵巣/卵管/腹膜がんにミルベツキシマブ ソラブタンシンを迅速承認の画像

FDAが卵巣/卵管/腹膜がんにミルベツキシマブ ソラブタンシンを迅速承認

2022年11月14日、米国食品医薬品局(FDA)は、1~3回の全身治療レジメン歴を有する葉酸受容体α(FRα)陽性プラチナ抵抗性上皮性卵巣がん、卵管がん、または原発性腹膜がんの成人患者に対して、ミルベツキシマブ ソラブタンシン-gynx(
MDA研究ハイライト2022/5/4:プラチナ耐性卵巣がん、進行腎細胞がん、KEAP1変異肺がん他の画像

MDA研究ハイライト2022/5/4:プラチナ耐性卵巣がん、進行腎細胞がん、KEAP1変異肺がん他

細胞療法の進歩、新しい免疫療法と標的療法の組み合わせ、肺がんの新しい治療標的、乳がん診断の格差などを特集 テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究ハイライトでは、MDアンダーソンの専門家によるがんの基礎研究、トランスレーショナル研究、