Ribociclib | 海外がん医療情報リファレンス

Ribociclib[リボシクリブ]

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

Ribociclib[リボシクリブ]

このページは、 リボシクリブの簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在 進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。

米国の商標
Kisqali
FDA承認
承認済み

FDA承認済み適応一覧

適応となるがん

リボシクリブは、以下のがんの治療において、アロマターゼ阻害剤との併用が承認されています。

・ホルモン受容体(HR)陽性ヒト上皮増殖因子受容体2(HER2)陰性の進行、または転移(体の他の部位に広がった)乳がん。ホルモン療法を受けていない閉経後女性患者に使用されます。

リボシクリブは、その他の種類のがんの治療についても試験が行われています。

リボシクリブに関する詳細情報

NCI治療薬辞典による定義(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

リボシクリブに関するMedlinePlusの情報(原文)- この治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。

・この治療薬に関するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、これらの情報は現在試験が行われている未承認の使用法に対しても適応となる可能性があります。

【ファクトシート】 がんの分子標的治療:Q&A(日本語)-この治療薬をがんに使用する際の情報

研究結果

現在行われている臨床試験

リボシクリブに関する臨床試験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

重要このウェブページ上の治療薬情報は、教育目的で記載されており、医師による診断の代用となるものではありません。ここでの情報は、この治療薬の使用法、作用、相互作用、副作用や、服用上の注意をすべて記載しているわけではありませんので、各個人の病状や、それに伴う薬剤の使用については、かかりつけの医師や薬剤師にご確認ください。

原文掲載日

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  5. 5BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  6. 6若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  7. 7治療が終了した後に-認知機能の変化
  8. 8乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  9. 9免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要
  10. 10専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他