がん記事一覧

KRAS標的薬MRTX1133が非臨床段階で膵臓がんに有望の画像

KRAS標的薬MRTX1133が非臨床段階で膵臓がんに有望

膵臓がんは、治療抵抗性が高いことで知られる、急速に進行する疾患である。多くのがん種および膵臓がんのほとんどは、KRASと呼ばれる遺伝子の変異が引き金となることから、研究者らはこれまで、変異を生...
ASCO消化器がんシンポジウム最新の11研究発表の画像

ASCO消化器がんシンポジウム最新の11研究発表

2023年1月19日から21日までカリフォルニア州サンフランシスコのモスコーンウェストビル(Moscone West Building)で開催される「2023 ASCO消化器がんシンポジウム...
アルコールとがんの関連性:米国人の認識はきわめて低いの画像

アルコールとがんの関連性:米国人の認識はきわめて低い

ワイン、ビール、酒類で認識に差ワインを含むすべてのアルコール飲料がさまざまな種類のがんのリスクを高めることを示す決定的な研究結果があるにもかかわらず、米国人はこのリスクに対する認識が低...
乳房温存療法は、一部の乳房内多発乳がんの治療選択肢となる可能性の画像

乳房温存療法は、一部の乳房内多発乳がんの治療選択肢となる可能性

【サンアントニオ乳がん学会2022】同一乳房に複数の腫瘍があり、乳腺腫瘍摘出術後に放射線療法を受けた患者の局所再発率は、単一腫瘍の患者で過去に観察された再発率と同等であることが、サンア...
ソトラシブがKRAS G12C変異陽性進行膵がんに臨床的意義のある効果を示すの画像

ソトラシブがKRAS G12C変異陽性進行膵がんに臨床的意義のある効果を示す

CodeBreaK 100試験で、許容可能な安全性プロファイルと有望な結果が実証されるKRAS G12C阻害薬ソトラシブ(販売名:ルマケラス)は、第I/II相試験「CodeBreaK ...
HER2陽性転移性乳がんにエンハーツ(T-DXd)はT-DM1よりも全生存期間を延長の画像

HER2陽性転移性乳がんにエンハーツ(T-DXd)はT-DM1よりも全生存期間を延長

【サンアントニオ乳がん学会(SABCS2022)】トラスツズマブ デルクステカン(T-DXd、販売名:エンハーツ)による二次治療は、トラスツズマブ エムタンシン(T-DM1、販売名:カ...
免疫チェックポイント阻害薬による心臓関連副作用の原因を究明の画像

免疫チェックポイント阻害薬による心臓関連副作用の原因を究明

免疫チェックポイント阻害薬(ICI)として知られる免疫療法薬は、ますます多くのがん治療に使用されている。これらの薬剤は極めて効果があり、腫瘍を縮小させ、長期間にわたり腫瘍を抑制することができる...
副作用を回避する化学療法薬をつくれるか?の画像

副作用を回避する化学療法薬をつくれるか?

がん治療薬として検証された多くの薬剤は腫瘍の縮小や排除において大いに期待できるが、ある極めて重要な側面で失敗している。それは、こうした薬剤が正常組織も損傷し、重大な副作用を引き起こすということ...
ASH2022:AMLの新規3剤併用療法、olverembatinib、c-Myc/GSPT1分解剤ほかの画像

ASH2022:AMLの新規3剤併用療法、olverembatinib、c-Myc/GSPT1分解剤ほか

血液腫瘍の治療の進歩に焦点を当てた主要な発表テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究ハイライトでは、MDアンダーソンの専門家による基礎、トランスレーショナル、臨床のがん研究を紹介...
ASH2022:リンパ腫のzilovertamab上乗せ試験、DTX1遺伝子の役割、CAR-T後向き研究ほかの画像

ASH2022:リンパ腫のzilovertamab上乗せ試験、DTX1遺伝子の役割、CAR-T後向き研究ほか

血液腫瘍の治療の進歩に焦点を当てた主要な発表テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究ハイライトでは、MDアンダーソンの専門家による基礎、トランスレーショナル、臨床のがん研究を紹介...
T-DM1治療歴ある患者において、T-DXd(エンハーツ)は化学療法レジメンより優れるの画像

T-DM1治療歴ある患者において、T-DXd(エンハーツ)は化学療法レジメンより優れる

【サンアントニオ乳がん学会(SABCS2022)】トラスツズマブ エムタンシン(T-DM1、販売名:カドサイラ)による治療を受けたHER2陽性、転移性乳がん患者の三次治療において、カペ...
FDAが進行胞巣状軟部肉腫にアテゾリズマブを承認の画像

FDAが進行胞巣状軟部肉腫にアテゾリズマブを承認

進行した胞巣状軟部肉腫(ASPS)に対する治療法が、米国国立衛生研究所(NIH)に属する米国国立がん研究所(NCI)が主導した臨床試験をもとに初めて承認された。免疫療法薬のアテゾリズマブ(販売...
FDAが小児・青少年期の高リスクリンパ腫にブレンツキシマブを承認の画像

FDAが小児・青少年期の高リスクリンパ腫にブレンツキシマブを承認

米国食品医薬品局(FDA)は、ホジキンリンパ腫の一部の小児および青少年の治療においてブレンツキシマブ ベドチン(アドセトリス)と化学療法の併用を承認した。

11月10 日に発表された今回の承認が...
ASH2022:脳・脊髄リンパ腫へのCAR-T療法は初期臨床試験で有望の画像

ASH2022:脳・脊髄リンパ腫へのCAR-T療法は初期臨床試験で有望

脳および脊髄のリンパ腫患者を対象とした小規模パイロット試験で、アキシカブタゲン シロルユーセル(販売名:axi-celまたはイエスカルタ)というCAR-T細胞療法が、安全で有望な有効性を示して...
遺伝子プロファイリングにより乳房温存術後の放射線治療を安全に省略できる患者を特定の画像

遺伝子プロファイリングにより乳房温存術後の放射線治療を安全に省略できる患者を特定

【サンアントニオ乳がん学会2022】サンアントニオ乳がんシンポジウム(2022年12月6~10日)で発表されたメタ解析の結果により、研究中の遺伝子シグネチャーのスコアが低い浸潤性乳がん...
ASH2022:白血病患者に有望な新規多剤併用療法と分子標的療法の画像

ASH2022:白血病患者に有望な新規多剤併用療法と分子標的療法

MDアンダーソンの研究者が米国血液学会(ASH2022)で複数の白血病に関する重要な進歩を発表

2022年米国血液学会(ASH)年次総会で、3件の臨床試験から得られた説得力のある知見をテキサス大...
新規白血病(AML)とMDSの若年患者でベネトクラクスとCLIA併用が高い有効性の画像

新規白血病(AML)とMDSの若年患者でベネトクラクスとCLIA併用が高い有効性

MDアンダーソンの研究者が米国血液学会(ASH2022)で複数の白血病に関する重要な進歩を発表2022年米国血液学会(ASH)年次総会で、3件の臨床試験から得られた説得力のある知見をテ...
転移乳がんの循環腫瘍細胞数による治療方針決定は長期予後を改善の画像

転移乳がんの循環腫瘍細胞数による治療方針決定は長期予後を改善

転移性エストロゲン受容体(ER)陽性 /HER2陰性乳がん患者の一次治療として化学療法かホルモン療法かの選択を導くために循環腫瘍細胞(CTC)数を用いた結果、医師の選択治療と比較して、全生存期...
妊娠を希望してホルモン療法を中断した乳がん患者の短期再発率の画像

妊娠を希望してホルモン療法を中断した乳がん患者の短期再発率

患者の多くは妊娠可能で60%以上が出産【サンアントニオ】妊娠を希望してホルモン療法を一時休止した乳がん患者の短期的な乳がん再発率は、妊娠のために治療を休止しなかった女性と同程度であり、...
ホルモン受容体陽性/HER2陰性乳がんにカミゼストラントはフルベストラントより有効の画像

ホルモン受容体陽性/HER2陰性乳がんにカミゼストラントはフルベストラントより有効

サンアントニオ乳がん学会2022次世代の選択的エストロゲン受容体分解薬(SERD)であるカミゼスラントは、フルベストラント(販売名:ファスロデックス)と比較して、ホルモン受容体陽性HE...
進行乳がんへのリボシクリブ+ホルモン療法による一次治療は併用化学療法より有効の画像

進行乳がんへのリボシクリブ+ホルモン療法による一次治療は併用化学療法より有効

【サンアントニオ乳がん学会2022】対象は、ホルモン受容体陽性/HER2陰性の閉経前または閉経期の患者

visceral crisisを含むホルモン受容体陽性HER2陰性の進行乳がん患者...
小児がんサバイバーの糖分の多量摂取は早期老化リスクを上昇の画像

小児がんサバイバーの糖分の多量摂取は早期老化リスクを上昇

全糖、加糖、および清涼飲料の摂取量が多い小児がんサバイバーは、砂糖の摂取量が少ない小児がんサバイバーと比較して老化関連の健康問題が多いことが、11月17日〜20日に開催された米国がん学会(AA...
小児の横紋筋肉腫にガニツマブ+トラメチニブ併用は有望も製造中止が障壁にの画像

小児の横紋筋肉腫にガニツマブ+トラメチニブ併用は有望も製造中止が障壁に

筋肉などの軟部組織を侵すがん種である横紋筋肉腫の小児患者に対する新しい治療法の可能性が、NCIのマウスを用いた研究で示された。

実験薬であるガニツマブと標的薬であるトラメチニブ(メキニスト)の併...
FDAが膀胱がんにアデノウイルスベクターによる遺伝子療法薬を初承認の画像

FDAが膀胱がんにアデノウイルスベクターによる遺伝子療法薬を初承認

2022年12月16日、米国食品医薬品局(FDA)は、乳頭状がんの有無を問わず上皮内がん(CIS)を併発した高リスク カルメット・ゲラン桿菌(BCG)不応性筋層非浸潤性膀胱がんの成人患者を対象...