脳腫瘍

歯科X線撮影は頻度の高い脳腫瘍の発生と関連するの画像

歯科X線撮影は頻度の高い脳腫瘍の発生と関連する

キャンサーコンサルタンツ過去―X線被曝線量が現在よりも高かった―に、歯科X線撮影を頻繁に受けた人は、頭蓋内髄膜腫の発症リスクが増加する。この研究結果は、Cancer誌電子版で発表された[1]。 髄膜腫は非常に高頻度で発症する脳腫瘍
米国の人口データでは、携帯電話普及期における脳腫瘍罹患率の増加は見られずの画像

米国の人口データでは、携帯電話普及期における脳腫瘍罹患率の増加は見られず

NCIニュースノート 米国の癌罹患率に関するデータの新研究において、NCIの研究者らは、脳腫瘍の主な種類であり、携帯電話使用との関連が疑われている神経膠腫の罹患率は概ね変化していないと報告した。研究者らの発見によれば、携帯電話の使用が(ほぼ
がん幹細胞モデルと 神経膠芽腫のゲノム研究の画像

がん幹細胞モデルと 神経膠芽腫のゲノム研究

  米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆ NCIがん研究センター神経腫瘍部門主任のHoward
2012/01/24号◆特集記事「遺伝子異常により稀な脳腫瘍の治療効果を予測」の画像

2012/01/24号◆特集記事「遺伝子異常により稀な脳腫瘍の治療効果を予測」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2012年1月24日号(Volume 9 / Number 2) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pdf _____________
臨床試験中のワクチン、多形性膠芽腫に期待の画像

臨床試験中のワクチン、多形性膠芽腫に期待

キャンサーコンサルタンツ臨床試験段階である免疫ワクチンRindopepimutが、多形性膠芽腫(GBM)の治療に期待できるかもしれない。第2相臨床試験結果が、2010年脳腫瘍学会(SNO)にて最近発表された。 多形性膠芽腫は、最も頻繁に認め
Rindopepimut は神経膠芽腫に対して引き続き有望の画像

Rindopepimut は神経膠芽腫に対して引き続き有望

キャンサーコンサルタンツ第2相臨床試験の長期追跡調査によれば、治験ワクチンRindopepimut(CDX-110)は、多形性膠芽腫(GBM)の全生存率を改善する可能性がある。これらの結果は、米国神経腫瘍学会の2011年次総会で発表された。
NCI声明:国際癌研究機関、携帯電話を「発癌性があるかもしれない」と分類の画像

NCI声明:国際癌研究機関、携帯電話を「発癌性があるかもしれない」と分類

NCIニュース世界保健機関の国際癌研究機関(IARC)は今日、携帯電話の使用およびその他の無線周波数電磁界を、発癌性があるかもしれない(グループ2B)と分類した。これは新たな研究ではなく、従来の研究結果に対立するものでもない。 I
テモゾロマイドのFDA承認の画像

テモゾロマイドのFDA承認

原文 2005/03/15掲載 2013/07/03更新商標名:Temodar®、Methazolastone・多形性膠芽腫(2005/03/15)臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用および禁忌などの全処方情報がFull pres
EverolimusのFDA承認の画像

EverolimusのFDA承認

商品名:AFINITOR[アフィニトール]原文 2013/07/03更新小児と成人の上衣下巨細胞性星細胞腫(SEGA)に承認(2012/8/29)ホルモン受容体陽性、HER陰性進行性乳がんの治療にexemestane[エキセメスタン]との併
FDAが脳腫瘍に新しい医療機器を承認の画像

FDAが脳腫瘍に新しい医療機器を承認

FOR IMMEDIATE RELEASE:2011年4月15日Media Inquiries: Erica Jefferson, 301-796-4988Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAが脳腫瘍に新し
アレルギーがある人は脳腫瘍のリスクが低いの画像

アレルギーがある人は脳腫瘍のリスクが低い

キャンサーコンサルタンツアレルギーがある人、特に複数のアレルギーがある人は、脳腫瘍の1つである神経膠腫(低または高グレード)が発生するリスクが低いようであるとの結果がCancer Epidemiology, Biomarkers, &
脳転移癌における外科手術あるいは放射線手術後の全脳照射の試験による評価の画像

脳転移癌における外科手術あるいは放射線手術後の全脳照射の試験による評価

キャンサーコンサルタンツ第3相ランダム化試験の結果は、外科手術あるいは放射線手術による3個以下の脳転移の除去後の全脳照射療法(WBRT)は全生存あるいは機能的自立の継続期間を改善はしないものの、脳転移の再発は軽減することを示している。これら
2010/11/02号◆クローズアップ「まれな癌に対する技術進歩」の画像

2010/11/02号◆クローズアップ「まれな癌に対する技術進歩」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2010年11月02日号(Volume 7 / Number 21) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 ____________________◇◆◇ クローズアップ ◇◆◇
FDAがAfinitor®〔アフィニトール〕を新しい適応で承認の画像

FDAがAfinitor®〔アフィニトール〕を新しい適応で承認

FOR IMMEDIATE RELEASE:2010年11月1日 Media Inquiries: Erica Jefferson, 301-796-4988 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAがAfin
新たに診断された多形性膠芽腫患者で、癌ワクチンRindopepimutおよびテモダールの併用療法が有望である可能性の画像

新たに診断された多形性膠芽腫患者で、癌ワクチンRindopepimutおよびテモダールの併用療法が有望である可能性

キャンサーコンサルタンツ新たに診断された多形性膠芽腫(GBM)患者において、癌ワクチンRindopepimut(CDX-110)とテモダール(テモゾロミド)併用維持療法を実施したところ、5.5カ月間時点での無増悪率は70%となった。本所見は
2010/05/18号◆癌研究ハイライトの画像

2010/05/18号◆癌研究ハイライト

同号原文| NCI Cancer Bulletin 2010年5月18日臨床試験登録特別号(Volume 7 / Number 10) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜____________________◇◆◇癌研究ハイ
抗痙攣薬による膠芽細胞腫患者の生存期間改善の可能性の画像

抗痙攣薬による膠芽細胞腫患者の生存期間改善の可能性

キャンサーコンサルタンツ 2009年10月酵素誘導性抗痙攣薬(EIAC)を投与した膠芽細胞腫患者は、非投与患者と比較し転帰が改善する可能性があることが、Mayo Clinicの研究者らにより報告された。本試験の詳細は、Neurology誌の
癌ワクチン オンコファージ®が再発性神経膠芽腫に有望の画像

癌ワクチン オンコファージ®が再発性神経膠芽腫に有望

キャンサーコンサルタンツ2009年11月癌ワクチンOncophage[オンコファージ]®(vitespen)が、再発性または進行性の高悪性度神経膠芽腫(GBM)患者の生存期間を延長することが、サンフランシスコ州カリフォルニア大学脳腫瘍研究セ
2009/09/08号◆特別リポート「癌標的治療-ヘッジホッグと呼ばれる標的を撃つ」の画像

2009/09/08号◆特別リポート「癌標的治療-ヘッジホッグと呼ばれる標的を撃つ」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2009年09月08日号(Volume 6 / Number 17) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pdf ___________
Gliadel® Waferを併用した集学的治療により神経膠腫患者の生存期間が延長する可能性の画像

Gliadel® Waferを併用した集学的治療により神経膠腫患者の生存期間が延長する可能性

キャンサーコンサルタンツ2009年8月Gliadel®(カルムスチン)Waferにより、新たに多型性神経膠腫(GBM)と診断され集学的療法を受けた患者の生存期間が延長することが、デューク大学の研究者らにより報告された。本試験の詳細は、Can
FDAが悪性度の高い脳腫瘍に治療薬アバスチンを承認の画像

FDAが悪性度の高い脳腫瘍に治療薬アバスチンを承認

FOR IMMEDIATE RELEASE:2009年5月8日 Media Inquiries: Karen Riley, 301-796-4674 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAが悪性度の高い脳腫瘍
神経膠芽腫に対する放射線治療とテモダール併用の有効性が5年間の追跡調査により確認されたの画像

神経膠芽腫に対する放射線治療とテモダール併用の有効性が5年間の追跡調査により確認された

キャンサーコンサルタンツ2009年3月EORTC-NCIFランダム化試験を実施した研究者らは、長期間追跡調査により、多形成神経膠芽腫患者の治療で術後放射線治療にテモダール® (テモゾロミド)を併用することの有効性が長期間追跡調査で確認された
2008/09/23号◆クローズアップ「携帯電話と脳腫瘍の関連性: 知られていること、知られていないことの画像

2008/09/23号◆クローズアップ「携帯電話と脳腫瘍の関連性: 知られていること、知られていないこと

同号原文|NCI Cancer Bulletin 2008年09月23日号(Volume 5 / Number 19)~日経「癌Experts」にもPDF掲載中~____________________◇◆◇クローズアップ◇◆◇携帯電話と脳
Vorinostat(Zolinza)は再発性の神経膠芽腫(グリオーマ)に抗癌作用を示す/メイヨークリニックの画像

Vorinostat(Zolinza)は再発性の神経膠芽腫(グリオーマ)に抗癌作用を示す/メイヨークリニック

原文 Vorinostat(Zolinza)は再発性の神経膠芽腫(グリオーマ)に抗癌作用を示す メイヨークリニック* 2007年6月3日 シカゴ-ミネソタ州ロチェスターのメイヨークリニックに本拠を置くNorth Central Cancer