脳腫瘍

テモゾロミド維持化学療法により退形成性神経膠腫の転帰が改善の画像

テモゾロミド維持化学療法により退形成性神経膠腫の転帰が改善

プレスリリース米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「医師として、私たちの目的はあらゆる治療を意味のあるものにすることです。その1つは患者に必要な治療だけを推奨すること、それ以上でもそれ以下でもありません。今回の試験では、長年結論が出ないままに
低悪性度脳腫瘍の最善の治療は放射線+化学療法の画像

低悪性度脳腫瘍の最善の治療は放射線+化学療法

オハイオ州立大学総合がんセンター放射線と化学療法の併用による治療を受けた低悪性度の脳腫瘍患者の方が、放射線治療のみを受けた患者よりも、より長く生存できるという結果が新たな臨床試験で示された。 New England Journal
遺伝子融合がまれな小児脳腫瘍を誘発の画像

遺伝子融合がまれな小児脳腫瘍を誘発

米国国立がん研究所(NCI)/ブログ~がん研究の動向~原文掲載日:2016年2月22日Cerebrum:大脳Ventricles (fluid-filled spaces):脳室(脳脊髄液で満たされている)Hypothalamus:視床下部
脳腫瘍の患者に分子標的薬ダブラフェニブが劇的な効果の画像

脳腫瘍の患者に分子標的薬ダブラフェニブが劇的な効果

米国国立がん研究所(NCI)/ブログ~がん研究の動向~原文掲載日:2015年12月3日乳頭型頭蓋咽頭腫として知られている脳腫瘍のほとんどの症例に、V600Eと呼ばれているBRAF遺伝子の変異がおきていることを、研究者らが昨年報告した。新しい
Rindopepimutは、再発膠芽腫の長期生存ベネフィットを示すの画像

Rindopepimutは、再発膠芽腫の長期生存ベネフィットを示す

キャンサーコンサルタンツ上皮成長因子受容体変異型III(EGFRvIII)陽性の再発膠芽腫(GBM)患者において、Rindopepimut(Rintega)投与を評価したランダム化二重盲験第2相臨床試験の最終生存データが第20回米国脳腫瘍学
FDAが膠芽腫の治療に対しオプチューンの適応拡大を承認の画像

FDAが膠芽腫の治療に対しオプチューンの適応拡大を承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース編集者注:本プレスリリースは、2015年10月8日に更新された。 米国食品医薬品局(FDA)は、攻撃的な脳腫瘍の一種である膠芽腫(GBM)の新規症例に対し、医療機器であるオプチューンの適応拡大を承
脳腫瘍およびその他の固形がんに対する免疫療法をルートヴィヒ癌研究所とCRIが評価の画像

脳腫瘍およびその他の固形がんに対する免疫療法をルートヴィヒ癌研究所とCRIが評価

キャンサーコンサルタンツ本臨床試験はAstraZeneca社の国際的バイオ医薬品研究開発部門であるMedImmune社と協同のCVC臨床試験ネットワークを通して実施されている。CVC臨床試験ネットワークとはルートヴィヒ癌研究所(Ludwig
脳腫瘍治療の一環にヘルペスウイルスを利用の画像

脳腫瘍治療の一環にヘルペスウイルスを利用

キャンサーコンサルタンツ脳腫瘍の一種である多形性膠芽腫(GBM)治療において、腫瘍が攻撃されやすくなるためにヘルペスウイルスを用いる治療法が将来有望であると考えられる。この知見は、2015年度米国臨床腫瘍学会年次総会(5月29日~6月2日イ
rindopepimutが多形性膠芽腫患者の生存期間を改善の画像

rindopepimutが多形性膠芽腫患者の生存期間を改善

キャンサーコンサルタンツ免疫療法薬であるrindopepimut(Rintega)は再発多形性膠芽腫(GBM)患者の生存期間を改善するとみられる。これらの知見は2015年度米国臨床腫瘍学会年次総会(5月29日~6月2日イリノイ州シカゴ)で発
脳腫瘍のゲノム基盤がさらに拡大の画像

脳腫瘍のゲノム基盤がさらに拡大

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート原文掲載日:2015年6月10日 ヒト脳腫瘍の一種である多形神経膠芽腫(GBM)は、最も悪性度が高く侵襲性の高い神経膠腫であり、米国国立衛生研究所(NIH)の機関である国立がん研究所(NC
避妊薬により悪性脳腫瘍リスクが上昇する可能性の画像

避妊薬により悪性脳腫瘍リスクが上昇する可能性

キャンサーコンサルタンツデンマークにおける研究経口避妊薬を5年以上服用すると、稀ではあるが致死率の高い悪性脳腫瘍である多形性膠芽腫(GBM)の発症リスクが倍増する恐れがあることを示唆する臨床試験結果がこのほど発表された。 多形性膠
研究室で作製した毒素産生幹細胞による脳腫瘍治療の可能性の画像

研究室で作製した毒素産生幹細胞による脳腫瘍治療の可能性

英国医療サービス(NHS)      2014年10月27日月曜日                                                                                       
OncoLog2014年2月号◆In Brief「PKM2が膠芽腫の予後マーカーとなる可能性」の画像

OncoLog2014年2月号◆In Brief「PKM2が膠芽腫の予後マーカーとなる可能性」

MDアンダーソン OncoLog 2014年2月号(Volume 59 / Number 2)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
放射線治療に化学療法(PCV療法)を追加することで低悪性度の成人脳腫瘍患者の生存期間が延長の画像

放射線治療に化学療法(PCV療法)を追加することで低悪性度の成人脳腫瘍患者の生存期間が延長

米国国立がん研究所(NCI)プレスリリース原文掲載日:2014年2月3日 低悪性度神経膠腫を有し、放射線治療の完了後に化学療法レジメン(プロカルバジン(P)、ロムスチンとして知られるCCNU(C)、ビンクリスチン(V))を受けた成
ICT-107ワクチンは多形性膠芽腫(GBM)患者の生存期間を延長しないの画像

ICT-107ワクチンは多形性膠芽腫(GBM)患者の生存期間を延長しない

キャンサーコンサルタンツ第1相臨床試験の有望な結果にもかかわらず、その後の第2相臨床試験で、ICT-107ワクチン治療は多形性膠芽腫(GBM)患者の有意な全生存期間の延長につながらなかった。 GBMは主に成人において発症する悪性度
OncoLog11-12月号◆In Brief「NF-κBは神経膠芽腫の治療抵抗性と関連がある可能性 」の画像

OncoLog11-12月号◆In Brief「NF-κBは神経膠芽腫の治療抵抗性と関連がある可能性 」

MDアンダーソン OncoLog 2013年11-12月号(Volume 58 / Numbers 11-12)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌
膠芽腫においてアバスチン併用による新たな毒性は認められずの画像

膠芽腫においてアバスチン併用による新たな毒性は認められず

キャンサーコンサルタンツ標準的化学放射線療法にアバスチン(ベバシズマブ)を併用することで、新たな毒性を示すことなく膠芽腫の進行を有意に遅らせるという研究結果が、米国放射線腫瘍学会の年次総会で示された。 膠芽腫は、悪性の脳腫瘍であり
抗ウイルス薬バルガンシクロビルを投与した膠芽腫患者では生存期間が大幅に改善の画像

抗ウイルス薬バルガンシクロビルを投与した膠芽腫患者では生存期間が大幅に改善

キャンサーコンサルタンツ頻用される抗ウイルス薬であるバルガンシクロビル(Valcyte)が膠芽腫患者の生存期間を延長する可能性があることが、New England Journal of Medicine誌に掲載された。 膠芽腫は、
OncoLog2013年8月号◆In Brief「ベバシズマブが有益である膠芽腫患者を特定する新たな検査」「EGFRが活性化した癌に対する新標的を特定」の画像

OncoLog2013年8月号◆In Brief「ベバシズマブが有益である膠芽腫患者を特定する新たな検査」「EGFRが活性化した癌に対する新標的を特定」

MDアンダーソン OncoLog 2013年8月号(Volume 58 / Number 8)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
低悪性度神経膠腫の早期切除は患者の生存を改善するの画像

低悪性度神経膠腫の早期切除は患者の生存を改善する

キャンサーコンサルタンツJournal of the American Medical Association誌に発表された研究の結果によると、ノルウェーにおいて低悪性度神経膠腫の患者のうち、早期外科的切除を受けた患者は、生検と経過観察とい
患者の免疫細胞により悪性脳腫瘍に対するウイルス治療が鈍る可能性の画像

患者の免疫細胞により悪性脳腫瘍に対するウイルス治療が鈍る可能性

投稿日:2012年11月25日 膠芽腫と呼ばれるタイプの脳腫瘍患者の平均生存率は12カ月であるため、この悪性腫瘍に対する新しい治療法が大いに求められている。 癌を破壊するようデザインされているウイルスによりこれら腫瘍の治療は安全に行われてい
代謝タンパク質が「糖の大量供給」を引き起こし脳腫瘍に栄養を供給するの画像

代謝タンパク質が「糖の大量供給」を引き起こし脳腫瘍に栄養を供給する

PKM2は核内に入り込み、癌を促進する。潜在的なバイオマーカーと薬剤法の発見 MDアンダーソンがんセンター 2012年11月26日 テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究チームは、癌促進タンパク質が細胞核内に入り込む経路を突き止め、
FDAが稀な脳腫瘍に対する初の小児向け治療薬を承認/FDAニュースの画像

FDAが稀な脳腫瘍に対する初の小児向け治療薬を承認/FDAニュース

FOR IMMEDIATE RELEASE:2012年8月29日 Media Inquiries: Stephanie Yao, 301-796-0394 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDA、稀な脳腫瘍に
放射線療法に化学療法を併用することにより退形成性乏突起膠腫患者の生存率が改善の画像

放射線療法に化学療法を併用することにより退形成性乏突起膠腫患者の生存率が改善

キャンサーコンサルタンツ2012年米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会(イリノイ州シカゴ)で発表された第3相臨床試験追跡結果によると、放射線療法に化学療法を追加した併用療法で、化学療法の追加により退形成性乏突起膠腫患者の生存率が改善すること