米国臨床腫瘍学会(ASCO)

胃・食道がんに新たな抗体薬物複合体が有望の画像

胃・食道がんに新たな抗体薬物複合体が有望

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCOの見解「最近行われた第3相SPOTLIGHT試験およびGLOW試験により、CLDN18.2は胃・食道がん治療の標的として有望であることがわか...
ヨガは放射線治療中の頭頸部がんの治療関連合併症を予防の画像

ヨガは放射線治療中の頭頸部がんの治療関連合併症を予防

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCOの見解から引用「本結果により、対面またはオンラインで行うヨガ集中介入は、放射線療法中のがん患者だけでなく介護者にも効果があることが認められま...
ASCO、がん臨床試験の卵巣毒性評価に関する推奨を発表の画像

ASCO、がん臨床試験の卵巣毒性評価に関する推奨を発表

米国臨床腫瘍学会(ASCO)米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、がん臨床試験における卵巣毒性の適切な評価に関する新たな推奨事項をまとめた研究声明「Measuring Ovarian Tox...
電子メールを利用し、免疫療法薬治療の外来待ち時間を1時間以上短縮の画像

電子メールを利用し、免疫療法薬治療の外来待ち時間を1時間以上短縮

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCOの見解から引用「患者も医師も、がん治療にかなりの時間が必要となり、これは時間毒性と呼ばれます。患者は待合室でそれを感じ、医師は自分を必要とし...
がん治療中の心身フィットネスにより入院や受診が減少の画像

がん治療中の心身フィットネスにより入院や受診が減少

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCOの見解から引用「本試験によって、オンラインの心身フィットネスプログラムは、がん患者に支障なく提供することができ、治療に伴う合併症を軽減するこ...
ASCOクオリティケア学会:がん治療の時間毒性、副作用を軽減する介入の画像

ASCOクオリティケア学会:がん治療の時間毒性、副作用を軽減する介入

米国臨床腫瘍学会(ASCO)2023年米国臨床腫瘍学会(ASCO)クオリティ・ケア・シンポジウムの公式プレスプログラムが開催され、がん患者のQOLを改善する介入を探求した3つの研究が注...
子宮体がんにセリネクソール維持療法は無増悪生存期間を延長の画像

子宮体がんにセリネクソール維持療法は無増悪生存期間を延長

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCO専門家の見解「TP53野生型の子宮体がん腫瘍を評価した第3相SIENDO試験のサブセット解析から、パクリタキセルとカルボプラチンの併用療法の...
子宮頸部前がん病変をAIの活用で正確に検出―日本の研究発表の画像

子宮頸部前がん病変をAIの活用で正確に検出―日本の研究発表

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCOの見解「子宮頸がん検診においてコルポスコピー((腟拡大鏡診)は重要な役割を果たしています。本研究は、がん検診に人工知能の力を活用することで、...
運動が前立腺がん治療に起因する性機能障害を改善する可能性が豪州の研究で示唆の画像

運動が前立腺がん治療に起因する性機能障害を改善する可能性が豪州の研究で示唆

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCOの見解「運動は前立腺がん治療の副作用の一部を改善することが、以前から示されています。今回のデータは、前立腺がん患者に対する運動の有益性を性機...
ASCO、高齢転移乳がんへの経口CDK4/6阻害薬戦略の研究で1100万ドルを獲得の画像

ASCO、高齢転移乳がんへの経口CDK4/6阻害薬戦略の研究で1100万ドルを獲得

米国臨床腫瘍学会(ASCO)米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、高齢の転移性乳がんを対象とした経口CDK4/6阻害薬の投与戦略の研究について、患者中心アウトカム研究所(PCORI)から1,...
ASCO Breakthrough会議、日本開催:がん検出法の進歩、前立腺がんの性的健康に関する新知見を発表の画像

ASCO Breakthrough会議、日本開催:がん検出法の進歩、前立腺がんの性的健康に関する新知見を発表

米国臨床腫瘍学会(ASCO)世界の腫瘍学専門家が集結して、米国臨床腫瘍学会(ASCO)Breakthrough会議が横浜市(日本)で開催される。この会議では、がんとともに生きる人々に対...
原発性縦隔B細胞リンパ腫に化学免疫療法後の放射線治療は不要な可能性の画像

原発性縦隔B細胞リンパ腫に化学免疫療法後の放射線治療は不要な可能性

米国臨床腫瘍学会(ASCO2023)ASCOの見解「これらの知見は、若年成人に多く発生する悪性度の高い種類のリンパ腫において特に重要である。これらの心強いデータにより、高用量の...
トラスツズマブデルクステカンは腫瘍部位に関係なくHER2発現がんの治療に効果的の画像

トラスツズマブデルクステカンは腫瘍部位に関係なくHER2発現がんの治療に効果的

米国臨床腫瘍学会(ASCO2023)ASCOの見解「本試験は、まだ治療薬が承認されていない標準治療耐性後のHER2過剰発現腫瘍を有する患者で、依然として治療困難ながん種に対する...
CAR-T細胞療法薬はレナリドミド不応の多発性骨髄腫の進行リスクを74%下げるの画像

CAR-T細胞療法薬はレナリドミド不応の多発性骨髄腫の進行リスクを74%下げる

米国臨床腫瘍学会(ASCO2023)ASCOの見解「レナリドミド(販売名:レブラミド)は骨髄腫患者の治療の基礎となっていますが、広く使用されるにつれ、治療効果が得られなくなる患...
未治療ホジキンリンパ腫に、ニボルマブは病勢進行と死亡リスクを低減の画像

未治療ホジキンリンパ腫に、ニボルマブは病勢進行と死亡リスクを低減

米国臨床腫瘍学会(ASCO2023)ASCOの見解「本試験は、進行期ホジキンリンパ腫の治癒率を向上させ、小児と成人の治療アプローチを調和させることを目的として、北米全土にわたる...
進行子宮頸がん化学療法にペムブロリズマブ追加で生存率が改善の画像

進行子宮頸がん化学療法にペムブロリズマブ追加で生存率が改善

米国臨床腫瘍学会(ASCO2023)ASCOの見解「本試験の結果は、進行、再発または転移子宮頸がん患者に対して、ベバシズマブ併用/非併用化学療法にペムブロリズマブを追加する治療...
EGFR陽性肺がんに術後オシメルチニブが生存率を有意に改善の画像

EGFR陽性肺がんに術後オシメルチニブが生存率を有意に改善

米国臨床腫瘍学会(ASCO2023)ASCOの見解「私たちは、肺がんのすべての患者に対して、画一的な術後補助療法を行ってきた。しかし、10年前から、一部の患者に対する標的治療が...
進行卵巣がんにオラパリブ、デュルバルマブの追加投与は無増悪生存期間を延長の画像

進行卵巣がんにオラパリブ、デュルバルマブの追加投与は無増悪生存期間を延長

米国臨床腫瘍学会(ASCO2023)ASCOの見解「卵巣がんの早期発見法はなく、3分の2以上の患者が、再発のおそれが高い進行した状態で診断されます。さらなる研究が必要ですが、治...
低リスク早期子宮頸がんに単純子宮全摘術は安全な治療選択肢の画像

低リスク早期子宮頸がんに単純子宮全摘術は安全な治療選択肢

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCOの見解「手術の適応であるステージ1の子宮頸がん患者に対して、何十年にわたり広汎子宮全摘出術が標準治療とされ、治癒率に悪影響を与える可能性から...
局所進行直腸がんの一部の患者は放射線療法を省略しても安全である可能性の画像

局所進行直腸がんの一部の患者は放射線療法を省略しても安全である可能性

米国臨床腫瘍学会(ASCO2023)ASCOの見解「大腸がん患者の治療において、私たちは転換期を迎えています。新しい治療法を開発すると同時に、患者の健康にとって有害な治療法をな...
ラスパテルセプトが低リスク骨髄異形成症候群の貧血を改善し、輸血依存を低減の画像

ラスパテルセプトが低リスク骨髄異形成症候群の貧血を改善し、輸血依存を低減

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCOの見解「赤血球輸血に依存している低リスクMDSの貧血患者において、ラスパテルセプトにより12週以上の輸血非依存を達成した人の数は、現在の標準...
ホルモン療法とリボシクリブ併用は、最も多いタイプの乳がん再発リスクを低下させるの画像

ホルモン療法とリボシクリブ併用は、最も多いタイプの乳がん再発リスクを低下させる

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCOの見解 「まだ初期の段階ではありますが、これらの結果は非常に有望であり、ステージ2以上のホルモン受容体陽性(HR陽性)HER2陰性乳がんに対...
電話による指導介入で乳がん患者の体重が減少の画像

電話による指導介入で乳がん患者の体重が減少

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCOの見解「過体重が乳がんや乳がん再発のリスクを高めることは知られていますが、減量によってその影響をなくし、転帰を改善できるかどうかはまだわかっ...
早期膵臓がんにおける低侵襲性膵体尾部切除術は有効の画像

早期膵臓がんにおける低侵襲性膵体尾部切除術は有効

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCOの見解「この確認試験は、切除可能な膵臓がんに対して低侵襲手術法が安全で効果的な選択肢であることを証明しています。このランダム化比較手術試験は...