米国がん学会(AACR)

癌サバイバーの半数近くで、死因は癌以外の疾患であるの画像

癌サバイバーの半数近くで、死因は癌以外の疾患である

癌患者の51%の死因は、癌によるものであった。 癌サバイバーの49%の死因は、癌以外の疾患によるものであった。 癌サバイバーの健康へのより総合的な取り組みが奨励される。   シカゴ発 — 癌再発が多くの癌サバイバーにとって最重要の
Tremelimumabは肝臓癌治療に有望の画像

Tremelimumabは肝臓癌治療に有望

*いくつかの症例において全身腫瘍組織量の減少と疾患の安定化が見られた。 *Tremelimumab(トレメリムマブ)はC型肝炎ウィルスの血中濃度も減少させた。   3月31日から4月4日にシカゴで開催された2012年米国癌学会年会
非小細胞肺癌患者の一部で有望な長期生存率が得られたワクチンの画像

非小細胞肺癌患者の一部で有望な長期生存率が得られたワクチン

非進行性の肺癌患者では生存率が改善 ステージ3Bおよび4の患者における5年後生存率は50%   シカゴ発―第2相臨床試験の長期追跡調査で、治療ワクチンであるベラゲンプマツセル-Lによる治療を行ったステージ3Bまたは4の非小細胞肺癌
免疫療法と化学療法併用レジメンが進行癌患者の生存を延長する可能性の画像

免疫療法と化学療法併用レジメンが進行癌患者の生存を延長する可能性

低用量のインターロイキン-2と13-cisレチノイン酸がナチュラル「キラー」細胞を増加させた  ステージ4の癌患者は併用療法の利益を受ける可能性  併用療法を受けた患者の生存率が改善した   シカゴ - インターロイキン-2と13
健康状態が良好でない小児癌サバイバーは成人期の失業リスクが高いの画像

健康状態が良好でない小児癌サバイバーは成人期の失業リスクが高い

・健康状態が良好でない場合、失業リスクは8倍になる ・神経認知機能に障害があると専門職につけない可能性が高い ・神経認知機能の問題が職業ステータスに及ぼす影響は男性よりも女性の方が大きい   フィラデルフィア-米国癌学会(Amer
VEGFおよびc-METの二重阻害により癌の転移が減少する可能性の画像

VEGFおよびc-METの二重阻害により癌の転移が減少する可能性

VEGFおよびc-METの二重阻害により癌の転移が減少する可能性   VEGF阻害が腫瘍中のc-MET発現を増加 癌細胞の浸潤と転移をVEGFとc-METの阻害によってブロック VEGFとc-METの二重阻害剤は臨床試験の最終段階