ダナファーバーがん研究所

高用量ビタミンDが進行大腸がんに効果の画像

高用量ビタミンDが進行大腸がんに効果

・遠隔転移を有する大腸がん患者に対するビタミンDの最初のランダム化臨床試験で、化学療法と高用量ビタミンDの併用により疾患の進行の遅延が認められた ・有望な結果により大規模3相試験での評価計画が促進される 小規模臨床試験で、遠隔転移を有する大
化学療法抵抗性の卵巣がんにPARP阻害薬単独よりアルペリシブ併用が有効の画像

化学療法抵抗性の卵巣がんにPARP阻害薬単独よりアルペリシブ併用が有効

ダナファーバーがん研究所の研究者は、臨床試験において分子標的薬を追加することで、PARP阻害薬の効果が期待できない卵巣がん患者の約3分の1で、腫瘍の部分的縮小を確認した。 PARP阻害薬オラパリブと、細胞タンパクであるPI3キナーゼαを標的
CDK4/6阻害剤耐性メカニズムを解明、耐性は可逆的に消失しうるの画像

CDK4/6阻害剤耐性メカニズムを解明、耐性は可逆的に消失しうる

比較的新しい乳がんの治療薬CDK4/6阻害薬に対し、乳がん細胞は、細胞周期タンパク質の一種であるCDK6を大量に産生することで耐性を獲得し、さらにエキソソームという担体分子を通じて他のがん細胞にも耐性を獲得させることが新研究で明らかになった
低リスク前立腺がんに対する監視療法が急増の画像

低リスク前立腺がんに対する監視療法が急増

かつて低リスク前立腺がん男性患者は、即時の手術または放射線療法を受けることがきわめて多かったが、現在は、より慎重な「監視療法」戦略を選んでいる患者が多いことが、米国ダナファーバーがん研究所の研究者らによる新たな連邦政府データベースの分析から
骨髄腫前段階から骨髄腫に進行する経過と新たな治療法の画像

骨髄腫前段階から骨髄腫に進行する経過と新たな治療法

ダナファーバーがんセンターの研究者らは、血液のがんである多発性骨髄腫を考える上で非常に重要と考えられる研究成果を、2018年米国血液学会(ASH)年次総会(12月1~4日)で発表する。彼らの研究結果は、多発骨髄腫の前段階からの多発性骨髄腫発
ASH2018 、白血病・リンパ腫治療の臨床試験結果の画像

ASH2018 、白血病・リンパ腫治療の臨床試験結果

白血病・リンパ腫患者に対する免疫療法および試験的な分子標的薬の臨床試験の新たな結果を、ダナファーバーがん研究所の研究者らが米国血液学会(12月1~4日)で報告している。 ここでは3つの発表について概説する。その中の1つは、CAR-T細胞療法
骨髄系腫瘍に対する造血幹細胞移植の新たな研究成果-ASH2018の画像

骨髄系腫瘍に対する造血幹細胞移植の新たな研究成果-ASH2018

造血幹細胞移植を受けた骨髄系腫瘍の患者の成績向上に関連するダナファーバーがん研究所の研究者らによる複数の報告が12月1~4日に行われた米国血液学会(ASH)年次総会において発表された。これらの研究は、移植後の再発予防や、低用量化学療法を用い
患者直接報告(PRO)を改善する新たなイニシアチブの画像

患者直接報告(PRO)を改善する新たなイニシアチブ

全米6カ所の病院情報システムで、がん治療に関連する症状の報告と管理を改善するための新たな共同研究が開始された。このイニシアチブはダナファーバーがん研究所が主導するもので、SIMPRO[シムプロ]リサーチセンターと呼ばれる。症例管理の改善およ
薬効ないとわかっていても、プラセボ服用でがんに伴う倦怠感が軽減の画像

薬効ないとわかっていても、プラセボ服用でがんに伴う倦怠感が軽減

非盲検、すなわち「隠し立てしない」プラセボから利益を得ることが示す最新研究 治療における心と身体とのつながりの役割を強調 がん関連の倦怠感に対してプラセボを服用した患者は、そのプラセボが不活性で、薬理作用の成分を含まないと事前に言われていて
食事でステージ3大腸がんの再発リスクを低減できる可能性の画像

食事でステージ3大腸がんの再発リスクを低減できる可能性

切除可能大腸がんの治療を受けた患者では、インスリン値を上昇させる炭水化物などの成分が少ない食事によって、疾患再発リスクが大幅に低減する可能性があることが、ダナファーバーがん研究所の研究者らが主導する新たな研究で示唆された。   ス
膵臓がん患者の約10%に先天的遺伝子多型の画像

膵臓がん患者の約10%に先天的遺伝子多型

  ダナファーバーがん研究所の研究者らによると、膵臓がん患者を対象にした大規模研究において、10%近くが膵臓がんに罹りやすくさせている可能性のある先天的な遺伝子多型または変異を持つことがわかった。また、一部の遺伝子変異が一定の化学
進行膵臓がん個別化医療の指針にリアルタイムDNAシーケンシングの画像

進行膵臓がん個別化医療の指針にリアルタイムDNAシーケンシング

進行膵臓がんの患者を対象にした高速DNAシーケンシングは実施可能であり、その結果は治療決定の指針となりうることが、ダナ・ファーバーがん研究所の研究で示された。   Cancer Discovery誌に発表されたその研究では、転移性
アロマターゼ阻害剤と卵巣抑制が閉経前の高リスク乳がん患者に有用の画像

アロマターゼ阻害剤と卵巣抑制が閉経前の高リスク乳がん患者に有用

ホルモン受容体陽性、HER2陰性の再発リスクが高い閉経前乳がん患者は、アロマターゼ阻害剤と卵巣機能抑制の治療を受けた場合、8年の時点で無遠隔転移生存率に10~15%の改善が得られることが新たな臨床試験解析の結果、明らかになり、米国臨床腫瘍学
大腸がん術後に化学療法3カ月の新たな標準治療が確立の画像

大腸がん術後に化学療法3カ月の新たな標準治療が確立

ダナファーバーがん研究所 画期的なグローバル共同臨床試験の結果により、一部のステージ3の大腸がん患者の術後補助化学療法の回数を半分に減らすことが可能となり、コスト、治療期間、化学療法の毒性の長期的影響を大幅に削減できることが初めて明らかとな
免疫療法薬+PARP阻害剤併用で卵巣がんの寛解率が上昇の画像

免疫療法薬+PARP阻害剤併用で卵巣がんの寛解率が上昇

ダナファーバーがん研究所 治療困難な卵巣がんを有する女性において、免疫療法剤とDNA修復阻害剤の併用は、いずれかの薬剤単独よりも有意に有効な可能性があるとダナファーバーがん研究所の研究者らが主導した第1/2相臨床試験で示された。この結果は、
免疫療法に対する頭頸部がんの反応予測因子を特定の画像

免疫療法に対する頭頸部がんの反応予測因子を特定

ダナファーバーがん研究所によれば、免疫チェックポイント阻害剤による治療を受けた頭頸部がん患者の対治療反応、予後改善についての予測因子が特定されたという。   標準的なプラチナベースの化学療法に抵抗性を示すがんに対しては、現在、免疫
低用量IL-2が慢性移植片対宿主病に有効であることが明らかにの画像

低用量IL-2が慢性移植片対宿主病に有効であることが明らかに

免疫シグナル伝達たんぱく質インターロイキン2(IL-2)は、幹細胞移植に続いて起こる慢性移植片対宿主病を発症した患者に安全かつ有効であり、小規模研究において特に小児に有効であることが、ダナ・ファーバーがん研究所の研究者によって報告された。
多くの高齢血液腫瘍患者で認知機能低下の傾向の画像

多くの高齢血液腫瘍患者で認知機能低下の傾向

白血病や多発性骨髄腫などの血液関連がんの高齢患者の多くは、認知機能低下の徴候を示す傾向があり、その低下は生存期間に影響を与える可能性があると、ダナファーバーがん研究所およびブリガム&ウィメンズ病院(BWH)の研究者による新たな試験が示してい
新たな糖尿病薬がカルボプラチン化学療法への感受性を高めるの画像

新たな糖尿病薬がカルボプラチン化学療法への感受性を高める

ダナファーバーがん研究所の研究者らは、試験中の糖尿病薬により、従来の化学療法剤に対してがん細胞がより脆弱になる可能性があることを示すとともに、がん患者の転帰を改善し得るこのような組み合わせを検討するべきであると述べている。研究者らは、がん細
分子標的薬SL-401への腫瘍細胞の耐性をアザシチジンが無効化する可能性の画像

分子標的薬SL-401への腫瘍細胞の耐性をアザシチジンが無効化する可能性

ダナファーバーがん研究所の研究者は、ある種の血液腫瘍細胞が分子標的治療法による細胞死を免れる仕組みを発見し、腫瘍細胞をだましてその攻撃を受けやすくする分子標的薬を開発した。 アトランタで開催された第59回米国血液学会(ASH)年次総会・展示
分子標的薬と化学療法の併用で慢性リンパ性白血病の治療効果改善の画像

分子標的薬と化学療法の併用で慢性リンパ性白血病の治療効果改善

慢性リンパ性白血病(CLL)と新規診断された若年患者において、単独化学療法による一般的な奏効と比べて、化学療法および分子標的薬併用療法は奏効が有意に改善することが、研究者主導型多施設共同第2相臨床試験によって示された。   「われ
ドナー幹細胞移植後の再発血液腫瘍への免疫療法薬ニボルマブの画像

ドナー幹細胞移植後の再発血液腫瘍への免疫療法薬ニボルマブ

【米国血液学会(ASH)2017】 免疫チェックポイント阻害薬として知られる免疫療法薬は、ドナー幹細胞移植後に再発した血液悪性腫瘍患者にかなり有望であることが示されている。これらの患者を対象に行われた、免疫治療薬の一つであるニボルマブの最初
レテルモビルの同種造血幹細胞移植後CMV感染予防効果についての試験結果の画像

レテルモビルの同種造血幹細胞移植後CMV感染予防効果についての試験結果

先月の米国食品医薬品局(FDA)によるレテルモビルの承認後、New England Journal of Medicine誌は本日、新薬の重要な第3相臨床試験からの主要な結果を発表した。レテルモビルは、同種造血幹細胞移植(HSCT)を受けた
抗アンドロゲン薬とアロマターゼ阻害薬の併用がHR+乳がんに有効の画像

抗アンドロゲン薬とアロマターゼ阻害薬の併用がHR+乳がんに有効

【サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS)2017 】 ホルモン受容体陽性(HR+)乳がん患者に対するエンザルタミドという薬剤について初となるランダム化臨床試験 の結果、一部の患者において、エンザルタミドとエキセメスタン併用投与は、エ