消化器がん

FOLFOXIRI+ベバシズマブの併用により、進行性大腸がんの長期転帰が改善の画像

FOLFOXIRI+ベバシズマブの併用により、進行性大腸がんの長期転帰が改善

ASCO(米国臨床腫瘍学会)の見解 「患者の診断後の5年生存率を2倍にすることは重要かつ魅力的である。3種の化学療法剤併用に耐えられる患者に対しては、FOLFOXIRI+ベバシズマブの併用は重要な治療の進歩である」と本日の報道発表の議長であ
早期ステージの結腸直腸がん治療で術前動注化学療法は術後化学療法より優れている可能性の画像

早期ステージの結腸直腸がん治療で術前動注化学療法は術後化学療法より優れている可能性

キャンサーコンサルタンツ肝臓微小転移につながる総肝動脈と、原発のがんに栄養を供給する動脈に、術前化学療法剤を直接注入することで、一部の早期結腸直腸がん患者の転帰が改善する可能性がある。この研究結果は、米国臨床腫瘍学会(ASCO)がサンフラン
胃癌に関する遺伝子変異を調査し、個別化医療への道を開くの画像

胃癌に関する遺伝子変異を調査し、個別化医療への道を開く

キャンサーコンサルタンツAFCR援助による国際共同研究国際研究者チームがこのほど明らかにした新たな遺伝学的見解によって、癌専門医の胃癌治療法が変わる可能性がある。胃癌は世界で第4位に多い癌であり、癌の死因の第2位である。この共同研究は、As
OncoLog 2015年2月号◆HIVと癌の同時治療が生存結果を改善するの画像

OncoLog 2015年2月号◆HIVと癌の同時治療が生存結果を改善する

2015年2月号(Volume 60 / Number 2)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL   HIVと癌の同時治
AMG337MET阻害薬は胃癌および食道癌に目覚ましく迅速に奏効するの画像

AMG337MET阻害薬は胃癌および食道癌に目覚ましく迅速に奏効する

キャンサーコンサルタンツAMG337は、MET遺伝子増幅のある胃食道接合部癌、胃癌および食道癌の治療薬として有望な新たな低分子MET阻害薬である。MET阻害薬は、c-Metチロシンキナーゼの酵素活性を阻害する低分子分子標的薬の部類である。こ
米国のHIV陽性者でがん罹患数が上昇の画像

米国のHIV陽性者でがん罹患数が上昇

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート原文掲載日:2015年2月9日 米国人HIV感染者約90万人のうち,推定約7760人が2010年に新たにがんと診断された。米国における最初の包括的な研究によると、これらのうち約半数のがん(
OncoLog 2015年1月号◆大腸癌の肝転移・肺転移の同時切除により2回目の手術は不要にの画像

OncoLog 2015年1月号◆大腸癌の肝転移・肺転移の同時切除により2回目の手術は不要に

MDアンダーソン OncoLog 2015年1月号(Volume 60 / Number 1)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
FOLFIRI+ラムシルマブ併用療法は進行性大腸癌患者の癌の進行を遅らせ、生存期間を改善するの画像

FOLFIRI+ラムシルマブ併用療法は進行性大腸癌患者の癌の進行を遅らせ、生存期間を改善する

キャンサーコンサルタンツ初期治療以降、病勢が進行した進行性大腸癌患者1,072人を対象とした国際共同第3相臨床試験の結果が、サンフランシスコでまもなく開催される消化器癌シンポジウムにて報告される予定である。この臨床試験の結果から、分子標的薬
直腸癌患者の一部は手術不要の可能性 – 化学放射線療法に加え「経過観察」することは安全で、より優れた生活の質につながる可能性があるの画像

直腸癌患者の一部は手術不要の可能性 – 化学放射線療法に加え「経過観察」することは安全で、より優れた生活の質につながる可能性がある

ASCOの見解 「たとえば人工肛門造設術などの手術を回避することによって、患者の生活の質を著しく向上させる可能性があります。しかし、このアプローチが癌の再発率を高めることにならないことを確かめるため、より長期にわたる経過観察が必要です。この
高い血中ビタミンD濃度が、進行性大腸癌患者における生存の著しい改善に関連の画像

高い血中ビタミンD濃度が、進行性大腸癌患者における生存の著しい改善に関連

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解: 「生存改善に加えて、ビタミンDは癌の成長速度を遅くする、あるいは治療の効果を高めるなどの可能性が示唆されるなど、高い血中ビタミンD濃度は化学療法に耐性を示す癌に対して長期にわたり関連した」と本日の報道会
FOLFIRI+ラムシルマブによる二次治療で、進行性大腸癌患者の病状進行が遅延し生存期間が延長の画像

FOLFIRI+ラムシルマブによる二次治療で、進行性大腸癌患者の病状進行が遅延し生存期間が延長

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解: 「胃癌や肺癌への有効性が実証されている血管新生阻害剤のラムシルマブ[ramucirumab]が、転移性大腸癌に有効であることが今回明らかになった。現在、患者の大腸癌が進行した場合、FOLFIRI二次化学
セツキシマブは大腸癌の初期治療においてベバシズマブより優れている可能性の画像

セツキシマブは大腸癌の初期治療においてベバシズマブより優れている可能性

キャンサーコンサルタンツ遠隔転移を有する大腸癌患者の治療において、標準的一次FOLFIRI化学療法とセツキシマブ(アービタックス)の併用は、FOLFIRIとベバシズマブ(アバスチン)の併用に比べ、患者の生存期間を延長することを示す第3相FI
FOLFOXIRI+ベバシズマブで転移性大腸癌患者の生存率が2倍にの画像

FOLFOXIRI+ベバシズマブで転移性大腸癌患者の生存率が2倍に

キャンサーコンサルタンツ転移性大腸癌患者に対する4剤化学療法レジメン+ベバシズマブ(アバスチン)治療は、標準的な3剤レジメン+ベバシズマブと比較すると生存率が2倍になるという臨床試験結果が、サンフランシスコで開催された2015年消化器癌シン
テストステロンが大腸癌の腫瘍増殖に関与する可能性の画像

テストステロンが大腸癌の腫瘍増殖に関与する可能性

キャンサーコンサルタンツこれまでの癌研究から、女性の方が男性よりも大腸癌、膵臓癌、胃癌のように性別を問わず発症する癌に罹患する可能性が低いことが明らかになっている。エストロゲンなどの女性ホルモンが腫瘍の形成を妨げる防御効果を有するため、この
肺癌向けに開発された分子標的治療で食道癌の生存期間が改善の画像

肺癌向けに開発された分子標的治療で食道癌の生存期間が改善

キャンサーコンサルタンツ肺癌で一般的に使用される分子標的治療で、食道癌患者の生存期間が延長したとの臨床試験結果が、このほど英国で開催された国立がん研究所(NCRI)癌会議で発表された。 食道は、食物と液体が胃に到達するまでに通過す
大腸がん検診:はじめに/米国国立癌研究所(NCI)の画像

大腸がん検診:はじめに/米国国立癌研究所(NCI)

米国国立癌研究所(NCI)が製作した動画に、JAMT(一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ)が日本語字幕を付けたものです。50歳を過ぎたら、大腸がん検診を受けましょう。大腸がん死亡率の低下に有効な3種類­の検診法である、大腸内視鏡検査、
全RAS野生型患者を対象とするCALGB/SWOG 80405試験とFIRE-3(AIO KRK-0306)試験の結果の画像

全RAS野生型患者を対象とするCALGB/SWOG 80405試験とFIRE-3(AIO KRK-0306)試験の結果

未治療のRAS野生型の遠隔転移を有する大腸癌患者を対象とする抗EGFR抗体または抗VEGF抗体での最適な治療戦略  議題:消化器癌/ 抗癌剤と生物学的療法   第39回欧州臨床腫瘍学会総会(スペイン、マドリッド)の特別発表で、未治
腫瘍ボード会議への腫瘍医の参加は肺癌または大腸癌患者の予後改善と関連がある可能性の画像

腫瘍ボード会議への腫瘍医の参加は肺癌または大腸癌患者の予後改善と関連がある可能性

*この要約には抄録にはない最新データが記載されています   最近行われた患者約5,000人と腫瘍医約1,600人による地域住民対象の研究で、週1回定例の腫瘍ボード(Tumor Board)会議への医師の参加は、ステージIV大腸癌お
難治性転移性の大腸癌患者を対象とした新たな抗癌剤TAS-102が優先審査に指定されるの画像

難治性転移性の大腸癌患者を対象とした新たな抗癌剤TAS-102が優先審査に指定される

キャンサーコンサルタンツ難治性転移性大腸癌患者の治療として現在開発中の新たな抗癌剤TAS-102が、米国食品医薬品局(FDA)によって優先審査の指定を受けた。 アメリカ癌協会の推定によると、米国では2013年に102,000人以上
ボトックスが胃癌治療に有効な可能性の画像

ボトックスが胃癌治療に有効な可能性

英国医療サービス(NHS)      2014年8月21日木曜日                                                                                       
OncoLog 2014年8月号◆肝予備能を評価する新たなスコアリングシステムが肝細胞癌の治療計画に役立つ可能性の画像

OncoLog 2014年8月号◆肝予備能を評価する新たなスコアリングシステムが肝細胞癌の治療計画に役立つ可能性

MDアンダーソン OncoLog 2014年8月号(Volume 59 / Number 8)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
コレステロール低下薬スタチンにより大腸癌患者の生存率が改善する可能性の画像

コレステロール低下薬スタチンにより大腸癌患者の生存率が改善する可能性

キャンサーコンサルタンツスタチンは広く使用されているコレステロール低下薬だが、英国の新しい研究によると、大腸癌患者の生存率を改善するようだ。この研究により、全体として、アトルバスタチン(リピトール)やシンバスタチン(Zocor、※日本での商
大腸癌既往歴を有する高齢者の経過観察目的の検査、リスクが有用性を上回る可能性の画像

大腸癌既往歴を有する高齢者の経過観察目的の検査、リスクが有用性を上回る可能性

キャンサーコンサルタンツ大腸ポリープまたは大腸癌の既往歴を有する75歳を超えた患者が経過観察を目的とする大腸内視鏡検査を受けた場合には、同様の既往歴を有する若年患者に比べて、処置後に入院するリスクが増加するという研究報告がJAMA内科学 (
米国におけるC型肝炎は今後22年で大幅に減少の画像

米国におけるC型肝炎は今後22年で大幅に減少

米国におけるC型肝炎は、今後22年で大幅に減少 C型肝炎根絶に向けた好ましい傾向がコンピューター・シミュレーションで予測MDアンダーソンがんセンターニュースリリーステキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターとピッツバーグ公衆衛生大学院が主