脳腫瘍のゲノム基盤がさらに拡大

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート

原文掲載日 :2015年6月10日

ヒト脳腫瘍の一種である多形神経膠芽腫(GBM)は、最も悪性度が高く侵襲性の高い神経膠腫であり、米国国立衛生研究所(NIH)の機関である国立がん研究所(NCI)および国立ヒトゲノム研究所の主導により、がんゲノムアトラス研究(TCGA) ネットワークが初めて系統的に解析したがんである。本解析の初期成果は、有意な変異遺伝子の同定を含め、2008年に報告された。2013年には、TCGAによるGBM の解析はさらに複数の有意な変異遺伝子の同定へと拡大された。2015年6月10日にNew England Journal of Medicine誌で発表された新たな研究では、TCGAの研究者らが300例近くのびまん性低~中悪性度神経膠腫(両方併せて悪性度の比較的低い神経膠腫[LGG]を構成する)を解析した。LGGは、主に成人に発症し、星細胞腫、乏突起膠腫、乏突起星細胞腫が含まれる。腫瘍の性質が高度に浸潤性かつびまん性であることから、完全な外科的除去はほぼ不可能であり、残存腫瘍は腫瘍の拡大や疾患進行に至る可能性があるが、そのスピードはさまざまである。GBMとは異なり、これらの腫瘍臨床的挙動は様々であり、一部のLGG は数カ月以内にGBMに進行するが、その他は数年にわたり安定した状態を保つ。このような臨床的な差異を本腫瘍細胞が顕微鏡下でどのように見えるかによって予測することは容易ではないが、これらの腫瘍の分子構造と臨床的挙動との潜在的関係性は包括的に調査されてはいない。

LGGについては、TCGAの研究者らが臨床転帰と関連性のある反復突然変異、および染色体コピー数の変化を発見した。研究者らは、1番染色体の短腕、19番染色体の長腕の同時欠失を特徴とする1p19q共欠損と呼ばれる特定の染色体異常に焦点を合わせた。この異常は、より良好な臨床転帰と関連性がある。また1p19q共欠損のある腫瘍はIDH1、IDH2遺伝子の突然変異が高頻度で、この組み合わせが最も良好な臨床転帰と関連性があった。IDH突然変異のない大多数の患者には、GBMに同様のゲノム異常が著しく示され、同様に転帰不良であった。これらの研究結果から、このLGGのサブタイプは、一部のGBMの前駆病変である可能性が示唆される。最近の研究は、IDH1、IDH2タンパク 質の突然変異型を阻害する薬の開発を目的としており、侵襲性の低いLGGの分子サブタイプを有する患者にベネフィットをもたらす可能性がある。これとは逆に、IDH突然変異のないLGGは、分子的、臨床的にGBMと類似しているため、このような腫瘍を有する患者では、GBM患者に用いられる治療法によってベネフィットが得られる可能性がある。LGG研究の責任著者であるアトランタ、エモリー大学病院のDaniel J. Brat 医学博士は、患者が最適な治療を受けられる様、この研究は病理診断に用いる分子データを組み入れ、関連するLGG分類の再定義に役立つであろう、と述べている。

原文

翻訳担当者 近藤あゆ美

監修 西川 亮(脳腫瘍/埼玉医科大学国際医療センター)

原文を見る

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

脳腫瘍に関連する記事

FDAが再発/難治性のBRAF変異陽性小児低悪性度神経膠腫にトボラフェニブを迅速承認の画像

FDAが再発/難治性のBRAF変異陽性小児低悪性度神経膠腫にトボラフェニブを迅速承認

米国食品医薬品局(FDA)2024年4月23日、米国食品医薬品局(FDA)は、BRAF融合遺伝子または遺伝子再構成、あるいはBRAF V600変異を有する生後6カ月以上の再発または難治...
膠芽腫への放射線療法併用AZD1390の安全性と有効性を示す第1相試験の画像

膠芽腫への放射線療法併用AZD1390の安全性と有効性を示す第1相試験

毛細血管拡張性運動失調症変異(ATM)キナーゼ阻害薬であるAZD1390は、標準治療の放射線治療と併用した場合、再発および新規診断の膠芽腫(GBM)患者において管理可能な安全性プロファ...
髄膜腫の治療選択に遺伝子シグネチャーが役立つ可能性の画像

髄膜腫の治療選択に遺伝子シグネチャーが役立つ可能性

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ物事を見かけで判断してはならない。腫瘍も顕微鏡で見た細胞の様子だけでは判断できないことが、次第にわかってきている。

成人の原発性脳腫瘍の中で最...
膠芽腫に対する効率的な第2相アダプティブ(適応型)臨床試験の画像

膠芽腫に対する効率的な第2相アダプティブ(適応型)臨床試験

ダナファーバーがん研究所膠芽腫の新たな治療法を見出すことを目的とした革新的な第2相臨床試験が、ダナファーバーがん研究所の主導のもと、全米の脳腫瘍センター主要10施設との協力で行なわれ、...