膀胱がん

FDAが尿路上皮がんでのアテゾリズマブとペムブロリズマブの使用を制限の画像

FDAが尿路上皮がんでのアテゾリズマブとペムブロリズマブの使用を制限

米国食品医薬品局(FDA)は、シスプラチンを含む化学療法に適格でない局所進行または転移性尿路上皮がん患者に対して、アテゾリズマブおよびペムブロリズマブの使用を制限した。   転移性尿路上皮がん患者を対象とした臨床試験において、前治
Erdafitinibは、FGFR3変異陽性の進行尿路上皮がんに有望の画像

Erdafitinibは、FGFR3変異陽性の進行尿路上皮がんに有望

MDアンダーソン主導の第2相試験では、免疫療法で効果が得られなかった患者にFGFR阻害剤が有効である可能性が示唆される   テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究者主導の国際第2相試験で、FGFR3遺伝子の変異を有する転移
膀胱がん再発防止に2種のアプローチ:ゲムシタビン膀胱内洗浄、マイトマイシンCの画像

膀胱がん再発防止に2種のアプローチ:ゲムシタビン膀胱内洗浄、マイトマイシンC

膀胱がん切除術後に化学療法薬ゲムシタビン(ジェムザール)を用いた膀胱内洗浄が腫瘍再発リスクを低減させる可能性があることが大規模臨床試験で明らかになった。   本試験では、術後にゲムシタビンを膀胱内にカテーテルで単回投与した低悪性度
PD-L1低発現尿路上皮がんではペムブロリズマブ、アテゾリズマブ単剤で生存率低下の画像

PD-L1低発現尿路上皮がんではペムブロリズマブ、アテゾリズマブ単剤で生存率低下

2018年5月18日 対象読者: 腫瘍医、薬剤師、リスクマネージャー 問題点:米国食品医薬品局(FDA)は、医療従事者、がん臨床試験責任医師、および一般に対して、転移性尿路上皮がん患者を対象とした臨床試験において、前治療歴がなく、プログラム
Atezolizumab免疫療法後の膀胱がん患者の新たな生存予測モデルの画像

Atezolizumab免疫療法後の膀胱がん患者の新たな生存予測モデル

要約には抄録にない最新データを掲載   専門家の見解 「免疫療法の進歩は過去10年間で急速に進み、以前は治療が困難であった膀胱がんなどの多くのがんの治療に素晴らしい成功を収めています。しかし、免疫治療法に対し長期的な治療効果が得ら
膀胱がん再発を予測する新しい簡易検査が考案の画像

膀胱がん再発を予測する新しい簡易検査が考案

British Journal of Cancer誌に掲載された論文によると、既存の検査法よりも早期かつ正確に膀胱がんの再発を感知する簡易検査が考案された。   リヨン大学病院の研究者らは、膀胱がん患者348人の尿でTERTと呼ば
FDAが進行または転移性尿路上皮がんにペムブロリズマブを承認の画像

FDAが進行または転移性尿路上皮がんにペムブロリズマブを承認

米国食品医薬品局(FDA)は2017年5月18日、プラチナベースの化学療法施行中もしくは施行後、またはプラチナベースの術前もしくは術後化学療法施行後12カ月以内に病勢が進行した局所進行または転移性尿路上皮がん患者に対し、ペムブロリズマブ(商
FDAが尿路上皮がんにアベルマブを迅速承認の画像

FDAが尿路上皮がんにアベルマブを迅速承認

米国食品医薬品局(FDA)は2017年5月9日、プラチナベース化学療法による治療中または治療後に病勢進行が認められた局所進行または転移性の尿路上皮がん患者、およびプラチナベースの術前または術後補助化学療法から12カ月以内に病勢進行が認められ
FDAが尿路上皮がんにdurvalumabを迅速承認の画像

FDAが尿路上皮がんにdurvalumabを迅速承認

米国食品医薬品局(FDA)は2017年5月1日、プラチナべース化学療法による治療中または治療後に病勢進行を認めた局所進行または転移性の尿路上皮がん患者、またはプラチナベースの術前または術後補助化学療法から12カ月以内に病勢進行を認めた同疾患
FDA、尿路上皮がんにニボルマブを迅速承認の画像

FDA、尿路上皮がんにニボルマブを迅速承認

米国食品医薬品局(FDA)は2017年2月2日、プラチナ製剤による化学療法中または化学療法後に病勢進行が認められるか、プラチナ製剤による術前化学療法または術後化学療法の開始後12カ月以内に病勢進行が認められる局所進行または転移性の尿路上皮が
シスプラチンによる化学療法不適格な尿路上皮がんの一次治療に対するアテゾリズマブを優先審査の画像

シスプラチンによる化学療法不適格な尿路上皮がんの一次治療に対するアテゾリズマブを優先審査

進行性膀胱がんおけるアテゾリズマブについて2回目の優先審査が許可された   2017年1月8日、ロシュ・グループの一員であるGenentech社は、米国食品医薬品局(FDA)が、Genentech社の生物製剤承認一部変更申請(sB
尿路上皮がん―2016年11-12月号の画像

尿路上皮がん―2016年11-12月号

MDアンダーソン OncoLog 2016年11-12月号(Volume 61 / Issue 11-12)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です
ピオグリタゾン含有製剤が膀胱がんリスク上昇と関連、FDA情報改訂の画像

ピオグリタゾン含有製剤が膀胱がんリスク上昇と関連、FDA情報改訂

[2016年12月12日]   内科、内分泌科、泌尿器科向け   問題点:FDAは再調査の結果、2型糖尿病治療薬であるピオグリタゾン(アクトス、ACTOplus met、 ACTOplus met XR、Duetact、Oseni )の使用
免疫チェックポイント阻害剤で26~38%転移膀胱癌が縮小の画像

免疫チェックポイント阻害剤で26~38%転移膀胱癌が縮小

3群比較試験の初期段階で、併用免疫療法が転移性膀胱がんの患者において26~38%の奏効率を実現していることが、メリーランド州ナショナルハーバーで開催された2016年がん免疫学会(Society for Immunotherapy of Ca
ニボルマブは転移性膀胱がん患者の腫瘍負荷を軽減するの画像

ニボルマブは転移性膀胱がん患者の腫瘍負荷を軽減する

MDアンダーソン OncoLog 2016年7月号(Volume 61 / Issue7)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL &
FDAが白金治療後の転移性尿路上皮がんにアテゾリズマブを承認の画像

FDAが白金治療後の転移性尿路上皮がんにアテゾリズマブを承認

速報 米国食品医薬品局(FDA)は、本日、膀胱がんの一種である尿路上皮がんに対して、atezolizumab[アテゾリズマブ](商品名:Tecentriq)を承認した。アテゾリズマブはPD-1/PD-L1阻害剤としては初めてこの種
糖尿病治療薬が膀胱がんリスクの上昇と関連の画像

糖尿病治療薬が膀胱がんリスクの上昇と関連

英国医療サービス(NHS)  「糖尿病治療薬のピオグリタゾンは膀胱がんのリスクを63%上昇させる」と英国デイリー・テレグラフ紙が報じた。 現実的には実際のリスクの増加は小さいものの、この結果は医師と患者の双方にとって処方
尿路上皮がんに対するアテゾリズマブのFDA承認の画像

尿路上皮がんに対するアテゾリズマブのFDA承認

Oncology Approved Drug 2016年5月18日、米国食品医薬品局(FDA)は、プラチナ製剤を含む化学療法中または療法後に病状が進行した、あるいは、プラチナ製剤を含む術前または術後の化学療法後12カ月以内に病状が
atezolizumabが局所進行・転移性尿路上皮がんに有効の画像

atezolizumabが局所進行・転移性尿路上皮がんに有効

プラチナベースの化学療法後に進行した患者を対象とする第2相試験結果    ・議題:泌尿生殖器がん/免疫腫瘍学   Atezolizumab[アテゾリズマブ]は、プラチナベースの化学療法後に進行した局所進行、および転移性尿
Atezolizumabは進行膀胱がんに対し、長期間持続する抗腫瘍効果を示すの画像

Atezolizumabは進行膀胱がんに対し、長期間持続する抗腫瘍効果を示す

キャンサーコンサルタンツ現在、研究段階である免疫療法薬atezolizumab[アテゾリズマブ]は、進行膀胱がん患者において高い確率で抗腫瘍効果を示す。これらの結果は、米国臨床腫瘍学会2016年泌尿生殖器がんシンポジウム(ASCO GU)で
治験中の免疫治療が膀胱がんの生存期間を延長の画像

治験中の免疫治療が膀胱がんの生存期間を延長

プラチナ製剤ベースの化学療法後に転移性膀胱がんが進行した患者のうち、治験中のテーラーメイドペプチドがんワクチンと最善の支持療法(best supportive care: BSC)を受けた患者は、BSCのみを受けた患者と比較して全生存期間が
新規薬剤atezolizumabが転移性尿路上皮がんに有望の画像

新規薬剤atezolizumabが転移性尿路上皮がんに有望

転移性尿路上皮がんに対する、PD-L1標的薬atezolizumabによる二次治療についての第2相IMvigor 210試験で、主要評価項目であるRESIST 1.1基準による全奏効率を達成  議題:泌尿生殖器がん/免疫腫瘍学  
BCG不応性膀胱がん患者に新たな遺伝子治療(Syn3併用インターフェロンα-2b組換えアデノウイルス)が有望の画像

BCG不応性膀胱がん患者に新たな遺伝子治療(Syn3併用インターフェロンα-2b組換えアデノウイルス)が有望

MDアンダーソン OncoLog 2015年8月号(Volume 60 / Number8)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
パゾパニブ+パクリタキセルが再発性・難治性膀胱がん治療に有望の画像

パゾパニブ+パクリタキセルが再発性・難治性膀胱がん治療に有望

キャンサーコンサルタンツパゾパニブ(ヴォトリエント)+パクリタキセル(タキソール)の併用療法は、既存の治療後に奏効しなかったか、再発した膀胱がんに対し有効である可能性がある。この知見は、フロリダ州オーランドで2月26~28日に開催された20