Daratumumab and Hyaluronidase-fihj[ダラツムマブとヒアルロニダーゼの合剤]

このページは、Daratumumab and Hyaluronidase-fihj[ダラツムマブとヒアルロニダーゼの合剤]の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。

米国の商標 Darzalex Faspro
FDA承認 承認済み

FDA承認済み適応一覧

薬剤添付文書はこちらDailyMed

FDA承認ニュース

FDAが多発性骨髄腫にダラツムマブとヒアルロニダーゼの合剤を承認

適応となるがん

ダラツムマブとヒアルロニダーゼの合剤は、以下の治療に単剤または他剤との併用で承認されています。

多発性骨髄腫

・自家幹細胞移植を受けることができない、新たに診断された成人患者に、ボルテゾミブ、メルファラン、プレドニゾンとの併用またはレナリドミドおよびデキサメタゾンとの併用で使用されます。

・再発・難治性の多発性骨髄腫の成人患者

-1回以上の治療歴のある患者に、デキサメタゾンおよびレナリドミドとの併用またはデキサメタゾンおよびボルテゾミブとの併用で使用されます。

-プロテアソーム阻害剤と免疫調節剤を含む3種類以上の治療歴のある患者、またはプロテアソーム阻害剤と免疫調節剤の両方に不応の患者に単剤で使用されます。

ダラツムマブとヒアルロニダーゼの合剤は、皮下注射として投与されるダラツムマブ製剤です。本製剤は、点滴で投与されるダラツムマブより短時間で投与できます。これによりそれぞれの治療を受ける時間が短縮されます。ダラツムマブとヒアルロニダーゼの合剤に適用されるダラツムマブの詳細については、ダラツムマブの薬剤情報をご覧ください。

ダラツムマブとヒアルロニダーゼの合剤は、他のがん種の治療についても試験が行われています。

Daratumumab and Hyaluronidase-fihj[ダラツムマブとヒアルロニダーゼの合剤]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典による定義(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名

【ファクトシート】モノクローナル抗体(2019/09/24)(原文)-この治療薬をがんに使用する際の情報

研究結果

―――

現在行われている臨床試験

ダラツムマブとヒアルロニダーゼの合剤に関する臨床試験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

原文掲載日:

海外がん医療情報リファレンス

関連記事