Nivolumab | 海外がん医療情報リファレンス

Nivolumab[ニボルマブ]

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

Nivolumab[ニボルマブ]

このページは、 ニボルマブの簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在 進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。

米国の商標
Opdivo[オプジーボ]
FDA承認
承認済み

FDA承認済み適応一覧

ニボルマブを頭頸部がんに拡大承認2016/11/10
古典型ホジキンリンパ腫に承認2016/5/17
腎細胞がんに対するニボルマブのFDA承認2015/11/23
非扁平上皮非小細胞肺がんに対するニボルマブのFDA承認2015/10/09
メラノーマ治療に対するニボルマブのイピリムマブ併用療法のFDA承認2015/09/30
扁平上皮非小細胞肺がん治療に対するニボルマブのFDA承認2015/03/04
メラノーマ治療に対するニボルマブのFDA承認2014/12/22

FDA承認ニュース

FDA、ニボルマブを頭頸部がんに拡大承認

FDAが進行腎臓がんの治療薬としてニボルマブを承認

FDAが進行肺がんの治療にニボルマブの適応拡大を承認

FDAが切除不能または転移性のBRAF V600野生型メラノーマ患者に対しニボルマブとイピリムマブの併用療法を承認

FDAが進行肺扁平上皮癌の治療にニボルマブの適応拡大を承認

FDAが進行性メラノーマの治療にニボルマブを承認

適応となるがん

ニボルマブは以下の治療において承認されています。

・切除不能または転移したメラノーマ。
・がんが特定のBRAF遺伝子変異を有さない患者に対し、イピリムマブと併用して使用されます。
・イピリムマブおよび(がんが特定のBRAF遺伝子変異を有する場合に)BRAF阻害薬という抗がん剤で治療した後に、がんが増悪した患者のみに使用されます。

・転移した非小細胞肺がん。プラチナ製剤による化学療法の治療中または治療後にがんが増悪した患者に使用されます。特定の遺伝子変異を有するがん患者は、遺伝子変異に対しFDAが承認した治療を受けた後に増悪した場合にのみ、ニボルマブによる治療を受けるべきです。

・進行した腎細胞がん(腎臓がんの一種)。血管新生阻害薬による治療を受けた患者に対して使用されます。

ニボルマブは、その他のがんの治療にも試験が行われています。

ニボルマブに関する詳細情報

 NCI治療薬辞典による定義(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
ニボルマブに関するMedilinePlusの情報(原文)-この治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。

・この治療薬に対するFDAからの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け 『薬剤情報』 では、承認された用法のみ記載していますが、これらの情報は現在試験が行われている未承認の使用法に対しても適応となる可能性があります。

【ファクトシート】がんの分子標的治療:Q&A(日本語)-この治療薬をがんに使用する際の情報

研究結果

【臨床試験結果】Nivolumab-Based Treatments Delay Progression of Advanced Melanoma[ニボルマブベースの治療は進行したメラノーマの進行を遅延](2015/06/26)(原文)- この治療薬に関する重要な臨床試験結果、背景や試験実施方法についての情報
【臨床試験結果】ニボルマブはBRAF変異のない転移性メラノーマ患者の全生存期間を改善(2015/01/06)(日本語訳)-この治療薬に対する重要な臨床試験結果、背景や試験実施方法についての情報
【がんトピック】New Therapies Are Changing the Outlook for Advanced Melanoma [変わり続ける新しい治療法 - 進行性メラノーマ治療の展望](2014/12/23)(原文)–この治療薬に対するNCIからの情報

現在行われている臨床試験

ニボルマブに関する臨床試験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

重要このウェブページ上の治療薬情報は、教育目的で記載されており、医師による診断の代用となるものではありません。ここでの情報は、この治療薬の使用法、作用、相互作用、副作用や、服用上の注意をすべて記載しているわけではありませんので、各個人の病状や、それに伴う薬剤の使用については、かかりつけの医師や薬剤師にご確認ください。

原文掲載日

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

>

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他