Infigratinib[インフィグラチニブ]

このページは、Infigratinib[インフィグラチニブ]の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。

米国の商標 Truseltiq
FDA承認 承認済み

FDA承認済み適応一覧

薬剤添付文書はこちらDailyMed

FDA承認ニュース

FDAがFGFR2融合遺伝子陽性切除不能胆管がんにインフィグラチニブを承認

適応となるがん

インフィグラチニブは、以下の治療に承認されています。

・転移し手術で切除不能な胆管がん。治療歴があり、FGFR2遺伝子融合またはFGFR2遺伝子に他の構造変化を有する成人患者に使用されます。

インフィグラチニブは、FDAの迅速承認プログラムの下で承認されています。承認の条件として、検証的試験により本剤がこれらの患者に臨床的有用性をもたらすことが示されなければなりません。

インフィグラチニブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。

Infigratinib[インフィグラチニブ]に関する詳細情報

 NCI治療薬辞典による定義(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する他の名称など記載

【ファクトシート】がんの分子標的薬(日本語訳)-この治療薬をがんに使用する際の情報

研究結果

―――

現在行われている臨床試験

インフィグラチニブに関する臨床試験を検索(原文)-現在、患者を募集しているNCIがん臨床試験の一覧

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

原文掲載日:

海外がん医療情報リファレンス

関連記事