FDA(米国食品医薬品局)

FDAが多発性骨髄腫にレナリドミド+Dex併用でカルフィルゾミブを承認の画像

FDAが多発性骨髄腫にレナリドミド+Dex併用でカルフィルゾミブを承認

Oncology Approved Drug 2015年7月24日、米国食品医薬品局(FDA)は、1~3種類の治療歴のある再発した多発性骨髄腫の患者に対する治療として、carfilzomib[カルフィルゾミブ](商品名:Kypro
FDAが治療歴のある多発性骨髄腫患者の治療にダラツムマブを承認の画像

FDAが治療歴のある多発性骨髄腫患者の治療にダラツムマブを承認

速報 本日、米国食品医薬品局(FDA)は、少なくとも3回の治療歴がある多発性骨髄腫患者の治療薬としてdaratumumab[ダラツムマブ](商品名Darzalex)を迅速承認した。ダラツムマブは、多発性骨髄腫治療を目的に承認された
FDAが脂肪肉腫および平滑筋肉腫の治療にトラベクテジンを承認の画像

FDAが脂肪肉腫および平滑筋肉腫の治療にトラベクテジンを承認

速報 米国食品医薬品局(FDA)は本日、外科手術による切除が不可能または進行した特定の軟部肉腫(脂肪肉腫および平滑筋肉腫)を治療する化学療法として、トラベクテジン(商品名:ヨンデリス) を承認した。本治療法は、アントラサイクリンを
FDAが脂肪肉腫の治療にエリブリンメシル酸塩を承認の画像

FDAが脂肪肉腫の治療にエリブリンメシル酸塩を承認

速報 米国食品医薬品局(FDA)は1月28日、手術で取り除くことができない(切除不能)もしくは進行性(転移性)の脂肪肉腫(軟部肉腫の一種)の治療として、化学療法のひとつであるエリブリンメシル酸塩(商品名:ハラヴェン)を承認した。こ
FDAが乳がん化学療法による脱毛予防にDigniCap販売を承認の画像

FDAが乳がん化学療法による脱毛予防にDigniCap販売を承認

速報 米国食品医薬品局(FDA)は本日、化学療法を受ける女性乳がん患者の脱毛(脱毛症)を減らせる初めての冷却キャップ(商品名:DigniCap[ディグニキャップ])を米国内で販売することを承認した。 脱毛は、乳がんの治療
FDAが進行大腸がんに経口薬トリフルリジン・チピラシル塩酸塩配合錠を承認の画像

FDAが進行大腸がんに経口薬トリフルリジン・チピラシル塩酸塩配合錠を承認

速報 米国食品医薬品局(FDA)は本日、他の治療法に反応しない進行大腸がん患者を適応として、トリフルリジン・チピラシル塩酸塩配合錠(商品名:ロンサーフ)を承認した。 「ここ10年で、多くの場合に恐ろしい疾患となる大腸がん
FDAが転移性メラノーマの一次治療にペムブロリズマブを承認の画像

FDAが転移性メラノーマの一次治療にペムブロリズマブを承認

Oncology  Approved Drugs 米国食品医薬品局(FDA)は12月18日、pembrolizumab[ペムブロリズマブ](商品名:Keytruda[キイトルーダ]注射剤、Merck Sharp & Dohme Co
FDAがALK陽性肺がんの新規経口治療薬としてアレクチニブを承認の画像

FDAがALK陽性肺がんの新規経口治療薬としてアレクチニブを承認

速報 米国食品医薬品局(FDA)は本日、クリゾチニブ(商品名:ザーコリ)と呼ばれる薬剤による治療後に病勢が悪化した、またはクリゾチニブ治療を認容できない進行(転移性)ALK陽性非小細胞肺がん(NSCLC)患者を適応としてアレクチニ
FDAが化学療法剤の過剰投与に緊急治療薬ウリジン・トリアセテートを承認の画像

FDAが化学療法剤の過剰投与に緊急治療薬ウリジン・トリアセテートを承認

速報 米国食品医薬品局(FDA)は、本日、小児および成人患者へのフルオロウラシルまたはカペシタビンの過剰投与、あるいはこれらの抗がん剤投与後4日以内に発現した重度または致死的な毒性に対する緊急治療として初めてuridine tri
FDAが多発性骨髄腫の治療にエロツズマブを承認の画像

FDAが多発性骨髄腫の治療にエロツズマブを承認

Oncology Approved Drugs 2015年11月30日、米国食品医薬品局(FDA)は以前に1~3種類の治療を受けたことがある多発性骨髄腫患者を適応として、レナリドミドおよびデキサメタゾンとの併用でエロツズマブ[El
FDAが転移、扁平上皮非小細胞肺癌の一次治療にNecitumumabを承認の画像

FDAが転移、扁平上皮非小細胞肺癌の一次治療にNecitumumabを承認

Oncology Approved Drug   2015年11月24日、米国食品医薬品局(FDA)は転移を有する扁平上皮非小細胞肺がん(扁平上皮NSCLC)患者の一次治療(または初回治療)として、ゲムシタビンとシスプラチンに加え
FDAが進行腎臓がんの治療薬としてニボルマブを承認の画像

FDAが進行腎臓がんの治療薬としてニボルマブを承認

速報 米国食品医薬品局(FDA)は本日、前治療歴を有する進行(転移性)腎細胞がん(腎臓がんの一種)患者への治療薬として、ニボルマブ(商品名:オプジーボ)を承認した。 「ニボルマブは、腎細胞がんの治療において生存期間延長が
FDAが多発性骨髄腫の治療に新しい免疫賦活薬エロツズマブを承認の画像

FDAが多発性骨髄腫の治療に新しい免疫賦活薬エロツズマブを承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース米国食品医薬品局(FDA)は本日、1〜3種類の薬物治療を受けたことがある多発性骨髄腫患者の治療薬として、2種類の他の治療薬との併用でelotuzumab[エロツズマブ](米国商品名:Empliciti)を承
FDAがEGFR T790M変異陽性肺がんにosimertinibを承認の画像

FDAがEGFR T790M変異陽性肺がんにosimertinibを承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース新たな診断薬を用い、新治療薬が標的とする特定の遺伝子変異を同定する速報米国食品医薬品局(FDA)は、11月13日、進行性非小細胞肺がん(NSCLC)患者に対する経口治療薬osimertinib[オシメリチニ
FDAが多発性骨髄腫の治療にダラツムマブ注射薬を承認の画像

FDAが多発性骨髄腫の治療にダラツムマブ注射薬を承認

米国食品医薬品局(FDA) Oncology Approved Drug2015年11月16日、米国食品医薬品局(FDA)は、プロテアソーム阻害剤(PI)や免疫調節薬などを含む3種以上の治療歴がある多発性骨髄腫患者、ならびにPIおよび免疫調
FDAが悪性黒色腫(メラノーマ)の治療にコビメチニブを承認の画像

FDAが悪性黒色腫(メラノーマ)の治療にコビメチニブを承認

米国食品医薬品局(FDA) Oncology Approved Drug米国食品医薬品局(FDA)は、2015年11月10日、 BRAF V600EまたはV600K変異を有する切除不能または転移性の悪性黒色腫(メラノーマ)患者の治療に対し、
FDAが進行膵臓がんの治療にイリノテカンリポソーム注射剤を承認の画像

FDAが進行膵臓がんの治療にイリノテカンリポソーム注射剤を承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース米国食品医薬品局(FDA)は本日、ゲムシタビンベース化学療法の治療歴がある進行(転移)膵臓がん患者の治療を目的として、フルオロウラシル+ロイコボリンとの併用下でのイリノテカンリポソーム注射剤(商品名:Oni
FDAが術後メラノーマの再発予防にイピリムマブを承認の画像

FDAが術後メラノーマの再発予防にイピリムマブを承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース 米国食品医薬品局(FDA)は本日、術後のメラノーマ(悪性黒色腫)再発リスクを抑えるため、イピリムマブ[ipilimumab](商品名:ヤーボイ[Yervoy])の適応を拡大し、新たにステージ3メラノーマ患
FDAが進行皮膚がんにベムラフェニブとコビメチニブ併用療法を承認の画像

FDAが進行皮膚がんにベムラフェニブとコビメチニブ併用療法を承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース米国食品医薬品局(FDA)は本日、特定の異常遺伝子(BRAF V600EまたはV600K変異)を有し、他の部位へ転移した、または切除不能である進行期メラノーマ(悪性黒色腫)の治療に、ベムラフェニブとの併用で
FDAがメラノーマに初の腫瘍溶解性ウイルス療法を承認の画像

FDAがメラノーマに初の腫瘍溶解性ウイルス療法を承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース米国食品医薬品局(FDA)は本日、皮膚およびリンパ節におけるメラノーマ(悪性黒色腫)病変の治療薬としてtalimogene laherparepvec(商品名:Imlygic)を承認した。腫瘍溶解性ウイルス
FDAが転移性膵腺がんの治療にイリノテカンリポソーム注射剤を承認の画像

FDAが転移性膵腺がんの治療にイリノテカンリポソーム注射剤を承認

米国食品医薬品局(FDA) Oncology Approved Drug米国食品医薬品局(FDA)は、2015年10月22日、ゲムシタビンを含む治療後に増悪した転移性膵腺がん患者の治療薬として、イリノテカンリポソーム注射剤(商品名:Oniv
FDAが進行肺がんの治療にニボルマブの適応拡大を承認の画像

FDAが進行肺がんの治療にニボルマブの適応拡大を承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース 扁平上皮および非扁平上皮非小細胞肺がんでニボルマブの延命効果が明らかに 米国食品医薬品局(FDA)は、本日、進行性(転移性)非小細胞肺がんで、プラチナ製剤の化学療法を施行中または施行後に増悪した患者の治療
FDAが進行非小細胞肺がんの治療にペムブロリズマブを承認の画像

FDAが進行非小細胞肺がんの治療にペムブロリズマブを承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース PD-L1が発現した肺がん患者に対する初の薬剤が承認された。 米国食品医薬品局(FDA)は、2015年10月2日、pembrolizumab[ペムブロリズマブ](商品名:Keytruda[キイトルーダ])
FDAが切除不能または転移性のBRAF V600野生型メラノーマ患者に対しニボルマブとイピリムマブの併用療法を承認の画像

FDAが切除不能または転移性のBRAF V600野生型メラノーマ患者に対しニボルマブとイピリムマブの併用療法を承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース2015年9月30日、米国食品医薬局(FDA)はBRAF V600野生型で切除不能または転移性の悪性黒色腫(メラノーマ)患者を対象とした、ニボルマブ(商品名:オプジーボ注射剤、ブリストル・マイヤーズスクイブ