発信元

米国臨床腫瘍学会(ASCO)消化器がんシンポジウム2024演題の画像

米国臨床腫瘍学会(ASCO)消化器がんシンポジウム2024演題

米国臨床腫瘍学会(ASCO)2024年米国臨床腫瘍学会(ASCO)消化器がんシンポジウムの公式プレス発表で、消化器がんの新たな治療法を検討した6つの試験が注目されている。大腸がんにおけ...
HER2陽性の転移乳がんにツカチニブ+トラスツズマブ エムタンシン併用が有益の画像

HER2陽性の転移乳がんにツカチニブ+トラスツズマブ エムタンシン併用が有益

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)切除不能な局所進行または転移のあるHER2陽性乳がんに対して、tucatinib[ツカチニブ](米国販売名:Tu...
HR陽性乳がんへの妊よう性温存法/生殖補助医療で再発リスクは高まらない可能性の画像

HR陽性乳がんへの妊よう性温存法/生殖補助医療で再発リスクは高まらない可能性

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)ホルモン療法を一時中断した妊婦患者における妊娠およびがんの転帰を調査した試験妊娠のためにホルモン療法を一...
乳がん術前化学療法により領域リンパ節照射を省略できる可能性の画像

乳がん術前化学療法により領域リンパ節照射を省略できる可能性

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)術前療法後にリンパ節からがんが消失した患者では治療の段階的縮小が選択肢に術前化学療法後にリンパ節転移陽性...
切除不能な大腸がんへの免疫療法薬は治療中止後も効果が持続の画像

切除不能な大腸がんへの免疫療法薬は治療中止後も効果が持続

米国がん学会(AACR)免疫チェックポイント阻害薬(ICI)による初回治療中にがんが進行しなかった切除不能大腸がんの大多数は、治療中止後2年経過しても病勢進行が認められなかったという結...
‘NCI-MATCH’ の次に来るものは?ー最新の精密医療がん臨床試験の画像

‘NCI-MATCH’ の次に来るものは?ー最新の精密医療がん臨床試験

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ8年以上前、NCIは、世界初の精密医療がん臨床試験であるNCI-MATCHに着手した。NCI-MATCHは、腫瘍に特定の遺伝子変異が存在する...
運動により転移乳がんのQOLが向上する可能性の画像

運動により転移乳がんのQOLが向上する可能性

米国がん学会(AACR) サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS)転移性疾患の治療は無期限に続く可能性があり、効果的な介入の必要性が高まる

2023年12月5-9日開催のサンアント...
術後放射線療法を省略しても、低リスクDCIS乳がんの再発/進行に影響しないの画像

術後放射線療法を省略しても、低リスクDCIS乳がんの再発/進行に影響しない

米国がん学会(AACR) サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS)MRIとDCIS遺伝子プロファイルを用いて治療対象の患者を層別化

2023年12月5日から9日まで開催されたサンア...
がん研究のデータの旅の画像

がん研究のデータの旅

なぜがん研究にデータが重要なのか?米国国立がん研究センター(NCI)で、研究がデータによって推進される理由を説明するため、命を吹き込まれた1つのゲノムデータ、Datumを紹介します。

NCIのデータ・サイエンス・リソースとイニシアチブを通じたデータムの旅の全ては以下をご覧ください。
https://bit.ly/41lnfIn



このビデオは科学を専門としない一般向けです。がん研究におけるデータ活用の背景を紹介することを目的としています。
比較的若い閉経後早期乳がんにも術後放射線は省略可の画像

比較的若い閉経後早期乳がんにも術後放射線は省略可

米国がん学会(AACR) サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS2023)5年間の追跡調査後の結果で、長期的研究が必要と判断されたステージIのホルモン受容体(HR)陽性乳...
【JAMT Café】紅茶の健康効果の画像

【JAMT Café】紅茶の健康効果

【JAMT Café】(ジャムティ・カフェ)  『海外がん医療情報リファレンス』の記事を取り上げ、専門家がわかりやすく解説します。


■■今回ご紹介する動画・記事■■■■
動画「紅茶の健康効果:NCIミニット」
   https://www.cancerit.jp/gann-kiji-itiran/gann-seikatu-undou-syokuji/post-14984.html
記事「紅茶の健康効果を示唆するNCI研究結果」
   https://www.cancerit.jp/gann-kiji-itiran/gann-seikatu-undou-syokuji/post-73121.html


■■解説■■■■■■■■■■■■■■
久保田馨先生(日本医科大学呼吸ケアクリニック 副所長/臨床腫瘍部門長、JAMT理事長)


■■目次■■■■■■■■■■■■■■
00:22 今日ご紹介する記事
01:21  どのような研究か?
02:27  研究結果
03:20  なぜ紅茶が健康にいいのか?
04:23  研究の結論
05:00  お茶以外で健康に良いものは?
06:15  サプリでも効果はある?

◆─────────────────◆
一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT・ジャムティ) は、信頼性の高いがんの最新情報をお届けする非営利団体です。 『海外がん医療情報リファレンス』( https://www.cancerit.jp/ )ボランティアサイトを運営しています。

リンパ腫(DLBCL)の二次治療としてCAR-T細胞療法の費用対効果が低い現状の画像

リンパ腫(DLBCL)の二次治療としてCAR-T細胞療法の費用対効果が低い現状

ダナファーバーがん研究所研究概要表題
びまん性大細胞型 B 細胞リンパ腫の二次治療、キメラ抗原受容体 T 細胞療法:費用対効果の分析出版物Annals o...
再発した白血病、リンパ腫にネムタブルチニブが有望の画像

再発した白血病、リンパ腫にネムタブルチニブが有望

オハイオ州立大学総合がんセンターオハイオ州立大学総合がんセンター・アーサーG.ジェイムズがん病院リチャードJ.ソロベ研究所(OSUCCC – James)の研究者らが研究している新しい...
非小細胞肺がん、アロステリックEGFR阻害による薬剤耐性克服の可能性の画像

非小細胞肺がん、アロステリックEGFR阻害による薬剤耐性克服の可能性

ダナファーバーがん研究所アロステリック阻害薬EAI-432は、EGFR変異陽性の非小細胞肺がん(NSCLC)に対する新たな治療法を提供するEAI-432は、ATPポケット以外の部位に結...
進行膀胱がんにエンホルツマブ併用療法が新たな選択肢にの画像

進行膀胱がんにエンホルツマブ併用療法が新たな選択肢に

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ2件の大規模臨床試験の結果によると、進行膀胱がん患者に対する有効な治療選択肢が数十年ぶりに増えた。そのうちの1つの治療法、エンホルツマブ ベ...
化学療法の新しいアプローチ:NCIミニットの画像

化学療法の新しいアプローチ:NCIミニット

この動画では、化学療法の有害な副作用を軽減する可能性のあるがん治療の新しいアプローチに焦点を当てます。
一部の小細胞肺がんにタルラタマブが有効の画像

一部の小細胞肺がんにタルラタマブが有効

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ新しいタイプの標的免疫療法薬が、肺がんの中で最も悪性度の高い小細胞肺がん(SCLC)患者の約3人に1人で腫瘍を縮小させたことが臨床試験の結果...
FDAがデスモイド腫瘍にニロガセスタットを承認の画像

FDAがデスモイド腫瘍にニロガセスタットを承認

米国食品医薬品局(FDA)2023年11月27日、米国食品医薬品局(FDA)は全身治療を必要とする進行性のデスモイド腫瘍の成人患者を対象にニロガセスタット[nirogacestat](...
大腸がんサバイバーの食事に豆を取り入れると腸内環境が改善し免疫・炎症プロセスに好影響の画像

大腸がんサバイバーの食事に豆を取り入れると腸内環境が改善し免疫・炎症プロセスに好影響

MDアンダーソンがんセンター食事に白インゲン豆を加えることで腸内細菌叢(マイクロバイオーム)が多様化し、がんの予防や治療に役立つ可能性

テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの新たな研...
肺温存手術は一部の早期肺がん患者で有効の画像

【JAMT Café】肺温存手術は一部の早期肺がん患者で有効

【JAMT Café】(ジャムティ・カフェ) 
『海外がん医療情報リファレンス』の記事を取り上げ、専門家がわかりやすく解説します。

■今回ご紹介する記事
「肺温存手術は一部の早期肺がん患者で有効」
https://www.cancerit.jp/gann-kiji-itiran/kokyuukigann/haigann/post-11676.html

■解説
久保田馨先生(日本医科大学呼吸ケアクリニック 副所長/臨床腫瘍部門長、JAMT理事長)

<目次>
1:05 肺温存手術とは?
3:26 非劣性ランダム化試験とは?
3:54 この臨床試験について
5:11  臨床試験結果
6:14 日本の状況は?
7:44 アメリカの試験と比べて日本の試験の成績がいいのはなぜ?

◆─────────────────◆
一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT・ジャムティ) は、信頼性の高いがんの最新情報をお届けする非営利団体です。 『海外がん医療情報リファレンス』( https://www.cancerit.jp/ )ボランティアサイトを運営しています。

#肺がん #肺癌 #がん治療 #肺温存手術 #非小細胞肺がん #区域切除 #楔状切除
定位放射線療法(SBRT)と増感剤スーパーオキシドの併用は膵臓がんの治療成績を改善の画像

定位放射線療法(SBRT)と増感剤スーパーオキシドの併用は膵臓がんの治療成績を改善

MDアンダーソンがんセンター高線量の体幹部定位放射線療法に対する腫瘍の放射線感受性を高める局所進行膵臓がんにおいて、増感剤と特定の放射線療法との併用がより効果的で、より高い無増...
FDAがフルベストラント併用で乳がん治療薬カピバセルチブを承認の画像

FDAがフルベストラント併用で乳がん治療薬カピバセルチブを承認

米国食品医薬品局(FDA)2023年11月16日、米国食品医薬品局(FDA)は、転移病変に対し1つ以上のホルモン療法レジメンで進行または術後療法終了後12カ月以内に再発したホルモン受容...
乳がん予防のため閉経後女性にアナストロゾールを推奨の画像

乳がん予防のため閉経後女性にアナストロゾールを推奨

キャンサーリサーチUK乳がん治療薬アナストロゾール(販売名:アリミデックス)は本日、英国でリスクの高い女性の乳がん予防の選択肢として認可された。

推定で289,000人の閉経後女性(その...
FDAが遺伝性がんのリスクを評価する血液検査を承認の画像

FDAが遺伝性がんのリスクを評価する血液検査を承認

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ米国食品医薬品局(FDA)は、特定のがんの発症リスクを高める可能性のある遺伝的な遺伝子変異を検出する血液検査に対して、販売承認を与えた。FD...