網膜芽細胞腫サバイバーが直面する二次癌の危険性

キャンサーコンサルタンツ
2008年12月

網膜芽細胞腫サバイバーは二次癌のリスクが高いと、オランダの研究者らが発表した。この結果は2008年12月17日発行のJournal of National Cancer Institute誌に掲載された。

網膜芽細胞腫は網膜に生じる稀な癌で、大半は乳幼児が罹患する。症例の約30%~40%は、RB1として知られる遺伝子の遺伝的変異によるものであり、残りの60%~70%は遺伝性ではなく、RB1遺伝子における散発性の変異によるものだと考えられている。

患者に網膜芽細胞腫の家族歴がある場合や網膜芽細胞腫が両眼を侵している場合、遺伝性網膜芽細胞腫が疑われる。遺伝性網膜芽細胞腫サバイバーには二次癌が生じるリスクがあることが知られているが、長期の追跡調査結果を明らかにした試験はほとんどない。

数十年にわたってフォローアップされた数人も含め、網膜芽細胞腫サバイバーにおける二次癌リスクを調査するために、オランダの研究者らは1945年から2005年の間に網膜芽細胞腫と診断された668人を対象とした研究を行った。その内容は、網膜芽細胞腫サバイバーにおける二次癌リスクと一般のオランダ人における二次癌リスクを比較するものである。

・遺伝性網膜芽細胞腫サバイバーの二次癌リスクは、一般集団と比べ20倍高かった。遺伝性網膜芽細胞腫を治療するために放射線治療を受けた患者群においては、癌の続発リスクがさらに高かった。

・遺伝性網膜芽細胞腫の診断を受けてから、40年以内に二次癌を発症したサバイバーは28%にのぼるという結果が示された。一般集団と比べて網膜芽細胞腫サバイバーに多く見られる癌の種類には、骨肉腫・軟部肉腫・メラノーマ・膀胱癌・肺癌が含まれる。

・非遺伝性の網膜芽細胞腫サバイバーでは、二次癌リスクはわずかに上昇した(一般集団と比較して、そのリスクは2倍弱)。しかし、この結果は統計学的な有意水準を満たしておらず、単なる偶然であったかもしれない。

コメント:この研究は網膜芽細胞腫サバイバーが二次癌を発症するリスクに関する付加情報を提供している。遺伝性網膜芽細胞腫サバイバーは、二次癌の発症がないかを定期的に検診すべきである。

参考文献:
Marees T, Moll AC, Imhof SM, de Boer MR, Ringens PJ, van Leeuwen FE. Risk of second malignancies in survivors of retinoblastoma: more than 40 years of follow-up. Journal of the National Cancer Institute. 2008;100:1771-1779.


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 岡田 章代

監修 中村 光宏(医学放射線)

原文を見る

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

小児がんに関連する記事

野菜、ナッツ/豆類が小児がんサバイバーの早期老化を軽減の画像

野菜、ナッツ/豆類が小児がんサバイバーの早期老化を軽減

米国臨床腫瘍学会(ASCO)​​ASCO専門家の見解  
「本研究により、小児期にがん治療を受けた成人において、濃い緑色野菜やナッツ・種子類の豊富な食事と早期老化徴候の軽減との間に強力な...
オラパリブとセララセルチブ併用がDNA修復不全腫瘍の小児がん患者に有効である可能性の画像

オラパリブとセララセルチブ併用がDNA修復不全腫瘍の小児がん患者に有効である可能性

米国がん学会(AACR)PARP阻害剤オラパリブ(販売名:リムパーザ)と被験薬であるATR阻害剤ceralasertib[セララセルチブ]の併用は、DNA複製ストレスやDNA修復欠損を...
デクスラゾキサンは、がん治療中の子どもの心臓を長期的に保護するの画像

デクスラゾキサンは、がん治療中の子どもの心臓を長期的に保護する

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ今日、がんと診断された小児の80%以上が、治療後5年の時点で生存している。これは、過去50年間における小児医療の最大の成果の一つである。しか...
FDAが小児のBRAF V600E変異陽性グリオーマにダブ+トラ併用療法を承認の画像

FDAが小児のBRAF V600E変異陽性グリオーマにダブ+トラ併用療法を承認

 2023年3月16日、米国食品医薬品局(FDA)は、全身療法を必要とするBRAF V600E変異陽性の低悪性度グリオーマ(LGG;脳腫瘍)の1歳以上の小児患者に対し、ダブラフェニブ(...