FDAが悪性度の高い脳腫瘍に治療薬アバスチンを承認

FOR IMMEDIATE RELEASE:2009年5月8日
Media Inquiries: Karen Riley, 301-796-4674
Consumer Inquiries: 888-INFO-FDA

FDAが悪性度の高い脳腫瘍の治療薬を承認

米国食品医薬品局(FDA)は、標準治療後にも進行した多形性膠芽腫(GBM)患者の治療にアバスチン(ベバシズマブ)を承認した。

GBMは脳組織を侵し、身体機能や精神機能に影響を及ぼす進行の速い癌である。米国では毎年約6,700人がGBMを発症している。外科手術や放射線治療、化学療法といった初期治療後に、癌はほぼ確実に再発する。「この種の癌は治療に対する抵抗性がきわめて高いため、治療は困難である」とFDAの医薬品評価研究センター(CDER)抗腫瘍薬製品室(Office ofOncology Drug Products)長であるRichard Pazdur医師は述べた。「アバスチンはその他の治療薬が奏効しない進行性GGM患者にとって、ひとつの治療法を提供する」と同氏は述べる。

アバスチンはモノクローナル抗体として開発された分子で、体内免疫系によって産生される抗体を模倣して有害物質から身体を防御する。この薬剤は、新生血管の形成を促進する血管内皮増殖因子(VEGF)の働きを阻害する。これらの血管は腫瘍に栄養を供給することで、腫瘍の増殖を助長するうえ、癌細胞が体内循環する経路をも提供するものである。

同薬は転移性大腸癌の治療薬として2004年に初承認され、その後、非扁平上皮性の非小細胞肺癌(NSCLC)および転移性乳癌にも適応拡大された。

2件の臨床試験では、GBM患者の約25%が概ね4カ月の平均奏効期間をもってアバスチンに奏効した。

アバスチン関連の重篤な副作用としては消化管穿孔や創傷治癒に伴う合併症、出血・血栓で、死亡例も複数報告された。その他の重篤な副作用は重い高血圧、神経・視覚障害、白血球減少、感染症、脳卒中、心筋梗塞および腎障害であった。

最も多くみられた有害事象は鼻出血、頭痛、高血圧、鼻水、タンパク尿、味覚異常、皮膚乾燥、肛門出血、流涙および皮膚剥脱であった。
アバスチンは、サンフランシスコ市のGenentech社が製造している。

******

******
西川百代 訳
村中 健一郎(生物物理学)監修 
******


原文


【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

脳腫瘍に関連する記事

FDAが再発/難治性のBRAF変異陽性小児低悪性度神経膠腫にトボラフェニブを迅速承認の画像

FDAが再発/難治性のBRAF変異陽性小児低悪性度神経膠腫にトボラフェニブを迅速承認

米国食品医薬品局(FDA)2024年4月23日、米国食品医薬品局(FDA)は、BRAF融合遺伝子または遺伝子再構成、あるいはBRAF V600変異を有する生後6カ月以上の再発または難治...
膠芽腫への放射線療法併用AZD1390の安全性と有効性を示す第1相試験の画像

膠芽腫への放射線療法併用AZD1390の安全性と有効性を示す第1相試験

毛細血管拡張性運動失調症変異(ATM)キナーゼ阻害薬であるAZD1390は、標準治療の放射線治療と併用した場合、再発および新規診断の膠芽腫(GBM)患者において管理可能な安全性プロファ...
髄膜腫の治療選択に遺伝子シグネチャーが役立つ可能性の画像

髄膜腫の治療選択に遺伝子シグネチャーが役立つ可能性

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ物事を見かけで判断してはならない。腫瘍も顕微鏡で見た細胞の様子だけでは判断できないことが、次第にわかってきている。

成人の原発性脳腫瘍の中で最...
膠芽腫に対する効率的な第2相アダプティブ(適応型)臨床試験の画像

膠芽腫に対する効率的な第2相アダプティブ(適応型)臨床試験

ダナファーバーがん研究所膠芽腫の新たな治療法を見出すことを目的とした革新的な第2相臨床試験が、ダナファーバーがん研究所の主導のもと、全米の脳腫瘍センター主要10施設との協力で行なわれ、...