がん

新規診断がん患者に多く見られるがんの既往の画像

新規診断がん患者に多く見られるがんの既往

2009年から2013年の間に新たに原発性がんと診断された患者のおよそ20%が過去に1つ以上のがんと診断されていたことが新たな研究で示された。   特定の患者の過去のがんと今回のがんがヒトパピローマウイルス感染や喫煙などの危険因子
FDA承認ゲノム検査は、がん治療や臨床試験登録の指針として有用の画像

FDA承認ゲノム検査は、がん治療や臨床試験登録の指針として有用

先月、米国食品医薬品局(FDA)は、腫瘍の遺伝子変化を同定するための2つの検査を承認した。   最新の承認は、12月1日のFoundationOne CDx(F1CDx)で、あらゆる固形腫瘍種において324遺伝子のがん関連の変化お
リキッドバイオプシーにより原発不明がん特異的遺伝子特性を同定の画像

リキッドバイオプシーにより原発不明がん特異的遺伝子特性を同定

血液循環腫瘍DNA(ctDNA)の次世代シーケンシングにより、検出可能な変異を有する原発不明がん(CUP)患者の99.7%で、標的候補となる変異を有する特異的なゲノムプロファイルが認められたという研究報告が、米国がん学会が発行するCance
有害事象報告システムのビッグデータ化が情報の分類に有用な可能性の画像

有害事象報告システムのビッグデータ化が情報の分類に有用な可能性

ビッグデータメソッドが進展をもたらす可能性   病気を治療し、われわれの生命を救うことにすら依存している多くの医薬品は、利益と共に潜在的に重大なリスクを引き起こす。米国疾病予防管理センターのデータによれば、米国では薬の副作用により
がん統計 ~知っていますか?~の画像

がん統計 ~知っていますか?~

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆ がん統計とは何でしょうか?がん登録では、がんの最新の傾向を知る一助
放射線検査における放射線量低減への探求の画像

放射線検査における放射線量低減への探求

カリフォルニア大学の新プロジェクトにより、患者への放射線曝露の安全性改善のためのロードマップが明示される カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)主導の新たな研究によると、各病院で放射線検査に用いる線量を横断的に評価・比較して放射線
リキッドバイオプシーは進行固形がんにて組織生検の代替となるかの画像

リキッドバイオプシーは進行固形がんにて組織生検の代替となるか

非侵襲的な血液検査が組織生検の代替となる可能性米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「遺伝子変異は患者ごとに異なるだけでなく経時的に変化する。その事実は、がん治療において常に、また特に高精度医療(Precision Medicine:プレシジョ
ASCO2016ハイライト演題―がん研究、および患者ケアの進歩に焦点の画像

ASCO2016ハイライト演題―がん研究、および患者ケアの進歩に焦点

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、本日、2016年ASCO年次総会の公式報道向けプログラムを発表した。注目演題では、従来の治療をさらに患者に有益にする新規アプローチに加え、高精度医療(precision medicine:プレシジョン・メディ
すべての症候性真性赤血球増加症/多血症患者は、ルキソリチニブで症状緩和の可能性があるの画像

すべての症候性真性赤血球増加症/多血症患者は、ルキソリチニブで症状緩和の可能性がある

キャンサーコンサルタンツ真性赤血球増加症/多血症(PV)患者は、倦怠感、掻痒(そうよう)感、寝汗、骨痛、発熱、意図しない体重減少などを特徴とする重い症状を経験し、生活の質が低下するものの、家族や医療介護者から正しく理解されていないことが多い
がんの治療、予防および患者ケアの進歩が明らかに(2015年ASCO年次総会報道向けプログラム)の画像

がんの治療、予防および患者ケアの進歩が明らかに(2015年ASCO年次総会報道向けプログラム)

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日、2015年ASCO年次総会報道向けプログラムで取り上げる予定の研究を発表した。数々のがんに対する進歩や、免疫療法、標的治療、外科手術、放射線治療、がんの予防および患者の生活の質(QOL)を改善する革新的な
2011/06/28号◆その他の情報「NCIキャンサーブレティンの日本語翻訳者らがNCIを訪問」の画像

2011/06/28号◆その他の情報「NCIキャンサーブレティンの日本語翻訳者らがNCIを訪問」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2011年6月28日号(Volume 8 / Number 13) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pdf ____________
Cox-2選択的(Bextra、セレブレックス、Vioxxなど)Nsaids安全性情報の画像

Cox-2選択的(Bextra、セレブレックス、Vioxxなど)Nsaids安全性情報

原文医療従事者、消費者向け  FDAは非ステロイド抗炎症剤(NSAIDs)の販売元に対し自社製品のラベル変更を要請した。FDAは、NSAIDsの処方及び市販薬のラベルとすべてのクラスの処方薬の投薬ガイド(medical guide
FDA、市販済み非ステロイド系抗炎症剤 (NSAIDs) の一連の変更を発表の画像

FDA、市販済み非ステロイド系抗炎症剤 (NSAIDs) の一連の変更を発表

FOR IMMEDIATE RELEASE: 2005/4/7本日、食品医薬品局(FDA)はCOX-2選択的および処方、非処方(市販(OTC))の非選択的NSAID治療薬を含む非ステロイド系抗炎症剤類の薬剤販売に関する一連の重要な変更を発表
Cox-2選択的および非選択的非ステロイド抗炎症剤(NSAIDs)安全性情報の画像

Cox-2選択的および非選択的非ステロイド抗炎症剤(NSAIDs)安全性情報

原文医療従事者、消費者向け  全リスク/ベネフィットの薬歴が適切でないという結論に達したため、FDAはPhizer社に対しBextra (valdecoxib)の市場からの自主回収を勧告した。この勧告は以下に基くものである: *F
アバスチン-Avastin (bevacizumab)安全性情報の画像

アバスチン-Avastin (bevacizumab)安全性情報

原文 腫瘍医、その他の医療従事者向け   FDAとジェネンテック社は、医療従事者にアバスチンのラベルの警告、注意、有害事象、投与量と投与方法のセクションの改訂を通達した。静注5-FUベース化学療法と併用で用いられるアバスチンは、転
セレブレックス(セレコキシブ)FDA安全性情報の画像

セレブレックス(セレコキシブ)FDA安全性情報

原文リウマチ専門医、その他の医療従事者向け  FDAは、最近報告されたNational Institutes of Health (NIH) による長期的予防試験の一つから得られた予備報告に基き、Celebrex服用患者の心臓血管