R-ICE療法 | 海外がん医療情報リファレンス

R-ICE療法

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

R-ICE療法

このページは、 R-ICE療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在 進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。

R-ICE療法に関する詳細情報

このページではR-ICE療法の簡単な解説と、本療法の薬剤名にリンクがある場合は各種薬剤の情報がご覧いただけます。

R-ICE療法で使用される薬剤

R=Rituximab  [リツキシマブ]

I = Ifosfamide  [イフォスファミド]

C =Carboplatin   [カルボプラチン]

E =Etoposide phosphate   [エトポシドリン酸塩]

化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。

本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)によって承認されています。

適応となるがん

R-ICE療法は以下の治療に用いられます。

・非ホジキンリンパ腫(特定の種類)

本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります。

R-ICE療法に関する詳細情報

NCI治療薬辞典による定義(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名

 

重要このウェブページ上の治療薬情報は、教育目的で記載されており、医師による診断の代用となるものではありません。ここでの情報は、この治療薬の使用法、作用、相互作用、副作用や、服用上の注意をすべて記載しているわけではありませんので、各個人の病状や、それに伴う薬剤の使用については、かかりつけの医師や薬剤師にご確認ください。

原文掲載日

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

>

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他