米国がん学会(AACR)

腋窩放射線療法とリンパ節手術では、乳がん患者の10年後の予後は同等の画像

腋窩放射線療法とリンパ節手術では、乳がん患者の10年後の予後は同等

サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS)2018 センチネルリンパ節生検でがんが検出された早期乳がん患者では、腋窩放射線療法または腋窩リンパ節郭清のどちらを受けても10年後の再発率および生存率は同程度であった。この結果を示したランダム
第3相KATHERINE試験、術後T-DM1が一部の乳がん再発リスクを下げるの画像

第3相KATHERINE試験、術後T-DM1が一部の乳がん再発リスクを下げる

サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS)2018 術前に補助化学療法とトラスツズマブ投与を受けたのちに手術を受け、浸潤がんの残存が認められたHER2 陽性早期乳がん患者において、術後T-DM1療法により無浸潤疾患生存率(IDFS)が向
乳がん術前の完全奏効は生存に関連ー術後化学療法の利益はあるか?の画像

乳がん術前の完全奏効は生存に関連ー術後化学療法の利益はあるか?

乳がん患者における術前化学療法(ネオアジュバント)後の病理学的完全奏効(pCR)は、有意に低い再発リスクおよび高い全生存率と関連していた。さらに、術前化学療法後のpCRは、術後化学療法(アジュバント)を受けた患者と受けていない患者、いずれに
術後化学療法の遅れによるトリネガ乳がんの転帰不良の画像

術後化学療法の遅れによるトリネガ乳がんの転帰不良

サンアントニオ乳がんシンポジウム2018 術後化学療法開始が術後30日以上に遅れたトリプルネガティブ乳がん患者は、術後30日以内で治療を開始した患者に比べ、疾患再発および死亡のリスクが有意に高いことが、12月4~8日に開催された2018年サ
加速乳房部分照射は全乳房照射に近い効果の画像

加速乳房部分照射は全乳房照射に近い効果

サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS)2018 治療後10年時点の同側乳房内腫瘍再発(IBTR)率で比較した場合、腫瘍摘出術後の加速乳房部分照射(PBI)が全乳房照射(WBI)より劣っているという仮説を否定できないとのNRG(NSA
低用量タモキシフェンが非浸潤性乳管がん/小葉がんの再発と発症を減少させるの画像

低用量タモキシフェンが非浸潤性乳管がん/小葉がんの再発と発症を減少させる

低用量タモキシフェン(1日5 mg)投与はプラセボ投与と比較して、乳房上皮内腫瘍の診断後に手術を受けた女性の再発および新規疾患リスクを半減させ、重篤な有害事象は増加しなかったとのランダム化第3相臨床試験(TAM-01)の結果が、12月4日〜
健康的な食事習慣の順守でがんリスク軽減の画像

健康的な食事習慣の順守でがんリスク軽減

4つの栄養スコアの分析からアルコールを控えた食事で最大の効果が示された。 健康的な食事と運動を積極的に取り入れ、アルコール摂取を控えた食習慣は、乳がん、前立腺がん、大腸がんのみならず、あらゆるがんの罹患リスクの軽減に関連していることが米国が
2030年までに世界の女性の肺がん死亡率が40%以上上昇との予測の画像

2030年までに世界の女性の肺がん死亡率が40%以上上昇との予測

52カ国で収集したデータ分析の結果、全世界の女性における肺がん年齢調整死亡率は2015年から2030年の間に43%上昇すると予測されることが、米国がん学会(AACR)のCancer Research誌の報告で明らかになった。 全世界の乳がん
免疫チェックポイント阻害薬で脳転移を有するメラノーマの生存が改善の画像

免疫チェックポイント阻害薬で脳転移を有するメラノーマの生存が改善

脳転移を有する皮膚メラノーマ(悪性黒色腫)(MBM)患者では、チェックポイント阻害剤を用いた初回治療により全生存期間の中央値が1.4倍延長したことが、米国がん学会 の機関誌であるCancer Immunology Research誌に掲載さ
小児がんサバイバーの心機能障害発見に有望なワイヤレス機器の画像

小児がんサバイバーの心機能障害発見に有望なワイヤレス機器

ハンドヘルドデバイスが化学療法治療を受けた小児がんサバイバーの心機能障害を正確に発見 米国がん学会の機関誌Clinical Cancer Research誌に掲載された研究結果によると、アントラサイクリン化学療法を受けた小児がんサバイバーに
短時間作用型カルシウムチャネル拮抗薬(降圧剤)は閉経後女性の膵がんリスク上昇と関連の画像

短時間作用型カルシウムチャネル拮抗薬(降圧剤)は閉経後女性の膵がんリスク上昇と関連

米国がん学会(AACR) カルシウムチャネル拮抗薬(CCB)の中でも特に短時間作用型のCCBは高血圧の治療のために処方されるが、閉経後女性の膵臓がんリスク上昇を伴うことが明らかとなり、2018年4月14~18日に開催された米国がん学会(AA
肺がん患者への術前ニボルマブで安全に病理学的奏効が得られたの画像

肺がん患者への術前ニボルマブで安全に病理学的奏効が得られた

治療後に血中循環腫瘍特異的T細胞が増殖、全身性の抗腫瘍免疫を示唆 米国がん学会(AACR) 非小細胞肺がん(NSCLC)ステージ1~3の外科的切除前の抗PD1免疫療法ニボルマブ(オプジーボ)投与は安全であり、患者の45%で高い病理学的奏効が
ニボルマブ+イピリムマブ、肺がんCheckMate-227試験で無増悪生存期間を達成の画像

ニボルマブ+イピリムマブ、肺がんCheckMate-227試験で無増悪生存期間を達成

一次治療としてのニボルマブ+イピリムマブ併用療法が、高腫瘍遺伝子変異量を有する進行非小細胞肺がん患者の無増悪生存期間(PFS)を改善 米国がん学会(AACR) 進行非小細胞肺がん(NSCLC)と新規診断され、高腫瘍遺伝子変異量(TMB、10
ペムブロリズマブと化学療法の併用が転移性NSCLC患者の生存期間を延長の画像

ペムブロリズマブと化学療法の併用が転移性NSCLC患者の生存期間を延長

転移性非扁平上皮非小細胞肺がん(NSCLC)と新たに診断された患者において、ペムブロリズマブ(キイトルーダ)と化学療法の併用療法を受けた患者では、化学療法のみを受けた患者と比較して全生存期間(OS)および無増悪生存期間(PFS)が有意に延長
米国の特定地域で女性の肺がん死亡率低下が遅れているの画像

米国の特定地域で女性の肺がん死亡率低下が遅れている

これらの地域には重点的タバコ規制プログラムが必要  米国がん学会(AACR)   近年、米国の大半の州で女性の肺がん死亡率がかなり低下している一方で、アパラチア中央部と米国中西部南側にわたる地域、および中西部北側の地域の女性におい
分子標的薬による脳腫瘍小児の認知障害は回復可能かの画像

分子標的薬による脳腫瘍小児の認知障害は回復可能か

米国がん学会(AACR) ヒト脳腫瘍患者の治療に使用する分子標的薬を幼若マウスに投与すると、認知及び行動の障害が持続するが、その障害の多くは環境刺激や運動で可逆的となることが、米国がん学会の雑誌に掲載された研究で報告された。  
米国都市部の経済的弱者である青少年の大半が受動喫煙にさらされているの画像

米国都市部の経済的弱者である青少年の大半が受動喫煙にさらされている

受動喫煙率が最も高いのはアフリカ系米国人 米国がん学会(AACR) 経済的に不利な状況下にある13〜19歳の青少年の94%(大部分はサンフランシスコ在住少数民族)は、たばこの煙への曝露に対し特異的にみられるバイオマーカー(NNAL)が測定可
小児にて化学療法の既往が、効力あるCAR-T細胞の作製を阻害の画像

小児にて化学療法の既往が、効力あるCAR-T細胞の作製を阻害

小児固形がん患者にはCAR-T細胞製造プロセスの変更が有益である可能性 米国がん学会(AACR) 小児固形がん患者のT 細胞の質は、白血病患者のものに比べ悪い可能性があり、特定の化学療法はT細胞自体およびT細胞がCAR-T細胞となる能力に有
HER2変異獲得によりER陽性転移乳がんホルモン療法に耐性が生じるの画像

HER2変異獲得によりER陽性転移乳がんホルモン療法に耐性が生じる

米国がん学会(AACR) エストロゲン受容体(ER)陽性の転移乳がん患者の一部において、ヒト上皮成長因子受容体2(HER2)変異の獲得により、ホルモン療法耐性が生じ、そうした耐性がホルモン療法薬フルベストラントとHER2キナーゼ阻害薬ネラチ
クラミジア感染で卵巣がんリスクが上昇の画像

クラミジア感染で卵巣がんリスクが上昇

2018年米国がん学会(AACR)年次総会(4月14日~18日、イリノイ州シカゴで開催)に先立ち、マスコミ向けに公表されたデータによると、性感染症であるクラミジアに以前に感染したことのある女性の血中にみられる抗体は卵巣がんリスクを2倍にする
BMIが正常値でも体脂肪率が高い閉経後女性は乳がんリスクが高いの画像

BMIが正常値でも体脂肪率が高い閉経後女性は乳がんリスクが高い

編集者注:米国がん学会(AACR)肥満とがん会議 のプレスプログラムの研究全要約を読むにはこちらをクリックしてください。   肥満度指数(BMI)が正常な閉経後女性で、高体脂肪率の人は浸潤性乳がんのリスクが上昇したというデータが、
口腔内フローラにより歯周病と食道がんの関連が示されるの画像

口腔内フローラにより歯周病と食道がんの関連が示される

米国がん学会(AACR)の学術誌 Cancer Researchに掲載された研究によると、口腔内に存在する細菌を分析した結果、歯周病を発症させる何種類かの細菌が食道がんの高リスクと関連することがわかった。   本研究の筆頭著者Ji
変異の特性から、プラチナベース化学療法が有効な乳がん患者を特定の画像

変異の特性から、プラチナベース化学療法が有効な乳がん患者を特定

進行した乳がんにおいて、相同組換え修復異常(HRD)を有する変異の特性が、プラチナベース化学療法の臨床転帰改善と関連するという結果が米国がん学会の学会誌である"Clinical Cancer Research"誌に掲載された。  
循環腫瘍細胞がHR陽性乳がんの晩期再発を予測できる可能性の画像

循環腫瘍細胞がHR陽性乳がんの晩期再発を予測できる可能性

臨床的に再発の証拠が得られていないホルモン受容体(HR)陽性HER2陰性ステージ2-3乳がんを有する患者で、診断から5年後に血中の循環腫瘍細胞(CTC)が検出された患者は、乳がんの晩期再発リスクが増加したと、2017年12月5日~9日に開か