Hyper-CVAD[Hyper-CVAD療法]

このページは、Hyper-CVAD[Hyper-CVAD療法]の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。

適応となるがん

Hyper-CVAD療法は、以下の治療においてメトトレキサートおよびシタラビンとの併用で用いられます。

急性リンパ芽球性白血病(特定の種類)

非ホジキンリンパ腫(特定の種類)

Hyper-CVAD療法は、過分割療法で行われます。1日当たりの総量は、少量で分割投与にし、1日1回超で投与されます。

本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります。

Hyper-CVAD[Hyper-CVAD療法]に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は各種薬剤の情報がご覧いただけます。

Hyper-CVAD療法で使用される薬剤

C=シクロホスファミド

V=ビンクリスチン硫酸塩

A=ドキソルビシン塩酸塩(アドリアマイシン)

D=デキサメタゾン

メトトレキサートおよびシタラビンも本療法の一部として併用されます。

化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。

本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)によって承認されています。

NCI治療薬辞典による定義(原文)―詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

原文掲載日:

海外がん医療情報リファレンス

関連記事