【ASCO2024年次総会】新併用療法BrECADDは、ホジキンリンパ腫に既存治療より効果的

ASCO の見解

*このプレスリリースには、概要では報告されていない新しいデータが含まれています。
「7 種類の抗がん剤を組み合わせた BEACOPP は、進行期の古典的ホジキンリンパ腫に効果的な治療法ですが、重篤な毒性の発生率が高いため、使用が制限されています。この試験では、6 種類の抗がん剤を組み合わせた BrECADD 療法により、病気の進行、再発、死亡のリスクが軽減され、4 年間の無増悪生存率が 94.3% と驚くほど高くなりました。BrECADD を受けた患者は、BEACOPP を受けた患者よりも副作用が少なく、妊娠率も高かったのです。」 - Oreofe O. Odejide 医学博士、公衆衛生学修士、ダナファーバーがん研究所医学部助教授  

研究要旨

テーマ進行期の古典的ホジキンリンパ腫
対象者ドイツ、オーストリア、スイス、オランダ、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、オーストラリア、ニュージーランドの9か国から1,482人。
主な結果進行期の古典的ホジキンリンパ腫の患者の場合、BrECADD は BEACOPP よりも効果が高く、副作用も少ない
意義化学療法によりホジキンリンパ腫を治癒することができますが、患者は重篤で長期にわたる副作用を経験する可能性がある。
BrECADD は 一次治癒率が高く、治療終了後も何年も続くことがあるホジキンリンパ腫の再発リスクを軽減する。
患者の個人的リスクプロファイルに基づいて調整された BrECADD による個別治療により、ほとんどの患者はわずか 3 か月で治療を完了することができた。さらに、ほぼすべての患者が治療後 1 年以内に有害事象から完全に回復した。

新たな研究により、新しい治療法の組み合わせであるBrECADDが、既存の集中化学療法レジメンBEACOPPよりも副作用が少なく、より効果的に古典的ホジキンリンパ腫を治癒したことが示された。この研究は、5月31日から6月4日までイリノイ州シカゴで開催される2024年米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会で発表された。

研究について

「古典的ホジキンリンパ腫は、ほとんどの患者で化学療法で治癒できる。しかし、治癒には急性、慢性、そして時には長期にわたる重篤な副作用というコストが伴う。この新しい BrECADD レジメンにより、効果的な全身治療のリスクと利点のバランスを改善することを目指しました」と、ケルン大学病院、アーヘン・ボン・ケルン・デュッセルドルフ総合腫瘍学センター、およびドイツホジキン研究グループの主任研究著者であるペーター・ボルヒマン医学博士は述べた。

GHSG HD21 試験では、742 人の患者が BrECADD を、740 人が BEACOPP を受けるよう無作為に割り付けられた。BrECADD にはブレンツキシマブ ベドチン、エトポシド、シクロホスファミド、ドキソルビシン、ダカルバジン、デキサメタゾンの薬剤が含まれ、BEACOPP にはブレオマイシン、エトポシド、ドキソルビシン、シクロホスファミド、ビンクリスチン、プロカルバジン、プレドニゾンが含まれた。患者の平均年齢は 31 歳で、10 人中 7 人が 40 歳未満であった。

研究者らは、患者に4サイクルの治療を施すか6サイクルの治療を施すかを決定するために陽電子放出断層撮影法(PETスキャン)を使用した。2サイクル後のPETスキャンでがんが比較的無症状であることが示され、がんが治療によく反応した場合は、治療サイクル数を減らす。がんが治療に反応しない場合は、より多くのサイクルを施す。 

主な知見

4年間の追跡調査では、BrECADDを受けた患者430人(64%)とBEACOPPを受けた患者430人(64%)がより少ない治療サイクルの対象となった。
無増悪生存率はBrECADDで94.3%、BEACOPPで90.9%であり、全生存率はBrECADDで98.5%、BEACOPPで98.2%であった。 
最も重要なことは、BrECADD グループの患者は BEACOPP グループよりも病気の進行リスクが 34% 低かったことである。BrECADD グループの患者のほとんど (64%) は 4 サイクル (約 3 か月) で治療を終了した。研究者らはまた、治療後の患者における性的発達と生殖能力に重要な役割を果たす卵胞刺激ホルモン(FSH)のレベルも比較した。

男性では、FSH 回復率は BrECADD グループで 67%、BEACOPP グループで 24% だった (FSH カットオフ 12.4 U/l)。女性では、FSH 回復率は BrECADD グループで 89%、BEACOPP グループで 68% だった (FSH カットオフ 21.5 U/l)。
BrECADD グループでは 60 人の赤ちゃんが生まれ、BEACOPP グループでは 43 人の赤ちゃんが生まれた。 
最もよくみられた副作用は、血球数の異常であった。研究者らは、重篤な血液関連の副作用が BrECADD 群の 31% の患者に、BEACOPP 群の 52% の患者に発生したことを発見した。BrECADD を投与された患者は、赤血球と血小板の輸血が少なくて済んだ。血液関連以外の副作用は、両群で頻度が低かった (BrECADD では 19%、BEACOPP では 17%)。重篤な副作用のほとんどは 1 年後に消えた。

次のステップ

研究者らは、副作用を増やすことなく治療効果を高める方法を模索する予定である。これにより、4サイクルの治療で済む患者の数が増える可能性がある。研究者らは、BrECADD療法にPD-1阻害剤を追加することを検討している。この研究は武田オンコロジーの資金提供を受けて行われた。

アブストラクト全文はこちら

  • 監訳 東 光久(総合診療、腫瘍内科、緩和ケア)/奈良県総合医療センター 総合診療科
  • 記事担当者 野中 希
  • 原文を見る
  • 原文掲載日 2024/05/31

がん記事一覧に関連する記事

【ASCO2024年次総会】オシメルチニブは局所進行EGFR変異NSCLCの標準治療を変える可能性の画像

【ASCO2024年次総会】オシメルチニブは局所進行EGFR変異NSCLCの標準治療を変える可能性

ASCOの見解(引用)「LAURA試験は、切除不能なステージIII疾患におけるEGFR標的療法の役割を明確にした最初の試験である。本試験ではオシメルチニブと現在の標準治療である...
FDAがBRAF変異陽性小児低悪性度神経膠腫にトボラフェニブ承認の画像

FDAがBRAF変異陽性小児低悪性度神経膠腫にトボラフェニブ承認

米国食品医薬品局(FDA)は4月23日、脳腫瘍の一種である低悪性度神経膠腫があり、BRAFと呼ばれる遺伝子に変異がある生後6カ月以上の小児を対象としてトボラフェニブ[tovorafen...
子宮頸がん検診のHPV検査は、現行ガイドライン推奨よりも長間隔で安全の画像

子宮頸がん検診のHPV検査は、現行ガイドライン推奨よりも長間隔で安全

HPV検診で陰性の場合、推奨されている5年後ではなく、8年後の検査でも、標準的な細胞診検診と同程度であることが判明した。ヒトパピローマウイルス(HPV)検診の陰性判定から8年後...
【ASCO2024年次総会】アシミニブは新規診断白血病(CML)の治療選択肢として有望の画像

【ASCO2024年次総会】アシミニブは新規診断白血病(CML)の治療選択肢として有望

ASCOの見解(引用)「アシミニブ(販売名:セムブリックス)は、現在の標準治療である分子標的治療薬と比較して優れた有効性を示し、有害事象、投薬の中断および中止が少なく、安全性プ...