がんと生活・運動・食事

スタチンが癌死亡率の低下と関連の画像

スタチンが癌死亡率の低下と関連

キャンサーコンサルタンツ癌と診断される前にスタチン(コレステロール低下薬)を使用した癌患者は、癌による死亡のリスクが15%低いという研究結果がNew England Journal of Medicine誌に発表された。[1] ス
がんと闘う休暇シーズンの食品の画像

がんと闘う休暇シーズンの食品

テキサス大学MDアンダーソンの専門家が、健康的な休暇シーズンの食料品の買い物リストを公開する MDアンダーソンがんセンター 2012年11月15日 テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの専門家らが作った、新しい休暇シーズンの食料品買い物
マルチビタミンにより癌のリスクが低下する可能性の画像

マルチビタミンにより癌のリスクが低下する可能性

キャンサーコンサルタンツ  米国医師会誌(JAMA)に発表された調査結果によると、マルチビタミンを10年以上摂取している健康な男性医師において、マルチビタミンの日常的補給が、癌のリスクをわずかではあるが明らかに低下させることが分かった。 一
治療が終了した後にー健康的な生活習慣の画像

治療が終了した後にー健康的な生活習慣

LIVESTRONG > 支援を得る(We Can Help) > 治療が終了した後に(Finishing Treatment) LIVESTRONGは、ランス・アームストロング財団の公式サイトです。  翻訳更新:2013年9月
余暇の運動が平均余命を最長4.5年延長することが判明の画像

余暇の運動が平均余命を最長4.5年延長することが判明

NCIプレスリリース 2012年11月6日 体重にかかわらず、また比較的低いレベルの活動であっても、余暇に行う身体的活動が平均余命の長さに影響することが、米国国立癌研究所(NCI)の研究者らによる調査で明らかになった。NCIは米国国立衛生研
2012/08/07号◆対談「Dr. Walter Willett氏への食生活と癌に関するインタビュー」の画像

2012/08/07号◆対談「Dr. Walter Willett氏への食生活と癌に関するインタビュー」

同号原文|NCIキャンサーブレティン一覧 NCI Cancer Bulletin2012年8月7日号(Volume 9 / Number 16) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pd
2012/08/07号◆NCIウェブサイト情報「放射線に関連する癌リスク評価のための新たなオンラインツール」の画像

2012/08/07号◆NCIウェブサイト情報「放射線に関連する癌リスク評価のための新たなオンラインツール」

同号原文|NCIキャンサーブレティン一覧 NCI Cancer Bulletin2012年8月7日号(Volume 9 / Number 16) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pd
アスピリンは癌の予防的治療に関与する可能性があるの画像

アスピリンは癌の予防的治療に関与する可能性がある

キャンサーコンサルタンツ新たな証拠により、アスピリンが癌の死亡リスクの減少に関与する可能性が示された。Nature Reviews Clinical Oncology誌の電子版で発表されたレビューの結果によると、予防的治療におけるアスピリン
2011/11/15号「肥満と癌研究」特別号◆肥満と癌リスクをつなぐ機序の解明の画像

2011/11/15号「肥満と癌研究」特別号◆肥満と癌リスクをつなぐ機序の解明

同号原文| NCI Cancer Bulletin2011年11月15日号(Volume 8 / Number 22) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pdf ___________
2011/11/15号「肥満と癌研究」特別号◆その他の情報の画像

2011/11/15号「肥満と癌研究」特別号◆その他の情報

同号原文|NCI Cancer Bulletin 2011年11月15日号(Volume 8 / Number 22)~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pdf_____________
いくつかの栄養補助食品は死亡リスクの増加と関連性があるの画像

いくつかの栄養補助食品は死亡リスクの増加と関連性がある

キャンサーコンサルタンツIowa Women’s Health Studyの結果によると、一般的な栄養補助食品のなかには、死亡リスクを増加させるものがあるという。 本結果はArchives of Internal Medicine誌に発表さ
ニンニクと癌予防の画像

ニンニクと癌予防

*すでに古い記事であり、原文が削除されています。 お探しの方は、「統合医療」情報発信サイトをご覧ください。 米国国立がん研究所(NCI)ファクトシート ニンニクと癌予防 原文日時:2008年1月22日 キーポイント======== l 複数
ライフライン:補完代替療法の画像

ライフライン:補完代替療法

補完代替療法(CAM)とは何でしょうか?米国国立癌研究所(NCI)補完代替療法局のDr. ジェフリー・ホワイトがそれぞれの代替療法について説明し、代替療法を取り入れる前に考えるべきことについて議論します。(日本癌医療翻訳アソシエイツ)
身長の高い女性で癌発症リスクが大きい可能性の画像

身長の高い女性で癌発症リスクが大きい可能性

キャンサーコンサルタンツ高身長の女性には、特定の種類の癌を発症するリスクが高い可能性がある。全体的に見て、身長が4インチ(約10cm)高くなるごとに、癌のリスクは16%上昇する。これらの調査結果は最近、Lancet Oncology誌で報告
原子力発電所事故と癌リスクの画像

原子力発電所事故と癌リスク

原子力発電事故と癌リスク 原文URL http://www.cancer.gov/cancertopics/factsheet/Risk/nuclear-power-accidents 原文日付2011年4月19日   キーポイント ● 
研究者は語る―NCIがん予防専門家Dr.John.A. Milnerの画像

研究者は語る―NCIがん予防専門家Dr.John.A. Milner

NCI癌予防部門・栄養学科学研究グループの主任、Dr. Milner医師が栄養学と癌予防について語ります。 同氏は、栄養遺伝学として知られる新しい科学分野が癌予防において果す役割について論じています。 また研究者の関心をひく食品成分、例えば
長時間の座位姿勢は死亡リスクに関連するの画像

長時間の座位姿勢は死亡リスクに関連する

キャンサーコンサルタンツ身体活動だけでは、健康改善や寿命を延ばすには十分でないかもしれない。最近のアメリカ癌協会(ACS)の調査によると、たとえ活動的な人においても、長時間の座位姿勢が死亡リスクを高める可能性があることがわかった。これらの結
癌の原因と考えられる20の要因の画像

癌の原因と考えられる20の要因

キャンサーコンサルタンツ 2010年6月米国癌協会(American Cancer Society)は3つの連邦機関と共同で、詳しく検討すべき20の癌の潜在的要因を特定した。本研究結果はEnvironmental Health Perspe
高齢男女を対象とするビタミンDに関する新たな奨励の画像

高齢男女を対象とするビタミンDに関する新たな奨励

キャンサーコンサルタンツ 2010年7月22日一般的に広く見られるビタミンD欠乏症に関するエビデンスが増加していることを踏まえ、国際骨粗鬆症財団(the International Osteoporosis Foundation:IOF)は
葉酸とビタミンB12は心疾患患者における癌リスクを高めるの画像

葉酸とビタミンB12は心疾患患者における癌リスクを高める

キャンサーコンサルタンツ 2009年11月 虚血性心疾患患者における葉酸とビタミンB12の補給は、癌発生リスクと全死因死亡率を増大させることが、ノルウェーの研究者らにより報告された。本試験の詳細は、2009年11月18日発行の米国医師会雑(
菜食主義者では癌発症リスクが低下するの画像

菜食主義者では癌発症リスクが低下する

キャンサーコンサルタンツ 2009年7月 英国の研究者らは、同国の菜食主義者および「魚は食べるが肉を食べない人」は、肉を食べる人に比べて、数種類の癌の発症リスクが低いとみられると報告した。この試験結果はBritish Journal of
ビタミンDと癌との関連性についての考察の画像

ビタミンDと癌との関連性についての考察

キャンサーコンサルタンツ2009年3月近年ビタミンDに関しさまざまなことが明らかになってきている。かつては、ほとんどの人にとって牛乳パックの側面の成分表示や医学の教科書で見かける時以外あまり思い出すことのないものであったが、今や本格的な疾病
ビタミン補給は女性の癌リスクに効果を及ぼさないの画像

ビタミン補給は女性の癌リスクに効果を及ぼさない

キャンサーコンサルタンツ2008年11月女性における抗酸化物質および葉酸と心疾患に関する研究[Women’s Antioxidant and Folic Acid Cardiovascular Study]に属する研究者らは、葉酸、ビタミン
運動が日本人男女の癌発症リスクを低下させるの画像

運動が日本人男女の癌発症リスクを低下させる

キャンサーコンサルタンツ2008年8月日本の研究者らは、“相対的に痩せている集団”において、日々の身体活動(運動)の増加が癌の発症リスクを減少させると報告した。この研究の詳細は2008年8月15日発行のAmerican Journal of