がん研究

がん研究の今―NCI天然資源支部の画像

がん研究の今―NCI天然資源支部

米国国立癌研究所(NCI)の天然資源支部責任者であり、同'天然資源支援グループ'のスタッフでもあるDr.David NewmanがNCIフレデリックにある研究所の内部を案内し、創薬のためにどのように天然資源から成分を抽出、検出、同定するかを
2011/04/19号◆スポットライト「創薬に向けた自然の神秘の探求」の画像

2011/04/19号◆スポットライト「創薬に向けた自然の神秘の探求」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2011年4月19日号(Volume 8 / Number 8) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pdf _____________
サバイバーは語る―ジョッシュ・ソマー氏 脊索腫財団の画像

サバイバーは語る―ジョッシュ・ソマー氏 脊索腫財団

脊索腫財団の共同設立者および事務局長ジョッシュ・ソマー氏が、まれな癌を研究する研究者らが抱える課題について語ります。18歳で脊索腫と診断されてから、ソマー氏はい­くつかのこれらの課題に取り組むことに力を尽くしてきました。この動画は、NCIキ
2010/10/19号◆クローズアップ「共犯で癌細胞を死滅させる:合成致死性を利用した新標的の同定」の画像

2010/10/19号◆クローズアップ「共犯で癌細胞を死滅させる:合成致死性を利用した新標的の同定」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2010年10月19日号(Volume 7 / Number 20) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 ____________________ ◇◆◇ クローズアップ ◇◆
2010/07/27号◆特別リポート「発展途上にある癌幹細胞の科学」の画像

2010/07/27号◆特別リポート「発展途上にある癌幹細胞の科学」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2010年7月27日号(Volume 7 / Number 15) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 ____________________ ◇◆◇ 特別リポート ◇◆◇
研究者たちは語る―合成生物学の画像

研究者たちは語る―合成生物学

米国国立癌研究所(NCI)癌生物学部門のDr.ダニエル・ギャラハンとDr.ジェリー・リーが最近注目の合成生物学の分野について語ります。癌などの疾病の治療や解明を­目的として、新たな生物組成を創り出す合成生物学の領域で、どのように化学、生物工
2010/07/13号◆スポットライト「合成生物学、癌治療への応用の可能性」の画像

2010/07/13号◆スポットライト「合成生物学、癌治療への応用の可能性」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2010年7月13日号(Volume 7 / Number 14) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 ____________________◇◆◇ スポットライト ◇◆◇
2009/04/21号◆スポットライト「血管新生阻害による想定外の影響が研究結果で示される」の画像

2009/04/21号◆スポットライト「血管新生阻害による想定外の影響が研究結果で示される」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2009年4月21日号(Volume 6 / Number 8) 「第100回米国癌学会(AACR)年次総会から」 ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpic
癌を死滅させるウイルスが腫瘍の血管形成に影響を及ぼすの画像

癌を死滅させるウイルスが腫瘍の血管形成に影響を及ぼす

2008年6月オハイオ州コロンブス ― 膠芽腫など治癒不能の脳腫瘍を治療するための有望な方策として、遺伝子組換えウイルスにより癌細胞を死滅させる方法があるが、体に備わった自然防御機構のため、ウイルスが腫瘍を除去する前にウイルスの方が排除され
非エイズ関連癌の発症がHIV感染者で増加の画像

非エイズ関連癌の発症がHIV感染者で増加

キャンサーコンサルタンツ 2008年5月米国疾病予防管理センターの研究者らは、一般集団に比べてHIV感染者においていくつかのタイプの癌が増加していると報告した。この研究の詳細はAnnals of Internal Medicine誌2008
2008/05/13号◆クローズアップ「無増悪生存期間(PFS):患者の利益か、基準の低下か?」の画像

2008/05/13号◆クローズアップ「無増悪生存期間(PFS):患者の利益か、基準の低下か?」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2008年05月13日号(Volume 5 / Number 10) ~日経「癌Experts」にもPDF掲載中~ ____________________ ◇ ◆ ◇ クローズアップ ◇◆
2007/08/07号◆特集記事「一般的な癌と融合遺伝子との関連性」の画像

2007/08/07号◆特集記事「一般的な癌と融合遺伝子との関連性」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年8月07日号(Volume 4 / Number 23) 2007年度エルメス・クリエイティブ賞 Eニュースレター部門金賞受賞 ____________________ ◇◆◇特集
2007/06/26号◆NCIディレクター報告「癌予防における挑戦」の画像

2007/06/26号◆NCIディレクター報告「癌予防における挑戦」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年6月26日号(Volume 4 / Number 20) ____________________ ◇◆◇NCIディレクター報告◇◆◇ 癌予防における挑戦 長年にわたる研究や早期診
2007/06/12号◆スポットライト「ゆっくりではあるが確実な科学から医学への転換」の画像

2007/06/12号◆スポットライト「ゆっくりではあるが確実な科学から医学への転換」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年6月12日号(Volume 4 / Number 19) ____________________ ◇◆◇スポットライト◇◆◇ 「ゆっくりではあるが確実な科学から医学への転換 本年
輸血から癌になるリスクはないの画像

輸血から癌になるリスクはない

キャンサーコンサルタンツ2007年5月スウェーデンとデンマークの研究者らは、献血から5年以内に癌を発症した人たちからの血液を輸血したとしても、受血者は癌にならないと結論づけた。この研究の詳細は、2007年5月19日号のランセット誌上にて発表
NEWS:新しい研究で抗癌剤の開発期間を短縮の画像

NEWS:新しい研究で抗癌剤の開発期間を短縮

2007年6月3日 国立衛生研究所(NIH)の一部である国立癌研究所(NCI)の研究者のチームによると、ABT-888と呼ばれている新しい化合物は、臨床試験の最初の段階を終えました。この臨床試験では、実験室から臨床までの抗癌剤の開発期間を最
2007/05/29号◆特集記事「癌幹細胞の臨床応用に向けて」の画像

2007/05/29号◆特集記事「癌幹細胞の臨床応用に向けて」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年5月29日号(Volume 4 / Number 18) ____________________ ◇◆◇特集記事◇◆◇ 癌幹細胞の臨床応用に向けて 先週NIHキャンパスで行われた
2007/05/15号◆スポットライト「稀な癌細胞は何を語るか?」の画像

2007/05/15号◆スポットライト「稀な癌細胞は何を語るか?」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年5月15日号(Volume 4 / Number 17) ____________________ ◇◆◇スポットライト◇◆◇ 稀な癌細胞は何を語るか? 転移性乳癌の最初の治療を受
2007/04/17号◆注目の臨床試験の画像

2007/04/17号◆注目の臨床試験

同号原文 NCI Cancer Bulletin2007年4月17日号( Volume 4 / Number 15) ●2007/4よりNCI隔週発行となりました ____________________ ◇◆◇注目の臨床試験 ◇◆◇ 腫瘍
2007/02/20号◆特集記事「1p36欠損と癌の関連性が明らかになる」の画像

2007/02/20号◆特集記事「1p36欠損と癌の関連性が明らかになる」

同号原文| 米国国立がん研究所(NCI) キャンサーブレティン2007年02月20日号(Volume 4 / Number 8) ____________________ ◇ ◆ ◇ 特集記事 ◇ ◆ ◇ 1p36欠損と癌の関連性が明らかに
2007/01/30号◆特集記事「p53遺伝子の修復は抗腫瘍作用を助ける可能性」の画像

2007/01/30号◆特集記事「p53遺伝子の修復は抗腫瘍作用を助ける可能性」

同号原文|  米国国立がん研究所(NCI) キャンサーブレティン2007年01月30日号(Volume 4 / Number 5) ____________________ ◇ ◆ ◇ 特集記事 ◇ ◆ ◇ p53遺伝子の修復は抗腫瘍作用を
アポトーシスとはの画像

アポトーシスとは

アポトーシス -APOPTOSIS-(原文) -Kimball's Biology Pagesから- 2005/10/14 (目次) 傷害による死滅 自滅による細胞死 なぜ細胞が自滅するのか? ・ 細胞分裂が適切な発生のために必要なようにプ
骨粗鬆症と骨生理学サイト ビスフォスフォネート剤/ワシントン大学の画像

骨粗鬆症と骨生理学サイト ビスフォスフォネート剤/ワシントン大学

[siteurl=modules/cancer_reference/index.php?page=article&storyid=460]顎の骨壊死[/siteurl] Osteoporosis and Bone Physiolog
HIF-1は放射線の癌殺傷効果を高める/デューク大学の画像

HIF-1は放射線の癌殺傷効果を高める/デューク大学

放射線の癌殺傷効果を高めるDuke大学の研究 Duke Experiments Boost Radiation's Cancer-Killing Effects DukeMed News 2005/8/15 DURHAM, N.C.-研究員