がん緩和ケア

2013年ASCO Quality Care Symposium(診療の質シンポジウム)、診療の改善における進展に焦点の画像

2013年ASCO Quality Care Symposium(診療の質シンポジウム)、診療の改善における進展に焦点

連絡先: Aaron Tallent 571-483-1371 aaron.tallent@asco.org   本日、新たな研究が発表され、癌患者に対する診療を改善する複数の独創的な新戦略の有効性が明らかになった。そのアプローチ
痛みの管理:がん患者のための支持療法の画像

痛みの管理:がん患者のための支持療法

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆ このビデオでは、がん患者や医療チームが、がんの痛みの問題や痛みのコ
化学療法中の癌患者への白血球増加剤(CFS)投与についての画像

化学療法中の癌患者への白血球増加剤(CFS)投与について

Choosing Wisely 【最新はこちら】 必要なとき、不要なとき 癌治療中に癌を治すためにあらゆる手を尽くしたいと考えるのは当然です。さまざまな癌治療により多くの命が救われています。しかし、大多数の人にとって、既存の治療法をすべて試
FDAが徐放性/長時間作用型オピオイド鎮痛薬の安全性に配慮した添付文書の改訂と市販後試験実施の要請を告知/FDAニュースの画像

FDAが徐放性/長時間作用型オピオイド鎮痛薬の安全性に配慮した添付文書の改訂と市販後試験実施の要請を告知/FDAニュース

FOR IMMEDIATE RELEASE: 2013年9月10日 Media Inquiries: Morgan Liscinsky, 301-796-0397 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAが徐放
OncoLog2013年8月号◆House Call「癌患者の抑うつ」の画像

OncoLog2013年8月号◆House Call「癌患者の抑うつ」

MDアンダーソン OncoLog 2013年8月号(Volume 58 / Number 8)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
OncoLog2013年4月号◆対面サポートグループの利点の画像

OncoLog2013年4月号◆対面サポートグループの利点

MDアンダーソン OncoLog 2013年4月号(Volume 58 / Number 4)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
予後の受け止め方:がんの予後を受け止めるの画像

予後の受け止め方:がんの予後を受け止める

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。  ◆─────────────────◆ 自分ががんと診断されたら、「回復の見込みはどうなのか? 治るのか
予後の受け止め方:暗闇から泳ぎ出るの画像

予後の受け止め方:暗闇から泳ぎ出る

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。  ◆─────────────────◆ 進行期非ホジキンリンパ腫患者のアンドリュー・テイラーは、治療の予
抗うつ薬サインバルタは化学療法誘発性末梢神経障害による疼痛を緩和できるの画像

抗うつ薬サインバルタは化学療法誘発性末梢神経障害による疼痛を緩和できる

キャンサーコンサルタンツ抗うつ薬サインバルタ®(デュロキセチン)は、タキサン系あるいは白金製剤を基本とした化学療法に伴ったしびれや疼痛を緩和すると考えられる試験結果が、Journal of the American Medical Asso
予後の受け止め方:医師向け 患者中心の医療の画像

予後の受け止め方:医師向け 患者中心の医療

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆ Anthony L. Back医師が、患者とどう予後を語ればよいか
癌患者の終末期ケアの画像

癌患者の終末期ケア

ーNCIファクトシートー 癌患者の終末期ケア  投稿日: 2013-05-28  原文掲載日 2012-05-10キーポイント  終末期ケアは、進行期の病を得て生き、その病で亡くなる人たちに、身体的、精神的、情緒的な安穏をもたらし、また社会
予後の受け止め方:ある夫婦の場合の画像

予後の受け止め方:ある夫婦の場合

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆ 芸術家のバネッサ・ジェンセンと夫のロイは、彼女の進行大腸がんの予後
予後の受け止め方:怒りから受容への画像

予後の受け止め方:怒りから受容へ

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆ バーバラ・セミョンは膵臓がんだと診断されてからどうしたでしょうか?
治療が終了した後にー尿失禁の画像

治療が終了した後にー尿失禁

LIVESTRONG > 支援を得る(We Can Help) > 治療が終了した後に(Finishing Treatment) LIVESTRONGは、ランス・アームストロング財団の公式サイトです。  翻訳更新:2013年9月
2012/11/13号◆特集記事「終末期医療について早期に話し合う重要性を示す研究」の画像

2012/11/13号◆特集記事「終末期医療について早期に話し合う重要性を示す研究」

同号原文|NCIキャンサーブレティン一覧 NCI Cancer Bulletin2012年11月13日号(Volume 9 / Number 22) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_
がん治療後ケアプランの画像

がん治療後ケアプラン

LIVESTRONG LIVESTRONGは、ランス・アームストロング財団の公式サイトです。 ≪がん治療後ケアプラン≫ がんサバイバーシップにとっての良い話として、がんサバイバーの数が増加しつつあり米国では現在推定1200万人のがんサバイバ
2012/07/24号◆‘癌の看護’特別号「癌ケア向上のための看護師と医師との協働」の画像

2012/07/24号◆‘癌の看護’特別号「癌ケア向上のための看護師と医師との協働」

同号原文|NCIキャンサーブレティン一覧 NCI Cancer Bulletin2012年7月24日号(Volume 9 / Number 15) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_p
2012/07/24号◆’癌の看護’特別号「患者相談の充実とともに増える看護師の役割」【動画】の画像

2012/07/24号◆’癌の看護’特別号「患者相談の充実とともに増える看護師の役割」【動画】

同号原文|NCIキャンサーブレティン一覧 NCI Cancer Bulletin2012年7月24日号(Volume 9 / Number 15) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_p
2012/07/24号◆‘癌の看護’特別号「癌看護関連の主な情報源」の画像

2012/07/24号◆‘癌の看護’特別号「癌看護関連の主な情報源」

  同号原文|NCIキャンサーブレティン一覧 NCI Cancer Bulletin2012年7月24日号(Volume 9 / Number 15) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpictu
米国臨床腫瘍学会(ASCO)が癌の終末期医療に関する医師・患者間のコミュニケーション改善手段を提案の画像

米国臨床腫瘍学会(ASCO)が癌の終末期医療に関する医師・患者間のコミュニケーション改善手段を提案

—米国臨床腫瘍学会(ASCO)が新たなポリシー・ステートメントと患者ガイドを発行   連絡先:Amanda Stanley Narod (571.483.1364)   米国臨床腫瘍学会(ASCO)は今日、進行癌患者の生
米国臨床腫瘍学会(ASCO)が癌の終末期医療に関する医師・患者間のコミュニケーション改善手段を提案の画像

米国臨床腫瘍学会(ASCO)が癌の終末期医療に関する医師・患者間のコミュニケーション改善手段を提案

―米国臨床腫瘍学会(ASCO)が新たなポリシー・ステートメントと患者ガイドを発行   連絡先:Amanda Stanley Narod (571.483.1364)   米国臨床腫瘍学会(ASCO)は今日、進行癌患者の生活の質(Q
がん医療者は語る―正看護師ランディ・ジェイコブズの画像

がん医療者は語る―正看護師ランディ・ジェイコブズ

ランディ・ジェイコブズはNCIの「癌情報サービス」(CIS)で教育担当として働くベテラン癌看護師です。クリニックで癌の患者らを助ける経験が電話相談で人と接するう­えでどのように役立っているかを話します。この動画はNCIキャンサーブレティン2
がん研究の今:緩和ケアの画像

がん研究の今:緩和ケア

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆ NCIのがん予防部門、緩和ケア研究の主任であるオマラ医師とNIH臨
癌患者の抑うつは致死率を高める可能性の画像

癌患者の抑うつは致死率を高める可能性

キャンサーコンサルタンツ 2009年9月British Columbiaの研究者らは、メタ解析の結果、癌患者の抑うつは死亡リスクを予測するが、癌の進行は予測しないと報告した。本研究の詳細はCancer誌2009年9月14日号のオンライン版に