尿の変化について知っておくべきこと[放射線療法の解説シート] | 海外がん医療情報リファレンス

尿の変化について知っておくべきこと[放射線療法の解説シート]

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

尿の変化について知っておくべきこと[放射線療法の解説シート]

 

-NCI原文-
NCIファクトシート冊子をご希望の方は
1-800-422-6237 (1-800-4-CANCER)まで。

 

水分を多く摂取しましょう

・ 毎日たくさんの水分を摂取してください。尿の色が澄んだ明るい黄色になるくらい十分な量を摂取しましょう。
・ 水分とは、水、クランベリージュース、スープやゼリーの類です。
・ 少量の水分を1日に頻繁に摂取しましょう。そのほうが一度にたくさんの水分を摂取するよりも摂取しやすいです。

 


医師や看護師に、摂取してはいけない飲み物について尋ねてみましょう

飲み物によっては膀胱の問題を悪化させるものがあります。以下のものは医師や看護師が摂取を制限するか禁止することがあります。

・ アルコール飲料。ビールやワイン、酒類。

・ カフェイン入り飲料。コーヒーやお茶。

以下のような症状が現れたら、医師か看護師に相談して下さい。

・ 痛みや激しい腹痛、排尿時に灼熱感がある。
・ 尿が赤っぽいか、血液が混じっている。
・ 尿がなかなか出ない。
・ 激しい尿意が突然起こる。
・ くしゃみやせきをすると、尿漏れをする。

医師や看護師に尋ねること

1. もっとも起こりやすい問題は何か。
2. どういったことが起これば問題点として伝えるべきか。
3. これらの問題はどれくらい続くのか。
4. 問題を改善する薬や方法はあるのか。
5. 1日どれくらいの水分を摂取すればよいか。
6. 摂取してはいけない水分は何か。

******

 

中島美香 訳
中村光宏 (医学放射線) 監修

 

 

 

 

file_downloadファイルをダウンロードする printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5FDAがCAR-T 細胞療法Yescartaを成人大...
  6. 6ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  7. 7コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  8. 8脊髄転移に対する組織内レーザー温熱療法
  9. 9濾胞性リンパ腫治療の新時代
  10. 10乳がん治験薬エンドキシフェン、NCIの支援により研究...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他