2016年10月の記事一覧

ペムブロリズマブ、高PD-L1発現肺癌一次治療にFDA承認の画像

ペムブロリズマブ、高PD-L1発現肺癌一次治療にFDA承認

Approved Drugs    米国食品医薬品局(FDA)は2016年10月24日、pembrolizumab[ペムブロリズマブ](商品名:Keytruda[キートルーダ])を、FDAが承認した検査でPD-L1の発現が確認され
アテゾリズマブ、転移非小細胞肺がん治療にFDA承認の画像

アテゾリズマブ、転移非小細胞肺がん治療にFDA承認

Oncology Approved Drugs  2016年10月18日、FDAは白金製剤による化学療法施行中または施行後に進行した転移性非小細胞肺がん(NSCLC)患者に対する治療薬として、atezolizumab[アテゾリズマブ](商品
FDAが進行軟部肉腫治療にolaratumabを迅速承認の画像

FDAが進行軟部肉腫治療にolaratumabを迅速承認

速報 米国食品医薬品局(FDA)は本日、筋肉、脂肪、腱、または他の軟部組織に発生するがんである軟部肉腫(STS: soft tissue sarcoma)のうち、特定の種類の成人軟部肉腫患者の治療に対し、olaratumab[オララツマブ]
乳がん再発の遺伝子リスクが低い患者に化学療法は不要との試験結果の画像

乳がん再発の遺伝子リスクが低い患者に化学療法は不要との試験結果

生存率の予測および治療の選択における遺伝子検査の有用性 腫瘍の遺伝子マーカーに基づき、再発リスクが低いと判定された早期乳がん患者は化学療法を必要としない可能性があることが、新たな臨床試験で示唆された。この試験では、カリフォルニア大
非小細胞肺がんに対するエルロチニブの適応をFDAが改訂の画像

非小細胞肺がんに対するエルロチニブの適応をFDAが改訂

米国食品医薬品局(FDA) Oncology Approved Drugs 2016年10月18日、米国食品医薬品局(FDA)は、非小細胞肺がん(NSCLC)の治療に対するエルロチニブ(商品名:タルセバ、Astellas Pharm Inc
健康・フィットネス関連のスマートフォンアプリの画像

健康・フィットネス関連のスマートフォンアプリ

MDアンダーソン OncoLog 2016年9月号(Volume 61 / Issue 9)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
スタチンで乳がんの再発を阻止できるかの画像

スタチンで乳がんの再発を阻止できるか

「乳がん治療にスタチンが使えるかもしれない」とSky Newsが報じた。乳がん治療後の再発にコレステロールが関与している可能性が新たな研究により示唆された。 研究者たちは、この発見が新たな治療標的への道を開くことを期待しており、スタチンのよ
アスピリンの大腸がんリスク減メカニズム、ゲノムデータで解明の画像

アスピリンの大腸がんリスク減メカニズム、ゲノムデータで解明

アスピリンには心血管疾患と大腸がん両方のリスクを下げる作用があり、それは、100年以上も前から常備薬の必需品とされてきた鎮痛剤アスピリンのありがたい効果である一方、不可解な特性とみなされてきた。 このたび、Duke Healthの
臍帯血移植、適合ドナーがいない白血病患者の転帰改善の画像

臍帯血移植、適合ドナーがいない白血病患者の転帰改善

「代替の」ドナーソースと成人非血縁ドナーからの従来の造血幹細胞移植とを比較する研究  本日、New England Journal of Medicine誌で発表された研究によると、臍帯血移植は、従来のドナー検索では適合
慢性骨髄性白血病の治療期間の短縮と治癒への展望の画像

慢性骨髄性白血病の治療期間の短縮と治癒への展望

グリベック(イマチニブ) とそれに類する薬品にEzh2阻害薬を加えることで長期の治療を要せずに治癒する可能性 グリベックなどの分子標的治療薬は慢性骨髄性白血病(CML)の治療に革命をもたらしたが、一般的に患者はそれらの薬物を生涯使
BuMel[BuMel療法]の画像

BuMel[BuMel療法]

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。BuMel療法で使用される薬剤:Bu = Busulfan [ブスルファン]Mel = Melphalan Hydrochloride [メルファラン塩酸塩] 化学療法
がんワクチンの画像

がんワクチン

免疫系とは免疫系は細胞、組織、臓器、およびそれらが作る物質からなり、体が感染症などの病気と戦う力を得るための複雑なネットワークです。病原微生物に対する防御における免疫系の役割はかなり以前から知られていました。研究により、免疫系はがん細胞も含
脂肪分の多い魚は大腸がんの生存率を向上させるの画像

脂肪分の多い魚は大腸がんの生存率を向上させる

 「研究によれば、脂肪分の多い魚は大腸がんによる死亡リスクを下げる可能性がある」とTelegraph紙が報告した。 米国の研究によれば、大腸がん診断後に脂肪分の多い魚の摂取を増やした人は、大腸がんで死亡する割合が低い傾向にあった。
C型肝炎直接作用型抗ウイルス薬でB型肝炎ウイルス再活性の恐れの画像

C型肝炎直接作用型抗ウイルス薬でB型肝炎ウイルス再活性の恐れ

[2016年10月4日]感染症専門医、消化器病専門医、患者向け 問題点: 問題点:FDAは、B型肝炎ウイルス(HBV)感染患者または既往感染者において、C型肝炎ウイルス(HCV)治療薬である直接作用型抗ウイルス(DAA)薬の投与に
遺伝子組換え幹細胞が髄芽腫の治療薬候補の特定を促進の画像

遺伝子組換え幹細胞が髄芽腫の治療薬候補の特定を促進

ジョンズホプキンス大学キンメルがんセンターの研究者主導の研究チームは、悪性度の高い髄芽腫のより優れた研究用実験モデルを求めて、このまれな小児脳腫瘍の研究用システムを開発した。 研究者らは神経幹細胞(あらゆる種類の脳神経細胞に分化す
がん患者の介護者の多くは負担に対応しきれていないとの報告の画像

がん患者の介護者の多くは負担に対応しきれていないとの報告

新たな研究によると、がん患者を介護する家族の多くが想定する介護の課題に対し、準備が十分でなく、終末期ケアについてインフォームド・ディシジョン(詳細な説明を受けた上での決断)を行うための援助が必要であると感じている。 「われわれの研
緩和ケアシンポジウム2016で優れた研究成果7件が発表の画像

緩和ケアシンポジウム2016で優れた研究成果7件が発表

プレスリリース9月9~10日、サンフランシスコ・マリオット・マーキスで開催された2016年臨床腫瘍緩和ケアシンポジウムで、緩和ケアの重要な問題を研究する7件の研究成果が発表された。 これら注目すべき要約では、患者のQOLを向上させ
精管切除と前立腺がんリスクは関連なしとの大規模研究結果の画像

精管切除と前立腺がんリスクは関連なしとの大規模研究結果

プレスリリースASCOの見解ASCO前立腺がん専門委員Sumanta Pal医師「医療制度が変わり続け、予防や健康全般、満足のいく生活状態が重視されるようになるにしたがって、がんリスクの減少に対する人々の関心が一層高まってきました。精管切除
目の色を決定する色素沈着遺伝子が眼がんのリスク増加と関連の画像

目の色を決定する色素沈着遺伝子が眼がんのリスク増加と関連

オハイオ州立大学総合がんセンターある遺伝性の遺伝子変異が、眼球メラノーマ(ブドウ膜メラノーマ)のリスク増加と関連することが、新たな研究で指摘されている。ブドウ膜メラノーマは、目の色を決定する色素細胞から生じるまれなメラノーマである。&nbs
リボシクリブがHER2陰性乳がんのFDA画期的治療薬にの画像

リボシクリブがHER2陰性乳がんのFDA画期的治療薬に

ホルモン受容体陽性/HER2陰性進行性乳がんに対する一次治療薬として検討   ノバルティス社は2016年8月3日、ホルモン受容体陽性/ヒト上皮成長因子受容体2(HER2)陰性の進行性または転移性乳がんの治療薬であり、レトロゾールと
思い込みが副作用に影響か、術後ホルモン療法乳がん患者の画像

思い込みが副作用に影響か、術後ホルモン療法乳がん患者

乳がんに対する治療の一環としてタモキシフェンなどのホルモン療法を受ける女性に関する研究によって、経験した副作用の数や重篤性は、これらの女性の思い込みに影響されることがわかった。   主要ながん学術誌であるAnnals of Onc
緩和ケアの情報提供に課題、米国内での調査結果の画像

緩和ケアの情報提供に課題、米国内での調査結果

デューク大学医療センター「ミステリー・ショッパー(覆面調査員)」のアプローチを用い、Duke Cancer Instituteの研究者らが匿名で国内の総合がんセンターの大半へ電話をし、緩和ケアを受けられるかどうか尋ねたところ、正確な情報への
経口避妊薬が卵巣がん死亡率の減少に貢献の画像

経口避妊薬が卵巣がん死亡率の減少に貢献

主要ながん学会誌Annals of Oncology誌で本日(火曜日)発表された新たな研究[1]によれば、卵巣がんによる死亡は2002年から2012年の間に世界的に減少し、さらに2020年に向けて米国や欧州連合(EU)、そして減少幅は小さい
進行卵巣がん術前化学療法、一部の患者には利益がないの画像

進行卵巣がん術前化学療法、一部の患者には利益がない

転移している卵巣がん患者が術前化学療法で利益を受ける可能性を示す研究結果が発表されてから、術前化学療法の使用が大幅に増えていることがダナ・ファーバ研究所などの研究者による新たな研究で報告された。しかしながら特定の患者集団では、術前化学療法は