TNF阻害薬使用者の間で追加報告される稀な癌症例

キャンサーコンサルタンツ

米国食品医薬品局(FDA)は、クローン病または潰瘍性大腸炎に対して、アザチオプリンとメルカプトプリンの両方またはどちらか一方に加え、腫瘍壊死因子(TNF)阻害剤として知られている薬剤を併用して治療を受けている、主に青年や若年成人の間で、稀な種類の癌である肝脾T細胞リンパ腫発症の追加報告を受けている。TNF阻害薬には、Remicade®(インフリキシマブ)、Enbrel®(エタナーセプト)Humira®(アダリムマブ)、Cimzia®(セルトリズマブペゴール)、および Simponi®(ゴリムマブ)がある。

肝脾T細胞リンパ腫(HSTCL)は、頻度の少ない白血球の悪性癌である。FDAが受けたHSTCLの報告は、主にクローン病または潰瘍性大腸炎の治療を受けている患者に発症した症例であるが、乾癬の治療を受けた患者に発症した報告が1例、および関節リウマチの治療を受けた患者に発症した報告が2例あった。

報告された大部分の症例には、TNF阻害薬、アザチオプリンやメルカプトプリンなどの免疫系を抑制する薬剤を併用している患者が関与している。しかし、アザチオプリンまたはメルカプトプリン単独で治療を受けている患者での症例も報告されている。

HSTCLの徴候および症状には、肝臓または脾臓の腫脹、腹痛、持続的な発熱、寝汗、および体重減少がある。これらの所見、または他の徴候または症状を認める患者は、それらについて主治医と話し合うべきである。

FDAは、患者が主治医に相談することなく、TNF阻害薬、アザチオプリンまたはメルカプトプリンの服用を止めてはならないと注意している。

参考文献:

US Food and Drug Administration. FDA Drug Safety Communication: Safety Review update on reports of Hepatosplenic T-Cell Lymphoma in adolescents and young adults receiving tumor necrosis factor (TNF) blockers, azathioprine and/or mercaptopurine. April 14, 2011.


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 有田 香名美

監修 辻村信一 (獣医学/農学博士、メディカルライター)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

リンパ腫に関連する記事

CAR-T細胞療法は侵攻性リンパ腫に有益の画像

CAR-T細胞療法は侵攻性リンパ腫に有益

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ個別化免疫療法の一種であるCAR-T細胞療法は、一部の侵攻性非ホジキンリンパ腫(NHL)の治癒に役立つ可能性がある。これは、CAR-T細胞療...
FDAがびまん性大細胞型B細胞リンパ腫にglofitamab-gxbmを承認の画像

FDAがびまん性大細胞型B細胞リンパ腫にglofitamab-gxbmを承認

米国食品医薬品局(FDA)2023年6月15日、米国食品医薬品局(FDA)は、2ライン以上の全身療法後の再発または難治性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫非特定型(DLBCL, NOS)...
axi-celが早期再発/難治性大細胞型B細胞リンパ腫の生存期間を有意に改善-ASCO2023の画像

axi-celが早期再発/難治性大細胞型B細胞リンパ腫の生存期間を有意に改善-ASCO2023

MDアンダーソンがんセンター(MDA)第3相ZUMA-7試験で、CAR-T細胞療法は標準治療と比較して死亡リスクを27.4%低下させることが判明

早期再発または難治性の大細胞型B細胞リン...
原発性縦隔B細胞リンパ腫に化学免疫療法後の放射線治療は不要な可能性の画像

原発性縦隔B細胞リンパ腫に化学免疫療法後の放射線治療は不要な可能性

米国臨床腫瘍学会(ASCO2023)ASCOの見解「これらの知見は、若年成人に多く発生する悪性度の高い種類のリンパ腫において特に重要である。これらの心強いデータにより、高用量の...