局所前立腺癌に対する凍結外科療法と放射線療法後の生活の質は同等であった | 海外がん医療情報リファレンス

局所前立腺癌に対する凍結外科療法と放射線療法後の生活の質は同等であった

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

局所前立腺癌に対する凍結外科療法と放射線療法後の生活の質は同等であった

キャンサーコンサルタンツ
2009年8月

カナダの研究者らは、凍結外科療法後の短期および長期の性機能不全を除き、局所前立腺癌に対する凍結外科療法または外部放射線療法(EBRT)後の生活の質の測定値が同等であったことを報告した。本試験の詳細は2009年8月18日付のCancer誌の早期電子版にて掲載されている。

 

凍結外科療法がはじめて前立腺癌治療に用いられたのは、1970年代初期であったが、潜在的効果が初めて明らかになったのは1993年に超音波ガイド下経皮的凍結外科療法の結果が発表されたときであった。器具や手技の変遷により、凍結外科療法の成績は腫瘍制御率の向上や合併症発生率の低下の面で改善された。超音波ガイドで冷凍プローブを経皮・経会陰的に挿入することにより、リアルタイムでの凍結モニタリングが可能になった。危険部位の温度をモニタリングし、生理食塩水を注入して直腸と前立腺の距離を空け、液体窒素ではなくアルゴンガスを使用した器具を使用することで、腫瘍制御率が改善し、合併症発生率が低下した。この手技により、小線源治療および三次元原体照射を行った場合と同様の結果が得られると報告された。

 

凍結外科療法の有効性には、合併症の発生率を上昇させずに患者の再治療が可能であること、放射線療法後の救済療法として良好な結果と合併症率が得られることなどがある。また、「神経温存」凍結外科療法が用いられることも可能であるかもしれない。

 

現行のランダム化試験の結果は、2007年米国泌尿器科学会総会で初めて発表された。凍結外科療法は、局所前立腺癌の治療法の第一選択として用いられる放射線療法と少なくとも同等である判断された。EBRT群の2年無病生存率は74.6%、凍結外科手術群では81%であった。PSA(前立腺特異抗原)再上昇はEBRT療法を受けた患者の26%に、凍結外科療法を受けた患者の20%に見られた。現行の報告は、本ランダム化試験の生活の質の評価である。

 

本試験では、1997年から2003年の期間に、局所前立腺癌患者244人を凍結外科療法群またはEBRT群にランダムに割り付けた。凍結外科療法群では、急性尿障害とのより高い関連性が示されたが、この症状は時間とともに消失した。ERBT群と比較した場合、凍結外科群では3カ月目に自己申告による性機能不全との関連性がみられた。この症状は3年目の検査時にも持続していた。3年目の時点で、凍結外科療法群の性機能の平均スコアは15ポイント低下しており、凍結外科療法群では、性機能は「中等度または重大である」と述べた男性患者が13%も多かった。研究者らは次のように結論づけた。「本ランダム化試験では、凍結外科療法を受けた患者により報告された性機能不全を除き、どちらの治療法も長期間の有効性は明らかではなかった。性機能持続の大きな可能性を求める男性患者は凍結外科療法よりもEBRTを選択するよう提言されるかもしれない。」

 

コメント:
性機能不全例を除いて、凍結外科療法は局所前立腺癌治療に対して放射線療法と同様の効果があると考えられる。白血病や結腸癌のように、長期におよぶ放射線療法による潜在的リスクがあることから、本試験は今後も長期的に観察されることは間違いない。

 

参考文献:
[1] Robinson JW, Donnely BJ, Siever JE, et al. A randomized trial of external beam radiotherapy versus cryoablation in patients with localized prostate cancer. Cancer [early online publication]. August 18, 2009.
[2] Donnelly BJ, Saliken JC, Brasher P, et al. Randomized controlled trial comparing external beam radiation and cryoablation in localized prostate cancer. Proceedings of the American Urological Association of 2007; Abstract #1141. http://www.abstracts2view.com/aua/authorindex.php.

 


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳滝澤 美樹

監修中村 光宏(医学放射線)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他