ニボルマブ、再発頭頸部がんにおいて治療増悪後の継続投与でも効果 | 海外がん医療情報リファレンス

ニボルマブ、再発頭頸部がんにおいて治療増悪後の継続投与でも効果

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

ニボルマブ、再発頭頸部がんにおいて治療増悪後の継続投与でも効果

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)ESMO2017

CheckMate141試験の最新データにより、治療増悪後のニボルマブ継続投与による腫瘍縮小効果が明らかに

 

再発/転移性の頭頸部扁平上皮がん(HNSCC)患者において、プラチナベース化学療法後6カ月以内に再発をきたし、ニボルマブ(オプジーボ)治療後に増悪した後、ニボルマブを継続投与することにより抗腫瘍活性が認められた。この結果はマドリッド(スペイン)で開催された欧州腫瘍学会年次総会(ESMO)2017で発表された。

 

ダナファーバーがん研究所/ハーバードがんセンター(米国ボストン)の腫瘍部門に所属するRobert Haddad氏と共同研究者は、CheckMate 141(NCT02105636)試験では、まず患者のがん進行程度をRECIST v1.1ガイドラインに基づいて放射線画像を判定し、その後のニボルマブに対する治療反応を測定した。

 

CheckMate 141試験では、ニボルマブ投与群のうち、プロトコルに定められたように増悪または腫瘍未評価の患者を除外し、バイオマーカー分析によって臨床的転帰を新たに検討した。治療1日目および43日目の両方で利用可能なサンプルを有する患者について、フローサイトメトリーによる免疫細胞表現型解析を行い、臨床的反応が認められた。

 

ニボルマブが標準単剤療法と比べ全生存期間を延長

Checkmate 141試験は、プラチナベースの化学療法後6カ月内に腫瘍が進行した再発/転移HNSCC患者361人を対象に、ニボルマブと試験責任医師が選択した単剤全身療法を比較したランダム化第3相試験である。ニボルマブを2週間毎に3mg/kgの用量で投与した結果、全生存期間(OS)は、標準単剤療法群と比べ、ニボルマブ群では有意に延長した(ハザード比[HR] 0.70(97.73%信頼区間[CL] 0.51, 0.96)。

 

ESMO 2017では、2016年9月にロックしたデータベースに基づいた解析結果が発表された。最短追跡期間は11.4カ月であった。CheckMate 141試験でニボルマブ投与群にランダムに割り付けられた患者240人中、146人(61%)に増悪を認めた。このうち62人(42%)が治療増悪後に1回以上ニボルマブの投与を受けた(TBP群)。残りの84人(58%)については増悪後に投与を行わなかった(NTBP群)。

 

再発/転移頭頸部扁平上皮がんでニボルマブ投与後の増悪例で抗腫瘍効果が示される

この結果ではニボルマブ継続(TBP)群において全生存期間中央値は12.7カ月であった(95%CI: 9.7,14.6)。

 

図1:治療増悪後にニボルマブの投与を継続した患者の全生存率

図2:全生存率

 

初期増悪後、ニボルマブ継続群の15人(24%)に標的病変の縮小がみられ、3人に30%以上の縮小がみられた。奏効が得られた15人のうち、8人がヒトパピローマウイルス(HPV)陽性、5人が腫瘍のPD-L11%以上、5人が最初の増悪で標的病変に20%以上の増大がみられた。

 

図3:治療増悪後にニボルマブの投与を継続した患者の腫瘍縮小率

 

ニボルマブの安全性プロファイルはこれまでの報告と同様であった。グレード3/4の治療関連有害事象の発現率は、ニボルマブ継続群と非継続群において同様であった。

治療1日目のPD-1陽性CD8陽性T細胞 の割合は、治療奏効患者とニボルマブ継続患者で低かった。ニボルマブ継続群において治療1日目のPD-1陽性制御性T細胞 の発現率が低く、これは治療奏効患者の発現率と同様であった。

 

結論

増悪後のニボルマブ継続治療により腫瘍が縮小した患者は、通常の治療奏効患者と同様の循環型細胞免疫プロファイルを有していた。CheckMate 141試験責任医師らは、増悪後のニボルマブによる治療継続が腫瘍径の縮小に関連しており、また、忍容性が良好であることから、一部の再発/転移頭頸部扁平上皮がん患者の治療として考慮され得ると結論づけた。

 

情報開示

本研究はBristol-Myers Squibb社の助成により実施された。

原文掲載日

翻訳ステップアップ!チーム

監修小宮 武文(腫瘍内科/トゥーレーン大学)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1血中循環腫瘍DNAに基づくリキットバイオプシーの可能...
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  4. 4乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  5. 5免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要
  6. 6前立腺癌に対するホルモン療法
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  9. 9FDAが皮膚未分化大細胞リンパ腫にブレンツキシマブ・...
  10. 10BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他