FDAがCAR-T細胞療法Yescartaを成人大細胞型B細胞リンパ腫に承認 | 海外がん医療情報リファレンス

FDAがCAR-T細胞療法Yescartaを成人大細胞型B細胞リンパ腫に承認

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

FDAがCAR-T細胞療法Yescartaを成人大細胞型B細胞リンパ腫に承認

米国食品医薬品局(FDA)

Yescartaは、米国で承認された二つ目の遺伝子治療製品である。

米国食品医薬品局(FDA)は本日、Yescarta(axicabtagene ciloleucel)を、別の治療を少なくとも2つ受けたが奏効しなかった、もしくは治療後に再燃した、特定の型の成人大細胞型B細胞リンパ腫に承認した。Yescartaはキメラ抗原受容体発現T細胞療法薬で、FDAに承認された2番目の遺伝子治療であり、非ホジキンリンパ腫に対しては初の承認である。

「今日は、難病治療の新しい科学的パラダイム全体の発展において画期的な日になりました。わずか数十年の間に、遺伝子治療は、致死性が高いがんや治療がほぼ不可能ながんに対する有望な治療コンセプトから、現実的な解決策になりました」とFDA長官のScott Gottlieb医師は話した。「今回の承認はこの有望な新しい医学領域の勢いが続いていることを示しており、私たちはこれらの製品の開発を支援し、また開発が早急に行われるよう尽力します。間もなく、私たちは細胞ベースの再生医療の発展に対する支援をどのように計画していくかについて、包括的な方針を発表する予定です。この方針において、私たちの迅速プログラムを、CAR-T細胞やその他の遺伝子治療を利用した画期的な製品に、どのように適用するかについても明確にします。これらの新しい科学的基盤を活用した安全で効果的な治療法の効率的な開発を私たちはこれからも支援します」。

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)は、成人において最も頻度の高い型の非ホジキンリンパ腫である。非ホジキンリンパ腫は免疫系の特定の細胞が起源となる血液悪性腫瘍で、進行は早いことも遅いこともある。米国では毎年新たに約72,000例が非ホジキンリンパ腫と診断されており、そのうち約3例に1例はDLBCLである。Yescartaの使用が認められたのは、DLBCL、原発性縦隔大細胞型B細胞リンパ腫、高悪性度B細胞リンパ腫、および濾胞性リンパ腫から転化したDLBCLを含む大細胞型B細胞リンパ腫の成人患者で、少なくとも2種類の他の治療が奏効しなかった症例である。Yescartaは原発性中枢神経系リンパ腫の患者の治療には適用されない。

投与されるYescartaは、患者自身の免疫系を利用してそれぞれカスタマイズされ、リンパ腫と闘う手助けをする。T細胞というある種の白血球を患者から採取し、遺伝子操作によってリンパ腫細胞を狙って死滅させる新たな遺伝子を持たせる。操作した細胞を患者に注入して戻す。

「Yescartaの承認によって、この革新的なCAR-T細胞療法を他の選択肢がほとんどないがん患者の一部にも届けることができます。過去の治療に反応しなかった特定の型のリンパ腫を患う成人の方々です」とFDA生物製剤評価研究センター長のPeter Marks医師は述べている。

Yescartaの安全性と有効性は、100人を超える再発・難治性大細胞型B細胞リンパ腫の成人が参加した多施設臨床試験で確立された。Yescartaによる治療後の完全寛解率は51%であった。

Yescartaによる治療は重度の副作用を引き起こす可能性がある。黒枠警告で注意喚起されているのは、サイトカイン放出症候群と神経毒性である。CRSは、CAR-T細胞の活性化と増殖に対する全身応答で、高熱およびインフルエンザ様症状を引き起こす。サイトカイン放出症候群と神経毒性はどちらも致死的または生命を脅かす可能性がある。他の副作用には、重度の感染症、血球数の減少、免疫不全などがある。 Yescarta治療による副作用は最初の1〜2週間で現れるのが普通だが、後になって現れる可能性のある副作用もある。

Yescartaはサイトカイン放出症候群と神経毒性のリスクがあるため、承認には安全な使用を確保するための要件(ETASU)を含むリスク評価・リスク緩和戦略(REMS)が適用されている。FDAはYescartaを投与する病院と関連診療所に特別な認定を受けるよう求めている。認定の一環として、Yescartaの処方、調剤または投与に携わるスタッフは、サイトカイン放出症候群と神経毒性を認識し管理できるよう訓練を受けることが求められる。また、患者には重篤な副作用の可能性と、副作用が現れた場合に治療施設を迅速に受診することの重要性を知らせなければならない。

長期的な安全性のさらなる評価を行うために、FDAは製薬会社に対して、Yescarta治療患者に関する市販後の観察研究を実施することも要求している。

YescartaはFDAより優先審査と画期的治療薬の指定を受けた。また、希少疾患の医薬品開発を支援・促進するためのインセンティブが提供される希少疾病用医薬品の指定も受けた。Yescartaの申請は、複数のセンターの連携によって検討された。FDAのOncology Center of Excellenceが臨床レビューを担当し、生物製剤評価センターがその他のすべてのレビューと最終的な製品の承認決定をおこなった。

FDAはKite Pharma社に対してYescartaを承認した。

原文掲載日

翻訳甲斐久美子

監修喜安純一(血液内科・血液病理/飯塚病院 血液内科)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3がんに対する標的光免疫療法の進展
  4. 4「ケモブレイン」およびがん治療後の認知機能障害の理解
  5. 5若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  6. 6BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  7. 7治療が終了した後に-認知機能の変化
  8. 8ASCO、がん臨床試験に対する適格基準の緩和を推奨
  9. 9コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  10. 10ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他