前立腺がんに対する小線源放射線療法ガイドラインを更新 | 海外がん医療情報リファレンス

前立腺がんに対する小線源放射線療法ガイドラインを更新

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

前立腺がんに対する小線源放射線療法ガイドラインを更新

米国臨床腫瘍学会(ASCO)

米国臨床腫瘍学会(ASCO)および Cancer Care Ontarioが、本日、前立腺がん患者に対する小線源療法(内部照射)に関する共同診療ガイドラインの更新を発表した。この更新により、それぞれの患者リスク群に対するエビデンスに基づいた推奨が示され、最も有効な小線源療法が規定される。

 

「小線源療法は、現在、大多数の前立腺がん患者に対する非外科的標準治療となっています。このガイドラインにより単独療法、あるいは併用療法の一環としての小線源治療について極めて明確な指針が得られます」、と、このガイドラインの更新情報を作成した専門委員会の共同委員長の一人であるAndrew Loblaw医師(FRCPC、 MSc)がASCOを代表して述べた。「また、小線源療法は外照射療法よりも簡便であり、前立腺がんが治癒する可能性もより高くなります。しかし、すべての患者が小線源療法を受けるべきというわけではなく、また、すべての治療センターが質の高い小線源療法について経験を積んでいるわけでもありません。」

 

このガイドラインの推奨は、新たに前立腺がんと診断された患者で、積極的治療を要する、あるいはそれを選択した患者、若しくは積極的サーベイランス(AS)を考慮していないかそれが適応ではない患者に対応する。患者が中等度~重度の泌尿器症状、前立腺肥大、前立腺の手術歴、および放射線治療に対する禁忌を有する場合、あるいは身体的に問題がある場合は小線源療法が不適応となる場合がある。

 

「泌尿器科医は前立腺がん患者の初診医となることが多く、しばしばゲートキーパーとなります。このガイドライン更新で示された新たな情報を、泌尿器科医は患者診察および治療法の決定に取り込めるのです」、と、このガイドラインの更新情報を作成した専門委員会の共同委員長の一人であるJoseph Chin医師(FRCSC)がCancer Care Ontarioを代表して述べた。小線源療法は、特定の患者にとって適応となる場合や不適応となる場合が考えられます。ですが、最終的には、治療選択の最適化により転帰が改善されるに違いありません。」

 

ガイドライン更新の主な推奨:

・低リスクの前立腺がん患者に対しては、低線量率(LDR)小線源療法単独、放射線外照射療法(EBRT)単独、あるいは前立腺全摘除術のいずれかを行うべきである。

・低~中リスクの前立腺がん(グリーソンスコア 7、PSA値 < 10 ng/mlかグリーソンスコア 6、PSA値 10~20 ng/ml)に対して、LDR小線源療法単独を行うことができる。

・中リスクの前立腺がん患者で、アンドロゲン除去療法(ADT)併用・非併用下でのEBRTを選択した場合、LDR小線源療法あるいは高線量率(HDR)小線源療法ブーストを追加すべきである。

・高リスクの前立腺がん患者でERBTおよびADTを受ける場合、小線源療法によるブースト照射(LDRあるいはHDR)を行うべきである。

・LDR小線源療法を受ける患者については、ヨウ素125およびパラジウム103は、それぞれ選択肢として妥当な同位元素である。しかし、セシウム131の使用あるいはHDR単独療法の使用の賛否については推奨がない。

・患者は、横断的な観点からが好ましいが、偏りがなく、客観的な方法で、すべての治療選択肢(適応となる手術、EBRT、小線源療法、積極的サーベイランス)について説明されるべきである。

・小線源療法を選択した場合、患者は厳格な品質保証基準に従う治療センターに紹介されるべきである。

 

このガイドラインの更新情報作成のために、専門委員会は2011年~2016年12月の間に発表された関連文献を検討した。5つのランダム化対照臨床試験によりこのガイドライン更新のためのエビデンスを得た。この前立腺がん患者に対する小線源療法ガイドラインの更新(Brachytherapy for Patients with Prostate Cancer: American Society of Clinical Oncology/Cancer Care Ontario Joint Guideline Update)はJournal of Clinical Oncology誌に掲載された。

 

このガイドライン更新についての情報はwww.asco.org/Brachytherapy-guidelineに記載されている。

 

前立腺がんに関する患者向け情報はhttp://www.cancer.net/prostateに記載されている。

 

ASCOは同ガイドラインに関し、ASCO Guidelines Wiki (www.asco.org/guidelineswiki)を通してがん専門医、臨床医、および患者がフィードバックすることを奨励する。

 

このガイドライン更新の複製禁止に関しては、Amanda Narod(amanda.narod@asco.org,571-483-1795)、Cancer Care Ontario’s media line(media@cancercare.on.ca) 、あるいは電話(1-855-460-2646)にご連絡ください。

 

原文掲載日

翻訳三浦恵子

監修河村光栄 (京都大学大学院 医学研究科 放射線腫瘍学・画像応用治療学)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1光免疫療法:近赤外線でがん細胞が死滅
  2. 2子宮頸がん予防に対するHPVワクチン接種ガイドライン...
  3. 3がんに対する標的光免疫療法の進展
  4. 4リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  5. 5腫瘍増大後の頭頸部がんへも免疫チェックポイント阻害剤...
  6. 6イチゴと喫煙者の口腔がんリスクを探る初期試験
  7. 7非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  8. 8BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  9. 9化学療法による末梢神経障害が、脳の機能訓練で軽減
  10. 10手術後に放射線治療を受けない非浸潤性乳管がん患者の長...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他