FDAがEGFR T790M変異陽性の転移非小細胞肺がんにosimertinibを承認 | 海外がん医療情報リファレンス

FDAがEGFR T790M変異陽性の転移非小細胞肺がんにosimertinibを承認

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

FDAがEGFR T790M変異陽性の転移非小細胞肺がんにosimertinibを承認

FDA(米国食品医薬品局)

米国食品医薬品局(FDA)は2017330日、上皮成長因子受容体(EGFRT790M変異陽性の転移性非小細胞肺がん(NSCLC)患者の治療薬として、osimertinib[オシメルチニブ](商品名:Tagrisso[タグリッソ]、アストラゼネカ株式会社)を通常承認した。本剤は、FDA承認済みのEGFR T790M変異検出法で陽性が確認され、EGFRチロシンキナーゼ阻害剤投与中あるいは投与後に病勢進行が認められる患者を適応としている。

 

オシメルチニブは、411人を対象にした2件の単一群臨床試験で奏効率 (ORR)が59%であったことを受け、EGFR T790M変異陽性の転移NSCLC患者の治療に対し、201511月に迅速承認された。

 

今回の承認は、EGFRチロシンキナーゼ阻害療法の初回治療後に病勢進行を認めたEGFR T790M変異陽性の転移NSCLC患者を対象にしたランダム化多施設共同非盲検実薬対照試験AURA3NCT012151981)の結果にもとづいている。試験参加者はすべて、コバスEGFR変異検出キットを用いた検査を中央検査機関で実施し、T790M変異陽性が証明された患者であった。

 

AURA3試験では、419人の患者がオシメルチニブ80 mg 11回経口投与群(n = 279)またはプラチナ製剤を含む2剤併用化学療法群(n = 140)に、2:1の割合で無作為に割り付けられた。化学療法群では、pemetrexed(ペメトレキセド)500 mgm2+カルボプラチンAUC5、またはペメトレキセド500 mg/m2+シスプラチン75 mgm21コースを21日として1日目に最長6コースまで投与した後、ペメトレキセドによる維持療法を行った。化学療法群のうち、試験責任医師および盲検化した独立第三者評価機関の両方が放射線学的評価で病勢進行と判断した患者には、進行を認めた時点でオシメルチニブを投与した。

 

AURA3試験では、試験責任医師の評価にもとづく無増悪生存期間(PFS)が改善し、ハザード比は0.30であった(95% 信頼区間: 0.23, 0.41; p<0.001)。推定PFS中央値はオシメルチニブ群10.1カ月、化学療法群4.4カ月であった。試験責任医師の評価に基づく奏効率は、オシメルチニブ群65%95% 信頼区間: 59%, 70%)、化学療法群29%95% 信頼区間: 21%, 37%)であった(p<0.0001)。推定奏効期間中央値は、オシメルチニブ群11カ月(95% 信頼区間: 8.6, 12.6)、化学療法群4.2カ月(95%信頼区間: 3.9, 5.9)であった。

 

試験治療開始前の脳スキャン時に測定可能な中枢神経系(CNS)病変を認めた患者における、独立第三者評価機関の評価に基づく中枢神経系の奏効率は、オシメルチニブ群57%95%信頼区間 : 37%, 75%)、化学療法群25%95% 信頼区間: 7%, 52%)であった。中枢神経系における奏効期間中央値はオシメルチニブ群では到達せず( 範囲:1.4~12.5カ月)、化学療法群で5.7カ月(範囲:1.4~5.7カ月)であった。全生存に関する十分なデータは未だ得られていない。

 

オシメルチニブを投与した患者833人を対象に、重篤な副作用について評価した。最も重篤な副作用は、間質性肺疾患/肺臓炎(3.5%)、QTc間隔延長(0.7%)、心筋症(1.9%)および角膜炎(0.7%)であった。最も発現率が高かった副作用(患者の20%以上に発現)は下痢、発疹、皮膚乾燥、爪毒性および疲労であった。

 

オシメルチニブの推奨用量は80 mgで、病勢進行または許容できない毒性が認められるまで、空腹時・食後問わず11回経口投与する。投与開始前に、FDA承認済みの検査法で、がん組織検体または血漿検体(がん組織検体が入手不能な場合)がEGFR T790M変異陽性であることを確認する必要がある。

 

処方情報の完全版はhttp://www.accessdata.fda.gov/drugsatfda_

docs/label/2017/208065s006lbl.pdfを参照。

 

FDAはこれまでの画期的治療薬の優先承認審査制度にもとづき、また、希少疾病用医薬品指定にもとづき、EGFR T790M変異陽性NSCLC患者の治療に対しオシメルチニブを承認した。FDA迅速承認プログラムについては業界ガイダンス:重篤疾患のための迅速承認プログラム—医薬品およびバイオ医薬品(Expedited Programs for Serious Conditions-Drugs and Biologics)に記載されており、http://www.fda.gov/downloads/drugs/guidancecomplianceregulatoryinformation/guidances/ucm358301.pdf で閲覧可能である。

 

 

医療従事者は、あらゆる医薬品および医療機器の使用との関連が疑われるすべての有害事象をhttp://www.fda.gov/medwatch/report.htmから所定の様式でオンライン提出、FAX1-800-FDA-0178)、ホームページ記載の住所に郵送、または電話(1-800-FDA-1088)のいずれかの方法でFDAMedWatch Reporting Systemに報告すること。

原文掲載日

翻訳佐々木真理

監修田中文啓(呼吸器外科/産業医科大学)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  6. 6がんに対する標的光免疫療法の進展
  7. 7「ケモブレイン」およびがん治療後の認知機能障害の理解
  8. 8HER2陽性進行乳癌治療に対する2種類の新診療ガイド...
  9. 9ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  10. 10アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他