英NICEが白血病( CLL) に対するイブルチニブのガイダンスを発行 | 海外がん医療情報リファレンス

英NICEが白血病( CLL) に対するイブルチニブのガイダンスを発行

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

英NICEが白血病( CLL) に対するイブルチニブのガイダンスを発行

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)

1種類以上の治療歴がある、あるいは17p欠失またはTP53変異を有し、かつ化学免疫療法不適格の成人にはイブルチニブが推奨される。

 

2017年1月25日、英国国立医療技術評価機構(NICE)は医療技術評価ガイダンスを発行し、1レジメン以上の治療歴がある、あるいは17p欠失またはTP53変異を有し、かつ化学免疫療法不適格の成人慢性リンパ性白血病(CLL)治療に対してイブルチニブ単剤を添付文書に記載された適応の範囲内で用いる選択肢を推奨した。ただし、イブルチニブの製薬企業が’患者アクセス保障(patient access scheme)’における 値引供給に同意した場合に限る。

 

評価委員会は、いずれの集団においても最も重要な比較対照となるのは idelalisib[イデラリシブ]とリツキシマブの併用療法であり、イデラリシブ/リツキシマブの併用が適用されない患者には支持療法(best supportive care) が比較対照であると結論づけた。評価委員会は、この推奨はイブルチニブと支持療法を比較したエビデンスを伴っていないことを考慮している。

 

評価委員会は、イデラリシブ/リツキシマブ併用療法と比較して、イブルチニブ単剤療法は毒性が低く、無増悪生存期間と全生存期間の延長に効果があるとみられると結論したが、その効果の程度は不確かであることに留意している。

 

支持療法と比較したイブルチニブの効果にはエビデンスが提示されていない。ただし、評価委員会はイデラリシブ/リツキシマブ併用療法と比較した場合よりも支持療法と比較した場合のイブルチニブの効果が高いとみられると結論した。

 

評価委員会は、イブルチニブが CLLにおいて重要で効果が高い治療法であることに合意している。この技術評価の対象となったいずれの集団においても、イブルチニブは患者アクセス保障における割引額で、イデラリシブは既存の患者アクセス保障で算出した場合の増分費用対効果(ICER)は、延命効果の基準を満たす治療のための国民保険サービス(NHS)の予算使用において費用対効果が高いとみなされる範囲内である。

原文掲載日

翻訳石岡優子

監修吉原 哲(血液内科・細胞治療/兵庫医科大学)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1免疫療法中止後も、腫瘍抑制が持続する可能性
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  5. 5多くの早期乳がん化学療法が将来不要に―21多遺伝子ア...
  6. 62016年サンアントニオ乳がんシンポジウムハイライト
  7. 7がんに対する標的光免疫療法の進展
  8. 8専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  9. 9リキッドバイオプシーが進行前立腺がんの治療標的を提示
  10. 10腎がんでは、抗生物質使用で免疫療法の効果が低下

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他