軽い皮膚トラブルについて知っておくべきこと)[放射線療法の解説シート] | 海外がん医療情報リファレンス

軽い皮膚トラブルについて知っておくべきこと)[放射線療法の解説シート]

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

軽い皮膚トラブルについて知っておくべきこと)[放射線療法の解説シート]

-NCI原文-
NCIファクトシート冊子をご希望の方は
1-800-422-6237 (1-800-4-CANCER)まで。

 

治療を受ける部位の皮膚には、これらのことを守って下さい:

 

皮膚に何かをつける際は必ず医師か看護師に相談する

 

・ このページの最後にあるスキンケア製品のリストをチェックして、どれを使用してよいか医師か看護師に尋ねてみてください。

 


 

皮膚を保護する

 

・ 外出する際には、必ず治療を受けている部位の皮膚が衣服で覆われるようにする。
・ ゆったりした服を着る。
・ 柔らかい木綿製の服やベッドシーツを選ぶ。
・ 医師か看護師から毛を剃ってよいと言われた場合は、電気シェーバーを使用する。

 

皮膚をいたわる

 

・ シャワーや入浴には、熱くなく暖かい程度の湯を使う。シャワーは1日1回までにする。
・ 入浴は、週に2回まで、1回30分以下にする。
・ シャワーや入浴の後は、優しく押さえるようにして肌を拭く。
・ 放射線治療技師がつけた印をこすり落としてはいけません。その印は、放射線の照射位置を示すものです。
・ 放射線治療を受けている部位に、加熱パッドや氷のう、ばんそうこうなどを使用してはいけません
・ 日焼けマシーンを使用してはいけません

もし皮膚がじめじめしたり、痛む場合は医師か看護師に相談して下さい
医師と相談する際にはこの表を持参しましょう。
医師か看護師に聞いて、使用してもよい製品の名前をメモしておきましょう。
泡立て入浴剤
 

コーンスターチ

 

 

体臭防止剤

 

 

化粧

 

 

軟膏

 

 

香水

 

 

パウダー

 

 

シェービングクリーム

 

 
スキンクリーム
またはローション 
 

石鹸

 

 

日焼け止め

 

 
医師か看護師に、ローションなどスキンケア製品を使うのにもっとも適した時期を尋ねましょう

より深刻な皮膚トラブルに気をつけましょう(湿潤反応)

 

もし治療を受けている部位の皮膚に痛みを感じたら、医師か看護師に伝えてください。皮膚が湿潤反応を起こしている恐れがあります。このトラブルの起こりやすい場所は、耳の裏や乳房の下といった、皮膚が縒れる(よれる、または重なる)場所です。これは適切な処置をしなければ感染をおこすことがありますので、これらの部位のケアの仕方を医師か看護師によく聞いておいて下さい。

 

******

 

中島美香 訳
中村光宏 (医学放射線) 監修

 

 

 

file_downloadファイルをダウンロードする printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1放射線は固形がんに対する免疫療法の効果を増強ー201...
  2. 2がんに対する標的光免疫療法の進展
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  5. 5BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  6. 6ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  7. 7専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  8. 8手術後に放射線治療を受けない非浸潤性乳管がん患者の長...
  9. 9低腫瘍量の濾胞性リンパ腫では、再燃後リツキシマブ再治...
  10. 10神経内分泌腫瘍患者に恩恵をもたらす新規治療

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他