吐き気や嘔吐について知っておくべきこと[放射線療法の解説シート] | 海外がん医療情報リファレンス

吐き気や嘔吐について知っておくべきこと[放射線療法の解説シート]

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

吐き気や嘔吐について知っておくべきこと[放射線療法の解説シート]

-NCI原文-
NCIファクトシート冊子をご希望の方は
1-800-422-6237 (1-800-4-CANCER)まで。

胃のむかつきを押さえるために、以下のことを試してみて下さい。

・ 胃にやさしいものを食べる。下のリストから参照して下さい。
・ 1日に3回大きな食事をするより、少量を5~6回に分けて食べる。
・ 食べるときも飲むときもゆっくりと。
・ 食後は起きて座っているか、軽い散歩をする。
・ 胃がむかつく場合は、熱すぎたり冷たすぎるものは食べない。


 

日中は水分をたくさん摂取して下さい。
体内の水分を補うことにより、脱力感や脱水症状を防ぐことができます。

 

医師や看護師に、吐き気を抑える薬について質問しましょう。
そして、薬の摂取法について勉強して下さい。

 

以下の飲食物は、気分が悪いときに摂取するとよい食べ物です。

 

スープ類(澄んだもの)

飲み物(澄んだもの)

食事やスナック

果物やお菓子

・チキン、野菜やビーフなどのコンソメスープ

・ジンジャーエールなど透明な炭酸
・クランベリージュースやグレープジュース
・ 経口水分補給飲料(ペディアライトPedialyteRなど)
・ お茶
・ 水

・直火かオーブンで焼いた皮なしチキン
・クラッカー
・小麦クリームかライスシリアル
・麺類
・オートミール
・茹でたポテト(皮なし)
・プレッツェル
・白米
・トーストした白パン

・エンジェルケーキ
・桃の缶詰
・ゼリー
・アイスキャンデーやシャーベット
・ヨーグルト

 

治療中には以下のことを試してみて下さい。

・ 自分にとって、飲食するのに一番いい時間を見つける。治療開始前に少量のスナックを食べるのが良いという人もいます。逆に、後で気分が悪くなるので治療前には何も口にしないほうがいいという人もいます。
・ 治療開始前に、音楽や朗読のテープを聴いてリラックスする。

医師や看護師に尋ねること

1 どういったことが起これば問題点として伝えるべきか。
2 吐き気や嘔吐を防ぐために、どうやって薬を飲んだらいいか。
3 毎日どれくらい水分をとるべきか。

******

中島美香 訳
中村光宏 (医学放射線) 監修

 

 

 

file_downloadファイルをダウンロードする printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  2. 2光免疫療法:近赤外線でがん細胞が死滅
  3. 3非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  4. 4COX-2阻害薬と抗PD1免疫療法薬併用でIDO1発...
  5. 5BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  6. 6若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  7. 7コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  8. 8がん治療の悪心・嘔吐管理に関するASCOガイドライン...
  9. 9ペムブロリズマブ、欧州にて局所進行・転移性尿路上皮が...
  10. 10CDK4/6阻害薬に耐性を示す乳がんが複数出現

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他