外部照射治療について知っておくべきこと[放射線療法の解説シート] | 海外がん医療情報リファレンス

外部照射治療について知っておくべきこと[放射線療法の解説シート]

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

外部照射治療について知っておくべきこと[放射線療法の解説シート]

治療について

外部照射療法とは
 癌細胞を破壊し腫瘍を縮小させるために高線量の放射線を用いる一般的な癌の治療です。
・ 大型の機器が放射線の照準を癌に定めます。機器は体に接触することなく体の周囲を回転します。
・ 体を傷つけることはありません。
・ 放射能汚染はありません。
・ 目に見えず、何も感じず、臭いもありません。


治療の効果は
・ 放射線は、低線量の場合、体の内部の写真を撮るためのX線として利用されます。癌治療では、癌細胞を破壊するため高線量の放射線が用いられます。
・ 癌細胞を破壊する放射線は近接する正常な細胞も傷つけます。そのため、副作用が生じる場合もあります。

治療期間は
・ 治療期間は癌の種類および病期によって決まります。
・ 多くの場合、治療期間は2週間から10週間です。
・ 大半の人が5日間連続で1日1回治療を受けます。通常、治療は月曜日から金曜日に行われます。治療が1日に2回行われる場合もあります。
・ 治療来院時間は、多くの場合、30分から1時間です。照射時間はわずか1分から5分ですが、治療室滞在時間は15分から30分でしょう。他の検査を受ける場合は、来院時間が長くなる場合があります。

治療を開始する前に
1回目の治療を始める前に医師または看護師と面談します。彼らは治療効果および有益性を説明します。また、予想される副作用についての説明があります。疑問があれば必ず質問をしましょう。

初診
・ 検診(診察)を受けます。患者本人と医師が健康状態や病歴を話し合います。
・ X線またはCTスキャンなどの検査が必要となる場合もあります。

治療計画
・ 放射線技師は、皮膚に小さい印(色インクの刺青または点印)を付けます。これらの印は、放射線を照射する部位を示しています。
・ この時の診察で体の型枠またはマスクを製作します。これらは治療中に体が動かないようにしてくれます。

治療中
・ 恐らく治療台で横になって行われるでしょう。
・ 放射線技師は、機器を操作するため隣の部屋にいます。放射線技師はいつでも患者の姿を見ることができ、声が聞こえ、スピーカーを介して会話が可能です。
・ 体を動かしてはいけませんが、息を止める必要はありません。
・ 自分を指している光が見えるかもしれませんが、この光は安全で、放射線技師が放射線の照準をどこに定めているかを示します。

治療に向かう際に
・ パウダー、デオドラント、バンドエイド、宝石類を治療部位付近につけないこと。
・ ゆったりした心地の良い服を着ること。

この治療による副作用については主治医または看護師に質問してください。
副作用は放射線の照射部位によって異なる場合があります。
副作用の管理方法について学ぶためのファクトシートがあります。 

 ******

ポメラニアン 訳
中村光宏 (医学放射線) 監修

 

 

 

file_downloadファイルをダウンロードする printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  3. 3BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  4. 4コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  5. 5若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  6. 6リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  7. 7乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  8. 8治療が終了した後に-認知機能の変化
  9. 9アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  10. 10免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他