早期前立腺がんに短期で集中的な放射線療法が推奨可能 | 海外がん医療情報リファレンス

早期前立腺がんに短期で集中的な放射線療法が推奨可能

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

早期前立腺がんに短期で集中的な放射線療法が推奨可能

デューク大学医療センター

早期前立腺がん患者に、わずかに高い1日線量を照射することで、がんの制御に支障をきたすことなく現在の治療レジメンよりも2週間以上短縮できることが、デュークがん研究所の研究者が主導する全国規模の研究によって示された。

 

4月4日のJournal of Clinical Oncology誌に掲載された発表によると、本研究チームは、約5.5週間に短縮した放射線療法スケジュールと8週間の標準放射線療法とを比較し、治癒率が同等かどうかを評価した。がんの制御に関しては両治療スケジュールで同等であったが、医師の報告では、短期の放射線スケジュールの患者の方が、軽度の副作用が若干多かった。

 

「本研究は、公共政策に影響を与えます」と、本研究の臨床試験責任医師で、デューク大学放射線腫瘍科教授、W. Robert Lee医師は述べた。「短期レジメンには、患者にとって高い利便性や低コストといった利益があるため、短期レジメンでも同じだけの患者を治癒させることができるかどうかを立証することは重要です。われわれの研究は、そのような情報を初めて示したものになります」。

 

非営利のがん研究組織であるNRG Oncologyの一員として活動するLee医師らは、早期と診断され、転移を認めない前立腺がん男性約1,100人を登録した。患者の約半分を、一般的なレジメンである41回の分割照射治療に、残りの半分をわずか28回という高線量の分割照射治療に無作為に割り付けた。

 

5年の時点で、2群間の無病生存率に差はなく、従来の治療群でがんがなくなった男性は85.3%であったのに対し、短期レジメン群では86.3%であった。5年の時点での全生存率にも差はなく、それぞれ93.2%、92.5%であった。

 

医師の報告による軽度の胃腸毒性および泌尿生殖器毒性は、1日線量が高く、照射回数が少なかった患者で高い頻度で認められたが、より重度の副作用は両群共にまれで(5%未満)、両群間に差は認められなかった。研究者らはまた、患者に対し、経験した副作用について説明するよう求めたが、これらのデータについてはまだ解析されていない。

 

「米国では、推計220,000人の男性が、毎年新たに前立腺がんと診断されると見込まれていますが、その大多数は、再発リスクの低い早期がんだと思われます」と、Lee医師は述べた。「これらの研究結果は、臨床的意思決定の指針となるはずであり、医師は、従来の治療スケジュールに代わる方法として、短期放射線療法を推奨することに自信を持ってよいのではないでしょうか」。

 

Lee医師の他の共著者は以下のとおりである。James J. Dignam; Mahul B. Amin; Deborah W. Bruner; Daniel Low; Gregory P. Swanson; Amit B. Shah; David P. D’Souza; Jeff M. Michalski; Ian S. Dayes; Samantha A. Seaward; William A. Hall; Paul L. Nguyen; Thomas M. Pisansky; Sergio L. Faria; Yuhchyau Chen; Bridget F. Koontz; Rebecca Paulus; and Howard M. Sandler.

 

本研究は、米国国立衛生研究所(NIH)および米国国立がん研究所(NCI)を通じ、NRG Oncologyの支援を受けた (U10CA21661、U10CA37422、U10CA180868、U10CA180822)。

 

 

原文掲載日

翻訳生田亜以子

監修榎本 裕(泌尿器科/三井記念病院)監修

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  2. 2がんに対する標的光免疫療法の進展
  3. 3BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  4. 4個別化医療(Precision Medicine)に...
  5. 5専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  6. 6ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  9. 9治療が終了した後に-認知機能の変化
  10. 10非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他