ベリノスタットのFDA承認 | 海外がん医療情報リファレンス

ベリノスタットのFDA承認

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

ベリノスタットのFDA承認

商標名:Beleodaq

・再発性・難治性の末梢性T細胞リンパ腫への承認(2014/07/03)

臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用および禁忌などの全処方情報がFull prescribing information(英文)で参照できます。

再発性・難治性末梢性T細胞リンパ腫への承認

米国食品医薬品局(FDA)は2014年7月3日、belinostat[ベリノスタット](Beleodaq、Spectrum Pharmaceuticals社製)を再発性・難治性末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)患者への治療のため迅速承認しました。

承認の根拠となったのは、過去の治療が奏効しなかったか、または治療後再発した評価可能なPTCL患者120人の多施設単群臨床試験の結果でした。本試験では、血小板数が100,000/μL未満の患者を組み入れました。有効性評価の対象となった患者は、年齢の中央値が64歳(29~81歳)で、52%が男性でした。患者が過去に受けた治療回数の中央値は2回(1~8回)でした。患者はベリノスタット1,000 mg/m2を1日1回、3週間ごとに1~5日目に点滴静注されました。

主要評価項目は全奏効率(ORR)で、独立審査委員会によって評価されました。ORRは25.8%でした(95% CI: 18.3, 34.6)。

完全奏効率および部分奏効率は、それぞれ10.8%、15.0%でした。奏効期間(最初に奏効が得られた日から増悪または死亡までの期間)の中央値は、8.4カ月でした(95% CI: 4.5-29.4)。

安全性の解析対象集団(患者129人)に最も多くみられた副作用(25%超)は、悪心、疲労、発熱、貧血および嘔吐でした。血小板減少症は患者の16%、中でもグレード3または4の血小板減少症が発現した患者は7%いたと報告されました。患者の47%に重篤な副作用が認められました。最も多くみられた重篤な副作用(患者の2%超でみられた)は、肺炎、発熱、感染、貧血、クレアチニン上昇、血小板減少症および多臓器不全でした。肝不全による治療関連死が、1人報告されました。

迅速承認の条件として、FDAは臨床試験依頼者に対し、CHOP療法(シクロホスファミド、ビンクリスチン、ドキソルビシンおよびプレドニゾン)との併用でベリノスタットの用量設定試験を実施し、後続の第3相臨床試験でCHOP療法と併用した場合のベリノスタットの有効性および安全性を、CHOP療法単独の場合と比較して示すことを要求しました。

ベリノスタットの推奨用量ならびに投与スケジュールは、1,000 mg/m2を30分かけて1日1回、3週間ごとに1~5日目に点滴静注です。

 

原文掲載日

翻訳太田奈津美

監修野崎健司(血液内科/住友病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3がんに対する標的光免疫療法の進展
  4. 4「ケモブレイン」およびがん治療後の認知機能障害の理解
  5. 5若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  6. 6BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  7. 7治療が終了した後に-認知機能の変化
  8. 8コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  9. 9ASCO、がん臨床試験に対する適格基準の緩和を推奨
  10. 10ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他