精巣癌の既往歴がある男性は悪性度の高い前立腺癌発症の全リスクは低いものの、前立腺癌を発症しやすい/米国臨床腫瘍学会(ASCO) | 海外がん医療情報リファレンス

精巣癌の既往歴がある男性は悪性度の高い前立腺癌発症の全リスクは低いものの、前立腺癌を発症しやすい/米国臨床腫瘍学会(ASCO)

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

精巣癌の既往歴がある男性は悪性度の高い前立腺癌発症の全リスクは低いものの、前立腺癌を発症しやすい/米国臨床腫瘍学会(ASCO)

米国臨床腫瘍学会(ASCO) プレスリリース

 

精巣癌の病歴のない男性における前立腺癌の発症率 (2.8%) に比べて、精巣癌の病歴を有する男性の前立腺癌の発症率 (12.6%) は高いことが、男性約18万人を対象とした症例対照研究により示唆された。また、精巣癌を経験した男性は、中間リスクあるいは高リスクの前立腺癌を発症する可能性も高い。この研究結果は、オーランドで開催される泌尿生殖器癌シンポジウム2015 (2015 Genitourinary Cancers Symposium) において発表される予定である。

 

「リスクが高い可能性を考えれば、精巣癌の病歴を持つ男性は前立腺癌のリスク評価について医師と話し合うべきです」と本研究の統括著者であり、メリーランド大学医学部の外科助教であり、メリーランド州ボルティモアのメリーランド大学Marlene and Stewart Greenebaumがんセンターの泌尿器ロボット外科の指導者であるMohummad Minhaj Siddiqui医師は述べた。「今回行った研究のみを根拠に何らかの診療上の勧告をすることは時期尚早ですが、今回得られた知見は、精巣癌と前立腺癌の生物学的関連に関する今後の研究の土台となります」

 

研究者らは、精巣癌の病歴を持つ男性3万2435人と、メラノーマの病歴を持つ男性14万7044人の生存率・疫学・最終結果 (SEER) のデータを解析した。今回、メラノーマを対照群とした理由は、メラノーマと前立腺癌に関連が認められていないためである。メラノーマ患者の前立腺癌発症リスクは、一般男性と同等であると考えられている。平均すると、両群とも前立腺癌発症までの年数は初発の癌から約30年であった。

 

80歳までの前立腺癌の全発症率は、対照群よりも精巣癌の病歴を持つ男性群のほうが有意に高かった (2.8%対12.6%)。また、中間リスク前立腺癌や高リスク前立腺癌の発症率も、対照群よりも精巣癌群のほうが高かった (1.1%対5.8%)。精巣癌は、全前立腺癌発症リスクが4.7倍、中間リスクや高リスク前立腺癌の発症リスクが5.2倍高いことに関連していた。

 

Siddiqui医師は、精巣癌の病歴を持つ男性が中間リスク前立腺癌や高リスク前立腺癌を発症する可能性は低く、95%はそういった癌を発症しないということを念頭に置くことが重要であると述べている。

 

原文掲載日

翻訳重森玲子

監修榎本 裕(泌尿器科/三井記念病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他