ペンブロリズマブによるPD-1免疫療法はホジキンリンパ腫患者に有効 | 海外がん医療情報リファレンス

ペンブロリズマブによるPD-1免疫療法はホジキンリンパ腫患者に有効

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

ペンブロリズマブによるPD-1免疫療法はホジキンリンパ腫患者に有効

キャンサーコンサルタンツ

Programmed cell death-1 (PD-1)として知られる癌の免疫療法戦略は、免疫系が癌を認識して攻撃するのを助けることから、大きな熱狂をもたらした。PD-1阻害剤がホジキンリンパ腫(HL)患者に有効であることがこのほど、第56回米国血液学会(ASH)年次総会において研究者らによって発表された。

 

ホジキンリンパ腫はリンパ系の癌で、通常は体の一部位のリンパ節に生じ、リンパ系を通じて広がっていく。ホジキンリンパ腫は、治癒が得られやすい癌の一種であり、いくつかの疾患ステージにおいて効果的な治療が存在する。一次治療には通常、化学治療が含まれABVD(ドキソルビシン、 ブレオマイシン、 ビンブラスチン、 ダカルバジン)を用いることが多い。この治療計画に関する問題のひとつが、ブレオマイシンによる毒性である。実際、高齢患者にブレオマイシンによる肺毒性がみられる可能性があり、これが原因で死亡することもある。再発性・難治性ホジキンリンパ腫患者では、高用量化学療法および幹細胞移植によって治癒できる可能性もある。幹細胞移植が失敗した患者に関しては、追加治療の選択肢が限られる。

 

ペンブロリズマブ[pembrolizumab](商品名:キートルーダ)はPD-1阻害剤と呼ばれる新しい分類に属する薬剤で、免疫系が癌を認識して攻撃するのを助ける。PD-1は、特定の種類の免疫応答を阻害するタンパク質である。PD-1を阻害する薬剤は免疫系が癌と闘う働きを高める可能性がある。ペンブロリズマブは、PD-1を阻害することによって作用する。この治療戦略はこれまでに、悪性黒色腫(メラノーマ)やその他の種類の癌で良好な結果を示している[1]。

 

多数の前治療歴を有するホジキンリンパ腫患者29人に対して行われた第1相臨床試験の結果が医師らによって報告された。本試験のすべての患者はブレンツキシマブ・ べドチンによる治療が以前に失敗しており、ほとんどの患者は幹細胞移植後に再発していた。

 

患者は疾患進行や過剰な副作用がみられるまで、または2年間の治療が完了するまで2週間ごとにペンブロリズマブを静脈内投与された。全体で、治療不応性ホジキンリンパ腫患者の66%に奏効し、21%にリンパ腫の完全な消失がみられた。重要なことに、ペンブロリズマブは非常に良好な忍容性を示し、副作用はごくわずかであった。ペンブロリズマブは現在、ホジキンリンパ腫への使用に関して米国食品医薬品局(FDA)に承認申請する目的で後期臨床試験において評価されている。

 

参考文献:
1. Ribas A, Hodi FS, Kefford R, et al. Efficacy and safety of the anti-PD-1 monoclonal antibody MK-3475 in 411 patients (pts) with melanoma (MEL). J Clin Oncol 32:5s, 2014
2. Moskowitz C, Ribrag V, Michot J-M, et al. PD-1 Blockade with the Monoclonal Antibody Pembrolizumab (MK-3475) in Patients with Classical Hodgkin Lymphoma after Brentuximab Vedotin Failure: Preliminary Results from a Phase 1b Study (KEYNOTE-013). Presented at the 56th Annual Meeting of the American Society of Hematology. December 6-9, 2014. Abstract 290.

 


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

原文掲載日

翻訳寺本瑞樹

監修吉原 哲(血液内科/コロンビア大学CCTI)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他