前立腺摘出術後の補助・救済放射線療法に関するガイドラインを承認/米国臨床腫瘍学会(ASCO) | 海外がん医療情報リファレンス

前立腺摘出術後の補助・救済放射線療法に関するガイドラインを承認/米国臨床腫瘍学会(ASCO)

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

前立腺摘出術後の補助・救済放射線療法に関するガイドラインを承認/米国臨床腫瘍学会(ASCO)

米国臨床腫瘍学会(ASCO) プレスリリース

 

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日、米国泌尿器科学会(AUA)および米国放射線腫瘍学会(ASTRO)による前立腺摘出術後の補助・救済放射線療法についてのガイドラインを承認した。この決定は医学文献の系統的レビューに基づいたものである。ASCOの承認は本日Journal of Clinical Oncology誌に発表された。

 

AUA・ASTROのガイドラインでは、医師は前立腺摘出術において望ましくない病理所見(精嚢浸潤、広範囲にわたる断端陽性)を有した患者に対し、補助放射線療法について説明することを推奨している。また術後に検出可能なレベルの前立腺特異抗原(PSA)や局所再発を有する患者には、救済放射線療法について説明すべきだとしている。補助放射線療法が再発や病状進行のリスクを減らす一方で、転移を防ぐ効果や、生存期間を延長できる効果については明らかになっていないことも知らせるべきである。

 

ASCOガイドラインの承認委員会は、2013年8月のJournal of Urology誌に掲載されたガイドラインによる推奨は明確で一貫性があり、関連する科学的なエビデンスに最大限に基づいたものであるとした。学会は、補助放射線療法や救済放射線療法の対象となる男性すべてに再発や病状進行のリスクがあるわけではないと同様に、すべての男性患者が補助放射線療法から等しく恩恵を受けられるわけではないという文言を加えた。前立腺摘出術後の高再発リスク(精嚢浸潤、グリソン・スコア8~10、広範な断端陽性、検出可能な術後PSAなど)を有する患者は最大の恩恵を受けられる可能性がある。

 

原文掲載日

翻訳岡田 章代

監修中村 光宏 (医学放射線/京都大学大学院医学研究科)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2がんに対する標的光免疫療法の進展
  3. 3個別化医療(Precision Medicine)に...
  4. 4アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  5. 5非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  6. 6リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  9. 9ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他