早期ホジキンリンパ腫患者の10年生存率が放射線療法で改善 | 海外がん医療情報リファレンス

早期ホジキンリンパ腫患者の10年生存率が放射線療法で改善

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

早期ホジキンリンパ腫患者の10年生存率が放射線療法で改善

キャンサーコンサルタンツ

National Cancer Database(NCDB)に基づいた大規模観察研究によれば、化学療法に地固め放射線療法を併用すれば、1期および2期のホジキンリンパ腫患者の10年生存率が有意に改善する。この所見はサンフランシスコで開催された米国放射線腫瘍学会第56回年次総会で発表された[1]。

 

ホジキンリンパ腫とはリンパ系の癌である。この癌は、この疾患に特有のReed-Sternbergという細胞の存在を基に診断する。ホジキンリンパ腫は体の一部位のリンパ節で始まり、リンパ系を通じて広がっていくのが一般的である。この癌は肺、肝臓、骨、骨髄など、リンパ系外の臓器や器官に広がっていくこともある。

 

早期ホジキンリンパ腫の標準治療は、多剤併用化学療法とその後の地固め放射線療法とされてきたが、放射線治療を受けないホジキンリンパ腫患者は多い。実際、10年の調査期間で、放射線療法の実施は15%減少しており、ホジキンリンパ腫治療計画に放射線療法を全く入れていない腫瘍医もいる。

 

今回の調査では、米国内1,500カ所以上の病院で、新たにホジキンリンパ腫と診断された41,420人の患者の調査データを評価した。患者のうち、20,523人(49%)が放射線療法を受け、20,897人が受けなかった。ホジキンリンパ腫の治療計画に放射線療法を加えると、10年生存率は、放射線療法を受けなかった患者における76%から、放射線療法を受けた患者における84%へと改善した。放射線療法を受けなかった患者は、再発ホジキンリンパ腫の管理のために救済としての幹細胞移植を受ける可能性も高かった。

 

データベースを解析した結果、社会経済的な地位が低い、健康保険に加入していない、総合がんセンターで治療を受けていないなどの患者は、治療の一部として放射線療法を受ける可能性が低いということがさらに明らかとなった。

 

しかし、今回の調査結果とは対照的な内容を示す最近の研究報告がある。その研究によれば、巨大腫瘤なし早期ホジキンリンパ腫患者の12年全生存率は、放射線療法を受けた患者で87%であったのに対し、化学療法のみを受けた患者では94%であった[2]。

 

放射線療法は一部のホジキンリンパ腫患者に有益な手段ではあるが、費用がかかる上、長期にわたる副作用もある。今後の課題は、放射線療法による利益が後期合併症リスク増加を上回る患者サブグループを明確にし、放射線療法併用で利益を受ける可能性のある患者全員が適切な治療が受けられるようにすることである。

 

参考文献:

1.Parikh RR, Yahalom J, Talcott JA, et al: Early-stage Hodgkin’s disease: The utilization of radiation therapy and its impact on overall survival. 56th Annual Meeting of ASTRO. Abstract CT-08. Presented September 14, 2014.
2.Meyer RM, Gospodarowicz MK, Connors JM et al. ABVD alone versus radiation-based therapy in limited-stage Hodgkin’s Lymphoma. New England Journal of Medicine. 2012;366:299-408.

 

  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

原文掲載日

翻訳大木勝弥

監修林 正樹(血液・腫瘍内科/社会医療法人敬愛会中頭病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他