乾癬患者は発癌リスクが高いことを示す研究結果 | 海外がん医療情報リファレンス

乾癬患者は発癌リスクが高いことを示す研究結果

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

乾癬患者は発癌リスクが高いことを示す研究結果

キャンサーコンサルタンツ

民間医療保険請求データを後方視的に分析した最近の結果から、乾癬患者における癌発生率が高く、一部の乾癬治療薬はリスクをさらに高める可能性があるものと思われた。

 

マサチューセッツ総合病院のAlexa B. Kimball医師が米国皮膚科学会のサマーミーティングで報告したところによると、非黒色腫皮膚癌とリンパ腫以外は、いずれの癌の発生率も異なる乾癬治療を受けている患者間で同程度であった。

 

この2つの癌の発生率は治療薬によって幅があるものの、一般人より高かった。医師らは、癌のリスクが増加するのは、乾癬の特徴である慢性炎症ならびに一部の乾癬治療法を受けたことによる潜在的影響と関連している可能性があると考えている。

 

研究者らは、診断の結果、エタネルセプト(エンブレル)、アダリムマブ(ヒュミラ)、インフリキシマブ(レミケード)、ウステキヌマブ(ステラーラ)、非生物学的療法、または光線療法のうち少なくとも一つの処方に対する保険金請求があった患者について、保険金請求データベースから得たデータを検討して、発癌リスクを評価した。

 

悪性腫瘍5年発生率は一般集団で96例/10,000人年であったのに対して、乾癬患者では115.5例/10,000人年であった。非黒色腫皮膚癌とリンパ腫以外では、悪性腫瘍発生率はさまざまな治療法群で同程度であった:エタネルセプト(100.2/10,000人年)、アダリムマブ(94.6/10,000人年)、インフリキシマブ(138.1/10,000人年)、ウステキヌマブ(100.6/10,000人年)、非生物学的療法(116.8/10,000人年)、光線療法(117.3/10,000人年)。

 

非黒色腫皮膚癌は乾癬患者に非常に多い悪性腫瘍であり、一般人の間ではわずか94.2/10,000人年であるのに対し、乾癬患者の間では147.2/10,000人年という確率で発生していた。患者が受けた治療薬に関して、悪性腫瘍発生率はアダリムマブ(234.2/10,000人年)とウステキヌマブ(233.3/10,000人年)が最も高く、エタネルセプト(155.9/10,000人年)が最も低かった。

 

リンパ腫の発生率も乾癬患者では一般人より高かった(11.1/10,000人年対6.6/10,000人年)。この血液がんの発生率は、ウステキヌマブ治療患者(25.1/10,000人年)で最も高く、エタネルセプト(6.9/10,000人年)で最も低かった。

 

本研究著者であるKimball医師は、乾癬治療に利用される大部分の治療法では、リンパ腫と皮膚癌を除く一般的な癌のリスクが変わらないことを確認する上で、今後もこうした大規模データベース検索が役立つであろうと結論づけた。乾癬患者は、乾癬治療の有用性が癌発生リスクなどのいかなるリスクをも上回ることを確認すべきである。より長期的な追跡調査によって、これらの乾癬治療薬による治療と癌との相関関係がより明確になるものと思われる。

 


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

原文掲載日

翻訳太田奈津美

監修東海林洋子(薬学博士/ 遺伝子医薬品、薬剤学、微生物学)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他