OncoLog2014年6月号◆In Brief「強度変調放射線療法(IMRT)により頭頸部癌患者の生存が改善」 | 海外がん医療情報リファレンス

OncoLog2014年6月号◆In Brief「強度変調放射線療法(IMRT)により頭頸部癌患者の生存が改善」

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

OncoLog2014年6月号◆In Brief「強度変調放射線療法(IMRT)により頭頸部癌患者の生存が改善」

MDアンダーソン OncoLog 2014年6月号(Volume 59 / Number 6)

 Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL

 

強度変調放射線療法(IMRT)により頭頸部癌患者の生存が改善

最近の試験によると、頭頸部癌患者において、強度変調放射線療法(IMRT)は従来放射線療法と比較して、有意に高い原因別生存率と関連することがわかった。本試験の結果から、IMRTが頭頸部癌患者の生存転帰を改善することが初めて示唆された。

 

「これまでの試験から、IMRTを施行された患者において治療関連の副作用が軽減することが示されています。しかし、これらの試験はIMRTが生存率に及ぼす影響を検討するようにデザインされていませんでした」とテキサス大学MDアンダーソンがんセンターの放射線腫瘍学の助教であり、本試験報告の筆頭著者であるBeth Beadle医学博士は述べた。「IMRTは、正常組織への線量を低減しつつ、腫瘍に放射線を照射するように治療計画が立案されています。これまでのモデルでは、IMRTによる生存率は従来放射線療法による生存率と同程度と推定されていました」。

 

Beadle医師らは、Surveillance, Epidemiology and End Results(SEER)Medicareデータベースを用いて、1999年~2007年に従来放射線療法(2,116人)またはIMRT(1,056人)が施行された各サブタイプの頭頸部癌患者3,172人を特定した。

 

追跡調査期間の中央値40カ月において、IMRT施行患者(84%)の原因別生存率は従来放射線療法施行患者(66%)より有意に高かった(P < 0.001)。この差は、バイアスをもたらす可能性のある因子を補正した後にも維持された。

 

「科学的観点から、この結果はIMRTの使用を支持し、IMRTは癌転帰を最適化して副作用を軽減する優れた治療法になり得ることが示唆されます」とBeadle医師は述べた。「医療費や医療資源の配分の観点から、IMRTは従来放射線療法より費用がかかりますが、今回のデータからそれだけの価値があることが示唆されます」。

 

本試験はCancer誌3月号で報告された。

For more information, talk to your physician or call askMDAnderson at 877-632-6789.

 

The information from OncoLog is provided for educational purposes only. While great care has been taken to ensure the accuracy of the information provided in OncoLog, The University of Texas MD Anderson Cancer Center and its employees cannot be held responsible for errors or any consequences arising from the use of this information. All medical information should be reviewed with a health-care provider. In addition, translation of this article into Japanese has been independently performed by the Japan Association of Medical Translation for Cancer and MD Anderson and its employees cannot be held responsible for any errors in translation.
OncoLogに掲載される情報は、教育的目的に限って提供されています。 OncoLogが提供する情報は正確を期すよう細心の注意を払っていますが、テキサス大学MDアンダーソンがんセンターおよびその関係者は、誤りがあっても、また本情報を使用することによっていかなる結果が生じても、一切責任を負うことができません。 医療情報は、必ず医療者に確認し見直して下さい。 加えて、当記事の日本語訳は(社)日本癌医療翻訳アソシエイツが独自に作成したものであり、MDアンダーソンおよびその関係者はいかなる誤訳についても一切責任を負うことができません。

原文掲載日

翻訳永瀬祐子

監修中村光宏 (医学放射線/京都大学大学院医学研究科)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1がんに対する標的光免疫療法の進展
  2. 2アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  3. 3BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  4. 4個別化医療(Precision Medicine)に...
  5. 5専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  6. 6ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  9. 9非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他