遺伝的リスク予測モデル構築のための大規模研究の将来性 | 海外がん医療情報リファレンス

遺伝的リスク予測モデル構築のための大規模研究の将来性

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

遺伝的リスク予測モデル構築のための大規模研究の将来性

 

NCIニュースノート

NCIの研究者らは、前立腺癌のような高頻度疾患の遺伝的リスク予測を評価する新たなパラダイムを構築した。この遺伝リスク予測概念は、多遺伝子解析(一塩基多型(SNPs)の共通DNA配列の分類調査)を基にしており、ひとつひとつのSNPsは、全ての疾病リスクに対する貢献は非常に少ないが、総合的に分類化した場合の影響は大きい。米国国立癌研究所(NCI)、癌疫学・遺伝学部門生物統計学課のNilanjan Chatterjee博士と同僚らは、一般集団内において、個人の遺伝的疾患のリスクスコアの計算が可能な多因子モデルを開発するために、全ゲノム関連研究(GWAS)利用の可能性を評価した。彼らの研究結果は2013年3月3日付けのNature Genetics誌に掲載された。

研究者らは2型糖尿病から癌までにわたり、数千のSNPsが及ぼすであろう一般的な健康への影響について概算した。このプロジェクトは、将来GWASサンプル数が増加するにつれて、リスクモデルの予測精度がどのように向上するかを示す。例えば、(現在使用できる最大のGWASを基にして)前立腺癌の多遺伝子モデルでは、集団の7%が、前立腺癌リスクが平均的リスクの男性の2倍高いリスクグループに分類されると計算される。研究者らは、将来GWASサンプル数を3倍にしたなら、重症度分類モデルが改良され、集団の12%が高リスクグループに分類されると計算した。もし、多因子モデルが非常に大きなサンプル数を用いて作成されたなら、集団中の多くの高リスクの個人を特定することに役立つかもしれない。しかし、著者らは、早期発見と予防策は遺伝的に高リスクの個人だけを対象にしたのでは不十分だと注記した。この分析では、これらのモデルの有用性を上げるには、家族の病歴を含めた他のリスク要素についての情報が必要だと示唆している。

 

原文掲載日

翻訳岩崎多歌子

監修高山吉永(分子生物学/北里大学医学部分子遺伝学)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  4. 4コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  5. 5がんに対する標的光免疫療法の進展
  6. 6ニボルマブとISA101ワクチン併用療法が中咽頭がん...
  7. 7乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  8. 8がん領域におけるシームレス臨床試験数が近年増加
  9. 9ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他