複製過程初期のDNA切断はB細胞腫瘍と関連する | 海外がん医療情報リファレンス

複製過程初期のDNA切断はB細胞腫瘍と関連する

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

複製過程初期のDNA切断はB細胞腫瘍と関連する

 

NCIニュースノート

NCI(米国国立癌研究所)の研究者による研究が、細胞内で複製過程の初期に切断されるDNA部分の新たなクラスを見つけた。彼らは、びまん性大細胞B細胞リンパ腫のような、B細胞腫瘍に良く見られる損傷とこれら切断部分が関連していることを発見した。全ての細胞には、細胞分裂の前に全ゲノムをコピーするDNA複製という過程がある。DNA鎖を構成する遺伝子の中には、癌リスクを大きくし、複製ストレスを引きおこし、切断などのDNA損傷を細胞にもたらす可能性を高くする結果になるものがある。複製ストレスは、癌を発症させる不安定なゲノムにつながる、ごく初期の事象の一つである。これは、これまで説明できなかったB細胞腫瘍のゲノム不安定性のメカニズムの元を説明する最初の研究である。この研究はNCI癌研究センターのゲノム安定性研究室(Laboratory of Genome Integrity)の長であるAndre Nussenzweig博士が率い、2013年1月31日付けのCell誌に掲載された。

Nussenzweig博士と同僚たちは、DNA切断という結果を起こす原因になる、細胞のDNA内でコピーが難しい特定の部分があれば、発見したいと考えていた。モデルとしてマウスの免疫システムを使用し、健康な細胞を分離し、健康な細胞の変異がどのように起こるかを理解するために細胞のDNA損傷の開始を観察した。損傷した部分を結合することでDNAを修復するタンパク質を全ゲノムシーケンス法によりマッピングした。研究者らは次に、モデルのマウスのDNA損傷部分とヒトのびまん性大細胞B細胞リンパ腫細胞試料の変異部分を比較し、それによりマウス及びヒトの細胞の両方で似た傾向のゲノム不安定性が見られる重要な証拠を得た。結果、マウスでの発見はヒトのB細胞リンパ腫の発症と増殖に重要であることが分かった。次の段階として、他の種類の細胞での癌の増殖における関与を研究するために、研究者らは、他の細胞の複製によるDNA損傷をマッピングし始める予定である。

 

 

 

原文掲載日

翻訳岩崎多歌子

監修林 正樹 (血液・腫瘍内科/社会医療法人敬愛会中頭病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  3. 3若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  4. 4BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  5. 5早期乳がんの一部は小さくても悪性度が高い
  6. 6ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  7. 7コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  8. 8治療が終了した後に-認知機能の変化
  9. 9がんに対する標的光免疫療法の進展
  10. 10乳がん治験薬エンドキシフェン、NCIの支援により研究...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他